楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

キャロウェイ マックダディ フォージド ウェッジ2019の試打&評価/距離が合う

   

キャロウェイ MACK DADDY FORGED ウェッジ 2019を試打しました。どんなクラブなのか、評価と感想をレビューします。

試打クラブ

Callaway(キャロウェイ)
MACK DADDY FORGED(マックダディ フォージド)ウエッジ 2019モデル
/2018年10月発売モデル
【ロフト/バウンス/ソール形状】
・52°/10°/Cグラインド
・58°/10°/Cグラインド
【シャフト】
・Dynamic Gold (S200)

Mack Daddy Forged 52,58

バリエーション

①ロフトバリエーションは7種類

48°、50°、52°、54°、56°、58°、60°

②ソールのバリエーションは1種類

・C-GRINDソール

③カラーは2色

・クロム
・ツアーグレー

C-GRINDソール

Mack Daddy Forged C-Grind

マックダディ4 ウェッジ には4種類のソール形状があるが、その中の「C-GRIND(グラインド)」を採用している。

C GRIND
トゥ・ヒールを削ったソール形状。状況に応じてフェースを開いたりスクエアにしたりと、あらゆるライからテクニカルなショットが可能。

Mack Daddy Forged ウエッジ2018の評価

【構えやすさ】

ティアドロップのフェース面、出っ歯のリーディングエッジ。上級者好みの形状で、ボールにコンタクトしやすくて、開きやすい。やや大きい感じがするので、安心感がある。

Mack Daddy Forged face

【スピン量】

スピン量は多い。フェースの溝と表面のミルドが、ボールの表面を噛んでくれるような食い付き感。効きすぎもなく、ちょうどいいスピン量で寄せやすい。

【打感】

軟鉄鍛造ならではの柔らかさと、しっかりとした芯が感じられる。とてもいい打感ですよ。

【操作性】

スクエアに構えて打ち込むと、低めの弾道で2〜3バウンド目でキュキュっと止まってくれる。距離感が合わせやすい軌道になってくれます。開いて振り抜くと、しっかりとフェース面に乗ってくれる。スクエアでも、オープンでも、距離感が極めて合わせやすい。軟鉄鍛造の持ち味が十分に生かされています。

Mack Daddy Forged

【バンカーショット】

バウンスがよく抜ける感じ。硬い砂はスクエアに打ち込むとよく抜けるし、柔らかい砂は開いて打ち込むと、潜らずよく爆発する。アドレス時に靴底で感じる砂の状況で、対応できます。バンカーから寄せワンの確率が上がりそう。

【やさしさ】

スクエアに構えると、フルショットもアプローチも出球が低くて、ラインに乗りやすい。開いて構えると、抜けが良くてこれまたミスになりにくい。

手に伝わる感触と距離感が一致するので、不安なく振り抜くことができます。前モデルの MACK DADDY FORGED ウェッジ2016 も距離感が合わせやすかったが、1段階ステップアップしたような感じがする。

バンカーショットは、硬い砂も柔らかい砂も打ちやすい。フェースを開いた時にやさしさを感じます。

グリーン周りは、1本のウエッジでいろんなショットを打ち分けたいゴルファーにはやさしいウエッジですよ。

シャフトは

シャフトは3種類のスチールがあります。

・Dynamic Gold (S200)
・Modus3 Tour120 (S)
・N.S. PRO 950GH (S)

おすすめしたいゴルファーは

・1本のウェッジで多彩なショットを打ち分けたい。
・打感にこだわりたい。
・アプローチの距離感を安定させたい。

キャロウェイ マックダディ フォージド ウェッジ が安く購入できる。

まとめ

キャロウェイ マックダディ フォージド ウエッジ は、打感が良くて、ちょうどいいスピン量で、距離感が合う。

・柔らかい打感
・開きやすい
・距離が合わせやすい
・スピン量が多い
・バンカーで抜けがいい

前モデルは絶品だったけど、見事に進化してます。

Callaway MACK DADDY FORGED ウェッジ
by カエレバ

【総合評価 9.5】
やさしさ  9
構えやすさ  10
スピン量  9.5
操作性  10
打感  9.5
プライス 9

 - Callaway, ウエッジ