楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

本間ゴルフ TW747 460/455ドライバーの試打&評価/じっくり比較

      2018/10/26

ホンマ TW747「460ドライバー」と「455ドライバー」を試打しました。どんなクラブなのか、この2つを比較しながら評価と感想をレビューします。

試打クラブ

本間ゴルフ(HONMA)
TOUR WORLD(ツアーワールド)/2018年11月発売モデル

①TW747 460ドライバー
【ロフト】
・10.5°
【シャフト】
・VIZARD For TW747 50 S
・VIZARD FD 6S

TW747 460

②TW747 455ドライバー
【ロフト】
・10.5°
【シャフト】
・VIZARD FD 6S

TW747 455

TW747ドライバーは2種類

前モデルの TW737ドライバー には 460455450445 と、4種類あったが、[ヘッドの大きさ≠商品名] だったから、ちょっと分かりにくかった。4種類もあるから、どれがいいのか選ぶのも大変でした。

でも今度は2種類でシンプルです。

※こちらに詳しくレビューしてます。
ホンマTOUR WORLD TW737ドライバー 4種類を比較してみた

① TW747 460 ドライバー は、460ccのヘッドで、優しさを追求したシャローバック。

TW747 460 シャローバック

② TW747 455 ドライバー は、455ccのヘッドで、強弾道のハイバック。

TW747 455 ハイバック

カチャカチャがすごい!

2モデルともにカチャカチャが搭載され、ロフト角やライ角が調整できます。
シャフトを回転させずに調節するので、バックラインありのグリップも装着できます。
ちょっと驚きです。

TW747「460」と「455」の評価

【構えやすさ】

両者ともカーボンクラウンが採用されたが、真っ黒に塗られてカーボンの織り目が確認できません。「カーボンを使ってるぞー」って演出してないのが、ホンマらしさを感じます。すっきりしていい顔ですよ。

TW747 460 構えると

↑「460」
丸型のどっしりしたシャローバック。安定感がうかがえる顔でとっても構えやすい。ホンマらしい美しい仕上がりです。

TW747 455 構えると
↑「455」
バルジがしっかりと確認できます。ディープフェース&ハイバックで小顔のハードヒッター向けの印象。叩きたいゴルファーには構えやすい顔です。これも美しい仕上がりですね。

【飛距離】

飛距離性能は両者ともほぼ互角。インパクトでカチッとボールをキャッチしてくれるから、ブレずにしっかりと結果が残せます。ぶっ飛び感よりも、安心して叩ける感じ。

TW747 460 飛距離データ

↑オフセンターでも安定した飛距離が保証される「460」です。計測データが、どの打球もほとんど同じ飛距離になります。
曲がり幅が少なく、フェアウェイキープ率が上がりそう。

TW747 455 飛距離データ

↑アゲンストでもグイグイ伸びる「455」です。ドローボールが打ちやすかった。ランも多い。ドローヒッターはこちらの方が飛ぶかも。

【弾道】

「460」は高弾道、「455」は中高弾道。

「460」は打ち出し角が高くキャリーが稼げる。吹け上がる心配もなく弾道のばらつきが少ない。

「455」は低スピンだがドロップする心配はいらない。しっかりとイメージ通りの強弾道になります。意外にやさしい。「タイトリスト TS3ドライバー」とよく似てる印象。

【つかまり】

2モデルとも意識しなくてもよくつかまってくれる。コスリが出ません。

「460」はナチュラルにターンしながら、つかまってくれる。フェースの動きが大人しいから、つかまり過ぎず、安定感があります。

「455」は、ヘッドのターンがリアルに感じられる。つかまえたい時にしっかりつかまってくれます。タイミングが合わないと時々プッシュしたけど、シャフトが原因かも。つかまり感が気持ちいい。

【打感】

「460」の打感は、カーボン特有の弾き感でやや硬め。

「455」は少しホールド感があるので、まずまずです。でも予想よりはやや硬め。従来のホンマとはちょっと違います。

【操作性】

「460」は直進性がいい。それでもフェードとドローの打ち分けがやりやすいです。高弾道の低スピンという、現代の王道っていう感じ。

「455」は、つかまえたい時にしっかりつかまって、逃がしたい時に逃がせる。ドローとフェードの切り替えスイッチが付いてるみたいな感じ。ずっとドローばかりで攻めたいゴルファーもコレがいいかも。

【安定感】

「460」の方が、弾道が大人しくて、やさしい。安定感は1枚上です。狭いホールでも気にせず振り抜ける。

「455」は、強弾道のドローボールが打ちやすいが、気を抜くとプッシュも出ることもあった。ヒッターは思い切って振り抜けます。小顔のハイバックなのにかなりやさしい。

シャフトは

標準仕様のシャフトは 3種類のホンマオリジナル。

・VIZARD For TW747 50
よくしなり振り抜きやすい。いつもホンマのVIZARDシャフトは表示スペックよりもハードだが、これはよく粘って、よくつかまる。(S)で42〜45m/sぐらい。

・VIZARD FD 6
よく走って、よく弾きます。VIZARDシャフトの伝統なのか、スペックが少しハードです。

・VIZARD FP 6
粘り系のシャフト。

こんなゴルファーにおすすめ

① TW747 460 ドライバー

・安定した飛距離が欲しい。
・オフセンターでも飛んで欲しい。
・操作せずにやさしく飛ばしたい。

本間ゴルフ TW747 460ドライバーが安く購入できる。しかも合わなかったら9割保証で。今なら10%OFFクーポンももらえる。

② TW747 455 ドライバー

・強い弾道が打ちたい
・つかまえてドローが打ちたい
・操作性も重視したい。

本間ゴルフ TW747 455ドライバーが安く購入できる。しかも合わなかったら9割保証で。今なら10%OFFクーポンももらえる。

TW747 460 ドライバーのまとめ

本間ゴルフ TW747 460ドライバー は、ミスに強くやさしくて振り抜きやすい。平均飛距離が上がりそうな飛びです。

・打ち出し角が高い
・安定感抜群
・ミスに強い
・平均的によく飛ぶ
・やさしい

各クラブメーカーが送り出す現代のニュードライバーの王道を行く感じです。クセがないからシンプルに飛ばせる。コレ買っとけば間違いない感じがする。

本間ゴルフ TW747 460 ドライバー
by カエレバ

【総合評価 8.9】
飛距離  9
やさしさ  9
弾道の高さ  9.5
つかまり  9
構えやすさ  9.5
操作性 8
打感 8

TW747 455 ドライバーのまとめ

本間ゴルフ TW747 455ドライバー は、風に負けない強い弾道が打てる。上級者好みの外観なのに、ミスに寛容で振り抜きやすい。

・強い弾道
・操作性がいい
・小顔
・アゲンストでもよく飛ぶ
・よくターンする

上級者がイメージ通りの弾道を作りやすい。コース戦略にはコレがいい。

本間ゴルフ TW747 455 ドライバー
by カエレバ

【総合評価 8.8】
飛距離  9
やさしさ  8.5
弾道の高さ  8
つかまり  9
構えやすさ  9
操作性 9.5
打感 8.5

 - HONMA, ドライバー