楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ミズノプロ 319アイアンの試打&評価/つかまり過ぎないハーフキャビティ

      2018/09/08

Mizuno Pro 319アイアンを試打しました。どんなクラブなのか、評価と感想をレビューします。

試打クラブ

Mizuno Pro(ミズノ プロ)
319 アイアン/2018年9月発売モデル
【番手(ロフト)】
・7番(34度)
【シャフト】
・MODUS3 SYSTEM3 TOUR125 (S)
・MODUS³ TOUR120 (S)

番手バリエーションは3〜PWの8種類

ミズノプロ のアイアンは6種類に

カスタム専用の「Mizuno Pro アイアン」のラインナップが、これで合計6モデルになった。

118 アイアン
319 アイアン
518 アイアン
719 アイアン
918 アイアン
Ti18 アイアン

319 と 719 が 2018秋発売のニューモデル。上から下の順にフェースが大きくなり、やさしくなっていきます。

319アイアンの評価

【構えやすさ】

構えると、小顔の美しい顔。フェースプログレションの数値がマッスルバックの『118アイアン』とほぼ同じ。ストレートネックがターゲットを刺すように構えられる。トップブレードが薄くて打感の柔らかさがイメージできます。

ピンの根元まで打ちたくなる顔です。

【飛距離】

ノーマルロフトの軟鉄鍛造なので、飛距離は普通レベル。最近の新しいアイアンは飛ぶクラブばかりなので、本来の自分の飛距離が確認できます。

そもそも飛ばすクラブじゃないが、飛距離性能はノーマルです。

【弾道】

中高弾道でスピン量は多い。サイドスピンが少ないからアゲンストで流されにくい感じ。

【つかまり】

フェースのターンが控えめで、インパクトゾーンをまっすぐに抜ける。積極的にボールを捕まえてくれるアイアンではない。

プッシュするほどの気持ち悪さはないけど、ドロー回転はかかりづらい。

ラフで芝が絡まって引っかかるようなミスが出にくいかもしれません。

【打感】

芯でとらえると、極上の打感です。柔らかくて分厚い。ミズノならではの心地よさ。ただし、フェースローテーションが控えめなので、ホールド感が薄い。

【操作性】

コントロールしやすいが、左に大きく曲げるのはちょっと手こずる。小幅な範囲で左右に曲げられるので、リスクは少ない。

【やさしさ】

よく拾うがミスに強くはない。でも手首のターンを使って打つタイプには安心できるかもしれませんね。重心距離が短いと左右に曲がりすぎるが、これは安定感があります。引っかかりのミスを軽減したいなら効果があるかも。

曲がり幅が小さいから、スコアメイクは楽だが、私は右にも左にも自由に曲げられる「118アイアン」の方が好感が持てます。楽をしたいなら「518アイアン」の方が断然いい。

これは評価が分かれるでしょうね。

シャフトは

カスタムで様々なシャフトが選べる。

今回2種類のシャフトを試したが、フェースのターンが控えめなので、いつもよりもシャフトが硬く感じた。このヘッドの良さを十分に引き出すために、自分に合うシャフトを背伸びせずに選んでほしいです。

おすすめしたいゴルファーは

・打感にこだわる。
・つかまり過ぎるミスが出る。
・上級者
・操作性を重視する。

まとめ

Mizuno Pro 319アイアン は、打感が良くて、フェースのターンが控えめ。手首を返してもつかまり過ぎないハーフキャビティアイアンです。

・スピン量が多い
・柔らかい打感
・引っかかりにくい
・抜けがいい
・かっこいい!

打感と音はミズノならではです。

【総合評価 8.5】
飛距離  7
やさしさ  8
弾道の高さ  8.5
つかまり  8
構えやすさ  10
操作性 9.5
打感 9.5

 - MIZUNO, アイアン