楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

本間ゴルフ TW747V アイアンの試打&評価/よくつかまる追加モデル

      2019/07/18

ホンマ TW747 V アイアンを試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

本間ゴルフ・HONMA(ホンマ)
TOUR WORLD (ツアーワールド)/2019年2月発売モデル

TW747V アイアン
【番手(ロフト)】
・7番(32°)
【シャフト】
・VIZARD IB-WF100 (S)
・Dynamic Gold AMT TOUR WHITE (S200)

TW747Vアイアン

番手バリエーションは8種類(3番〜10番)
すっきりした外観がかっこいいですね。

TW747の3種類目のアイアン

TW747シリーズのアイアンは、ストロングロフト仕様の「P」と「Vx」が先に発売された。そして、この「V」がアスリートっぽいロフト設定で追加されました。ロフト的には TW737Vアイアン の後継モデルにななります。

↓こちらのレビューも参考にして下さい。
本間ゴルフ TW747 P / Vx アイアンの試打&評価/2つとも飛ぶよ

TW747V アイアン の評価

【構えやすさ】

薄いトップラインにストレートネックのアスリート好みそうなスッキリした小顔で、どんな弾道で攻めようか創作意欲が湧きます。スクエアに構えやすく、ピンを刺しやすい。

TW747Vアイアンのフェース

ホンマらしい美しい顔です。

【飛距離】

しっかりとコンタクトできるからパワーが逃げない。飛ぶクラブが欲しければ「Vx」を選べばいいが、この「V」もノーマルロフトのアイアンの中ではまずまずの飛距離性能です。

TW747Vアイアンの飛距離

ドローが打ちやすいから飛ばそうと思えばなかなか飛びますよ。

【弾道】

中高弾道の強い球筋。やや多めのスピン量。

【つかまり】

重心距離が短いのかな、めっちゃよくつかまります。フェースが気持ちよくターンして、つかまえたいだけつかまえられる。

【打感】

芯でとらえると、軟鉄鍛造の「S20C」らしい柔らかさが手に伝わってくる。オフセンターではそれなりのミスっぽい感触になるから、打点が即座に解析でき、上級者好みの打感です。

【操作性】

実にコントローラブルです。つかまえれば気持ちよくフェースがターンしてドローが掛かりやすいし、ブロックするとフェード回転が打ちやすい。低く抑える弾道も難しくなかった。ソールの抜けがいいから突っかからずに操作できます。

TW747Vアイアンのソール

【やさしさ】

打ち込んだ時に抜けがいいしダウンブローに入らなくても、レベルブローで十分に上がってくれる。オフセンターでも弾道の安定感があって楽なクラブです。

力強い弾道で吹け上がらないから距離を合わせやすいし、ラインも出しやすい。何しろよくつかまるから、右プッシュを避けたいアスリートにはハマるかもしれませんよ。

打感も操作性も評価が高いし、外観もかっこいい。上級者がケチの付けようがないアイアンに仕上がっていますね。

シャフトは

標準仕様のシャフトは ホンマオリジナルカーボンとスチール1種。

・VIZARD For TW747 50 (オリジナルカーボン)
・VIZARD IB-WF (オリジナルカーボン)
・Dynamic Gold AMT TOUR WHITE

「VIZARD For TW747 50」は軽量で、よくしなり振り抜きやすい。よく粘ってコンタクトしやすい。
「VIZARD IB-WF」はアイアン用の重量カーボンシャフト。これがかなり打ちやすい。よくつかまるしコントロール性もいい。スチールからカーボンに変えたいならイチオシですよ。

オススメしたいゴルファーは

・打感にこだわる。
・しっかりつかまえたい。
・操作性を重視する。
・フォームが固まっている中級者以上。

本間ゴルフ TW747V アイアン が安く購入できる。

まとめ・総合点

本間ゴルフ TW747 V アイアン は、小顔のフェースがよくつかまり操作性がいい。打感も外観もいい。アスリートが満足できるアイアンに仕上がっている。

・よくつかまる
・よく拾う
・打感がいい
・操作性がいい
・かっこいい

TW747アイアンの本命登場。長く付き合いたいアイアンです。

本間ゴルフ ツアーワールド TW747 V アイアン
by カエレバ

【総合評価 8.8】
飛距離  8.5
やさしさ  8.5
弾道の高さ  8.5
つかまり  9
構えやすさ  9.5
操作性 9
打感 9

 - HONMA, アイアン ,