楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

オノフ AKA ドライバー 2018 の試打&評価/安定感抜群でぶっ飛び

      2018/09/09

ONOFF DRIVER AKA(オノフ ドライバー 赤)2018モデル を試打しました。どんなクラブなのか、評価と感想をレビューします。

試打クラブ

【ロフト角】
10°
【シャフト】
SMOOTH KICK MP-518D (S)(オリジナルカーボンシャフト)46インチ

ONOFF(オノフ)の『AKA(赤)』シリーズは、2年ぶりのモデルチェンジ。赤シリーズは、主にアベレージゴルファーからセミアスリートをターゲットにしたモデルです。

2017年にアスリートモデルの『KURO(黒)』シリーズがリリースされたので、一年ごとに赤と黒の新作が発売になっています。

前モデルの「オノフ ドライバー AKA 2016モデル 」の評価は極上だったので、どんな改良が施されたのか、あれ以上の伸びシロがあるのか、とっても興味がありました。

「ONOFF ドライバー AKA(アカ) 2018モデル」のロフトバリエーションは 9°、10°、11° の3種類(9°は受注生産)。

構えてみると、赤くない、、、

構えてみると、ダークネイビーのクラウンとフェース寄りのシルバーとのツートンカラーのコントラストがまるでテーラーメイドのMシリーズのような印象。

それよりも片山晋呉プロ監修で最高に構えやすい「ONOFF フェアウェイ ウイングス KURO(UT)2017モデル」の顔によく似ています。

実際の大きさよりも引き締まって見えるし、ボールに集中しやすくて構えやすい。最高の評価をつけたくなる顔です。そのツートンカラーの境界線に「クラウントレンチ」という溝が彫られている。さらにソールに目を向けるとソール側の溝「パワートレンチ」の本数が前モデルの3本から1本減って2本になった。でも溝の深さと長さが増したので”たわみの効果”は新作の方が大きそうに見える。

構えやすくて、いかにも高反発で飛びそうな期待感が湧く顔です。

モデル名は「AKA(赤)」なのに、クラウンは赤じゃないが、ソールは前モデルと同じような赤いカラーリングです。

試打の評価は

打ってみると高弾道でぶっ飛びます。リアルロフトが表示よりも1〜2度大きいのかな、、打ち出し角が高いので楽に上がってくれます。センターでヒットしなくても、少し打点がブレても、同じような弾道で飛距離も変わらない。これはかなりスイートエリアが広いぞ、、、

フェースのターンは控えめで、インパクトゾーンをスクエアのまま走り抜ける感じがする。そして、ヒットした瞬間にわずかなターンが自然につかまえてくれるので、プッシュになりにくい。。。

やや多めのスピン量で球が上がりやすくコスリ球にならない。出球の方向も安定感がある。。うーん、これは打ちやすい。。。

打感も音も、とにかく弾く感触。ルール適合外の高反発ドライバーのような弾き感です。センターよりも下部でヒットすると硬い打感になるが、飛距離は変わらず飛んでくれます。

ヘッドスピードを47m/s以上に上げるとタイミングが合わないが、45m/s以下で振ると、平均的によく飛んでくれる。オリジナルシャフトの(S)シャフトはヘッドスピードが42〜45m/sぐらいのセミアスリートに適合する感じ。軽さとしっかり感が絶妙で、タイミングが取りやすくヘッドの動きとの一体感がありヒットしやすい。

クラウンとソールを合計すると溝が3本あるが、そのたわみの効果がオフセンター時に発揮されている。ミート率が悪くてもよく飛ぶし、サイドスピン量も少なくて方向もブレにくい。芯でとらえると、ヘッド全体でボールを押し出して飛距離と方向性の安定感が抜群にいい。

前モデルと比べると、つかまらない

前モデルは、大型ヘッドの高慣性モーメントドライバーなのに心地よくつかまって打ちやすかった。インパクトでフェースがターンしてボールを捕まえてくれる感触が、私はとっても好きだったが、この2018年モデルには感じられない。前モデルは、よくつかまって、引っかかりのミスになるゴルファーもいたのかな。

フェースの開閉が少なくて自然に捕まえてくれるドライバーが増えてきたが、この「オノフ ドライバー AKA 2018モデル」はそんな性質にガラリと変わっています。「やさしくなった」という言い方は出来る。

安定したドライバーショットを求めるなら試して欲しい。カスタムシャフトすれば、アスリートにもオススメです。

シャフトは

オリジナルカーボンの SMOOTH KICK MP-518D は先がよく走る。ボールにコンタクトしやすいし、フェースの向きが安定する。フレックスは4種類(S、SR、R、R2)あり、フレックスの違いが大きいので見栄を張らずに選んで欲しい。

「R2」の長さが1インチ短く設定され、女性にも扱いやすい仕様になっている。オノフのラボスペックでカスタムすればハードヒッターにも満足出来るフィッティングが可能。
オノフ ドライバー AKA (2018モデル) が、安く購入できる。しかも、打って合わなかったら9割保証で。

まとめ

オノフ ドライバー AKA 2018 は、振り抜きやすく、自然に高弾道が打てる。スイートエリアの広さは最高レベル。やさしさも最高です。

・高弾道
・よく弾く
・ミスに強い
・曲がらない
・プッシュしない
・安定感がある
・よく飛ぶ

とにかくやさしい。ドライバーショットの悩みから解放されたいすべてのゴルファーにオススメです。

飛距離 5
構えやすさ 5
デザイン 4.5
打ちやすさ 5
操作性  3.5
打感 4

 - ONOFF, ドライバー