楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

プロギア RS REDドライバーの試打&評価/今度のレッドはシャフトもいい

      2019/08/06

(2019/08/06 更新) PRGR RS RED(レッド) ドライバーを試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

PRGR(プロギア)
RS RED(レッド) ドライバー
/2019年4月発売モデル
【ロフト】
・10.5°
【シャフト】
・RS RED 専用 Speeder Evolution for PRGR (SR)M-40

RS REDドライバー

ロフトのバリエーションは3種類(9°、10.5°、11.5°)ある。

RS RED ドライバーの評価

【構えやすさ】

全体的にシャローな設計なので、投影面積が大きくてどっしりとして構えやすい。最新のドライバーはゴチャゴチャした外観が多くなってきたが、このスッキリしたブラック1色が新鮮に見え、好感が持てます。

RS REDドライバー クラウン

【飛距離】

このクラブのスペックは私にはちょっと軽いので、かなりセーブして振り抜いたけど、それでもよく飛んでくれます。しっかりタイミングがつかめたら、ぶっ飛ぶような潜在能力を感じた。

RS RED ドライバー飛距離

ゼクシオ10(レギュラーモデル)と打ち比べたけど、断然こちらの方が飛んでました。ヒールでも飛びますよ!

【弾道】

少なめのスピン量の高弾道のストレートもしくはナチュラルドロー。上空でよく伸びて、なかなか落ちてこない。本当によく飛ぶ!

【つかまり】

フェースローテーションよりも、ヘッド全体でつかまえながら弾き飛ばす感じ。コスリやプッシュはほとんど出ません。

【打感】

衝撃が軽い。芯を食った時の分厚さはないが、軽快な弾き感です。オフセンターでもそれほど悪くない。

RS REDドライバー フェース

【操作性】

直進性を最優先にしたいゴルファーに使って欲しい。

【安定感】

やさしい! ミスに強く、ヒールでも、トップ気味でも、フェースのどこに当たっても、ロスが少なくて、曲がらない。

また、シャフトが素晴らしい。軽さのメリットが十分に感じられ、デメリットは感じない。振り心地がいいから、トップオブスイングからフィニッシュまで一気に振り抜けて、安定感は抜群です。

アスリートを対象にした「RSシリーズ」の3兄弟とはターゲット層が違うゼクシオ10UD+2ビジール535Mグローレ などがガチンコでライバルになるが、旧モデルの「プロギアREDドライバー」に「RS」を冠したことで、おじさんブランドを払拭する狙いなのか、、

平均以上の体力があれば「RS E ドライバー」がおすすめだが、平均以下の方や体力の衰えをカバーしたいなら、この「RS RED ドライバー」を選択して欲しい。

nao
nao
これなら体力の衰えは道具でカバーできますね。

シャフトは

シャフトは1種類のオリジナルカーボンの「RS RED 専用 Speeder Evolution for PRGR(S),(SR),(R),(R2)」が標準仕様。

よく手元がしなるが中から先が暴れない。ボールにコンタクトしやすくて、パワーを逃さずにボールに伝わります。軽くて打ちやすいシャフトです。

プロギア RS RED ドライバー が安く購入できる。

おすすめしたいゴルファーは

・安定した飛びが欲しい。
・操作性より直進性を重視する。
・ヘッドスピードは速い方じゃない

まとめ・総合点

プロギア RS REDドライバー は、振り抜きやすく、安定感抜群。ミスしてもビッグキャリーで曲がらない。

・振り抜きやすい
・安定感抜群
・ミスに強い
・オフセンターでもよく飛ぶ
・やさしい

このやさしさと飛距離はすごい。ブランド名も「RS」だからシニアっぽくないですね。

プロギア RS RED ドライバー
by カエレバ

【総合評価 9.2】
飛距離  10
やさしさ  10
弾道の高さ  9
つかまり  9
構えやすさ  9
操作性 7
打感 8.5

 - PRGR, ドライバー