楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ミズノプロ 719アイアンの試打&評価/つかまりが控えめで打ちやすい

   

Mizuno Pro 719アイアンを試打しました。どんなクラブなのか、評価と感想をレビューします。

試打クラブ

Mizuno Pro(ミズノ プロ)
719 アイアン/2018年9月発売モデル
【番手(ロフト)】
・7番(31度)
【シャフト】
・MODUS3 TOUR105 (S)
・MODUS³ TOUR120 (S)

番手バリエーションは3〜PWの8種類

ミズノプロ のアイアンは6種類に

319 と 719 が 2018年秋に追加され、カスタム専用の「Mizuno Pro アイアン」のラインナップが、これで合計6モデルになった。

118 アイアン
319 アイアン
518 アイアン
719 アイアン
918 アイアン
Ti18 アイアン

上から下の順にフェースが長くなり、やさしくなっていきます。

719アイアンの評価

【構えやすさ】

すっきりしたセミラージフェースで、美しい顔。ほんのわずかセミグースで、ターゲットに対してスクエアに構えやすい。

どっしり感もあって、グースネックを嫌うゴルファー向けのやさしい顔です。

【飛距離】

フェースの中央あたりでヒットすると、とにかくよく弾く。センターを外しても初速が落ちないし、払い打ちでも平均的によく飛んでくれます。

↑トップ気味でもよく弾いて、飛んでくれますよ。

【弾道】

よく拾って高弾道のストレート系のボールになる。スピン量が少なめで吹け上がりません。

【つかまり】

インパクト時に一瞬つかまるが、そこからフォロースルーにかけてフェースのターンが控えめ。つかまえながらまっすぐに抜けて、引っかからない。方向性を重視したつかまり感です。長めの重心距離がフェースの動きをおとなしくしている。

【打感】

重心が深くて、インパクトの瞬間に後ろからグッと押し込んでくれる感触になる。フェース全体がよく弾いて、オフセンターでも心地いい。

【操作性】

操作性は、いい方じゃない。高弾道で真っ直ぐに打ちやすいし、サイドスピンがかかりづらい。直進性を優先にするゴルファーに使って欲しい。

【やさしさ】

払い打ちでも高弾道になり、トップしてもよく飛ぶし、直進性が高い。高反発エリアが広いから、飛距離の安定感は抜群にいい。ライが悪くてもグリーンに乗ってくれそう。つかまり過ぎない控えめなフェースローテーションのおかげで、打ちやすくてやさしく仕上がっています。

引っかかりが出やすいゴルファーが安心してピンを狙えます。振り遅れやスライスのミスが出やすいタイプには「918アイアン」の方がいい。

シャフトは

カスタムで様々なシャフトが選べる。少しスペックを落として軽めのシャフトで振り抜くと、より安定感が増すかもしれません。

おすすめしたいゴルファーは

・アイアンの飛距離が欲しい。
・払い打ちするタイプ。
・ある程度フォームが固まっている。
・左のミスを減らしたい。
・操作性は重視しない。

スリクソン Z585アイアンブリヂストン TOUR B X-CBPアイアン が、ライバルかな。

まとめ

オフセンターでもよく弾いて、よく拾ってくれる。高弾道でまっすぐに飛んでくれます。

・よく拾う
・よく弾く
・ワイド・スイートエリア
・引っかかりにくい
・打ちやすい

トップしてもミスにならない。つかまり過ぎない。安全でやさしいミズノプロです。

【総合評価 8.7】
飛距離  8.5
やさしさ  9
弾道の高さ  9
つかまり  8
構えやすさ  9
操作性 8
打感 9

 - MIZUNO, アイアン