楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ピン G410 アイアン の試打&評価/よく飛んでミスに強い

   

PING G410 アイアンを試打しました。どんなクラブなのか、評価と感想をレビューします。

試打クラブ

PING(ピン)
G410 アイアン /2019年3月発売モデル
【番手(ロフト)】
・7番(30度)
【シャフト】
・ALTA J CB RED (S) オリジナルカーボン
・N.S.PRO 950GH (S)

ピンG410アイアン

番手バリエーションは、10種類もある。(4番〜9番、PW、UW、SW 、LW)
ロフト設定は前モデルの G400アイアンと変わっていない。
飛び系の i500アイアン よりも各番手1°ずつロフト角が大きい設定です。(ウェッジは0.5°)

G410アイアンの評価

【構えやすさ】

グースが減ってトップラインが薄くなってちょっと小顔になった印象。すっきりしてターゲットを指しやすくなった。

ピンG410アイアン構えると

やさしさとシャープさが同居して、構えやすい顔です。

【飛距離】

リアルロフトはもっと立ってるんじゃないかなぁ、、って思っちゃうぐらいによく飛びますよ。ミスヒットしてもほとんど変わらぬ飛距離になる。

ピンG410アイアンの飛距離

このジャンル(セミストロングロフト)のライバルアイアンがめっちゃ多いけど、飛距離性能はトップレベルです。

【弾道】

高弾道のストレートボール。スピン量はやや少なめ。高さで止める弾道です。

ピンG410アイアンのバウンス

ピンならではのハイバウンスの効果でダフリ気味でもしっかり飛んでくれる。

↓こちらの記事も参考にしてください。
ピンi200アイアン のようなハイバウンスが打ちやすい理由とは

【つかまり】

意識的にターンさせると気持ちよくつかまるが、自然にターンする感じではない。手首の角度を保ったままワンピースで振り抜くときれいにボールを捕まえてくれます。つかまりやすい部類には入らないが、フェースの向きが安定している。

【打感】

よく弾いて軽い打感。オフセンターでも手に響く振動が小さい。なかなか心地いい感触です。

【操作性】

ラインは出しやすい。操作性は標準レベル。直進性がいいクラブです。

ピンG410アイアンのキャビティ

【やさしさ】

振り抜きやすく、ミートしやすい。払い打ちでもよく上がるが、ダウンブローに打ち込むと強烈な弾道になります。

かなりミスに寛容で、ダフってもミスヒットしても飛距離のロスが小さいし方向性も安定しているので、結果がそこそこになってくれる。これは楽にプレーできそうなアイアンですよ。

ただし、オフセットが減ったからなのか、手打ちではちょっと手こずるかも。ある程度スイングが安定したゴルファーなら、このやさしさを引き出すことができるでしょう。

顔もすっきりしたし、打感もいい。飛距離性能もやさしさもある。熟成したGアイアンの誕生ですね。

シャフトは

2種類のカーボンシャフトと7種類のスチールシャフトが標準で用意されています。

【オリジナルカーボン】
ALTA J CB RED
PING FUBUKI

【スチール】
Dynamic Gold
MODUS3 TOUR 120
MODUS3 TOUR 105
AWT 2.0 LITE
N.S. PRO 950GH
N.S. PRO ZELOS 7
N.S. PRO ZELOS 6

ピンのアイアンは、シャフトのバリエーションが豊富なので選択肢の幅が広い。スチールは60g台の ZELOS 6 も採用された。 オリジナルカーボンの ALTA J CB RED は振り抜きやすくてタイミングが合わせやすいシャフトです。

おすすめしたいゴルファーは

・アイアンの飛距離が欲しい。
・ミスに強いアイアンが欲しい。
・ある程度スイングが安定している。
・ダフリのミスを減らしたい。

ピン G410 アイアンが安く購入できる。しかも合わなかったら9割保証で。

まとめ・総合点

PING G410 アイアン は、さらにミスに強くなって、飛距離性能も進化した。顔もすっきりしました。

・振り抜きやすい
・高弾道
・よく飛ぶ
・優れた方向性
・ミートしやすい
・ミスに強い
・シャフトの種類が豊富

ピンのアイアンは本当にいい。実際にコースで使うと、その良さが再確認できますよ。私もピンから離れられないです。。

ピン G410 アイアン
by カエレバ

【総合評価 9.1】
飛距離  9.5
やさしさ  9
弾道の高さ  9
つかまり  8.5
構えやすさ  9
操作性  8
打感 9

 - PING, アイアン