楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ヤマハ インプレスUD+2ユーティリティ(2019)の試打&評価/飛び系UT

   

ヤマハ inpres UD+2 ユーティリティ (2019)を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

YAMAHA inpres(ヤマハ インプレス)
UD+2(プラス ツー)UT ユーティリティ
/2019年モデル (2018年10月発売)
【番手(ロフト)】
・U5(21.5度)
【シャフト】
・TMX-419U (S),(SR) オリジナルカーボン

inpres ud+2ut2019

番手バリエーションは3種類(U4、U5、U6)

UD+2ユーティリティの評価

【構えやすさ】

構えてみると、大きめなヘッドとセミグースのネック形状がボールを捕まえてくれそうに見える。スライサーには構えやすい顔。バルジがないストレートなフェース面がターゲットに構えやすい。

inpres ud+2ut2019 構えると

ショートウッドのような顔つきで自然に球が上がってくれそう。

【飛距離】

よく反発してよく飛ぶ。プラス2番手の飛距離性能は大げさじゃない。

UD2UT2109 飛距離

U5だが、シャフト長とロフト角が ゼクシオ10ハイブリッド の4番と5番の中間のスペック。確かに飛びます。

【弾道】

低スピンの中高弾道。フラーヤーのような強い球筋で吹け上がりもほとんど気にならない。ドロー回転がかかりやすい。

【つかまり】

打ち込まなくても払い打つだけでよくつかまります。8番アイアンぐらいのつかまり感があって、とっても打ちやすい。

inpres ud+2ut2019 フェース

【打感】

フェースがよく弾き軽い打感です。オフセンターでも悪くない。

【操作性】

直進性が高くてミスに強い。操作性よりも安定感が際立ちます。

inpres ud+2 ut2019 シャローバック

【やさしさ】

軽く払うだけで球が上がり、まるで7Wか9Wを短く持って打つようなやさしさです。飛ぶだけじゃなく、方向が安定している。ユーティリティにありがちな、オフセンター時の”当たり負けも”感じないし、ライが悪くてもある程度の距離が稼げる飛び系UT。どこからでも使いたくなってしまいますよ。

振り遅れてもプッシュしないし、トップ気味でも球が上がってくれる。前モデルよりもスイートエリアが広くなって、飛距離のロスも少なくなっている。このU5があればほとんどの場面で助けてくれそう。

シャフトは

標準仕様はオリジナルカーボンの TMX-419U (S),(SR),(R) のみの設定。

振り抜きやすくてグニャグニャせずにしっかりとコンタクトできます。グリップも軽くてバランスがいい。

(S)で40〜43m/s、(SR)で38〜41m/sぐらい。

こんなゴルファーにおすすめ

・ヘッドスピードは速い方じゃない
・払い打ちするタイプ
・方向性を安定させたい
・ユーティリティで距離を稼ぎたい

YAMAHA インプレス UD+2ユーティリティ が安く購入できる。しかも合わなかったら9割保証で。

まとめ

ヤマハ インプレス UD+2ユーティリティ (2019年モデル) は、プラス2番手の飛距離で方向性がいい。どんな場面でも活躍してくれる。

・振り抜きやすい
・よくつかまる
・よく拾う
・ミスに強い
・よく飛ぶ
・やさしい

軽〜く払い打ってください。U5がU3ぐらい飛びますよ。

ヤマハ inpres UD+2 ユーティリティ 2019
by カエレバ

【総合評価 9.1】
飛距離  9.5
やさしさ  10
弾道の高さ  9
つかまり  9
構えやすさ  9
操作性 7
打感 9

 - YAMAHA, ユーティリティ