楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

この秋アスリートが気になるニューモデルが続々登場/2019モデル

      2018/11/08

2018年のアメリカPGAツアーは早くも終盤戦を迎えました。二ヶ月後には、最高の盛り上がりを見せるフェデックスカップ・プレーオフシリーズが開催され年間王者が決まります。ジャスティン・トーマスか、ダスティン・ジョンソンか、バッバ・ワトソンか、ブルックス・ケプカか、、、誰になるのか目が離せませんね。

そんな中、新しいギアを実戦で導入する選手の動向が話題になっています。間もなく秋口からニューモデルのリリースが続々と始まりますが、この秋は、2年に一度のアスリート向けモデルの多くが一同に発表になるシーズンなのです。

この秋にどんなクラブが発売になるのか、整理してみたいと思います。

2年に一度のアスリートモデル

クラブメーカーによって違いがあるけど、だいたいアスリート向けのモデルは2年ごとに発売されるので、今年は2年に1度のシーズンとなるのです。新しい “2019年モデル” が続々とリリースされます。

昨年(2017年)の秋から年末にかけて「ダンロップ ゼクシオ テン」や「本間ゴルフ ビジール535」など、アベレージゴルファー向けの代表格が続々とリリースされました。アベレージ向けの年とアスリート向けの年が交互にやって来る感じになっています。

PRGR は一足先にリリース

この7月に「プロギア RS シリーズ」が一足先に2年ぶりにリリースされ、そのパフォーマンスの高さに感銘しました。

「RS ドライバー」と「RS F ドライバー」の飛距離にびっくり! 専用シャフトも素晴らしいです。

「RS アイアン」はよく拾って、よく飛ぶし、「RS FORGED アイアン」はやさしくて、操作性もいい。

私は「RS F ドライバー」と「RS FORGED アイアン」を購入しようか毎日悩んでいますが、、、


プロギア「RS」と「RS FORGED」アイアンの試打&評価(2018)
プロギア「RSドライバー」と「RS Fドライバー」の試打&評価(2018)

そもそもアスリート系モデルって?

アスリート系と言ってもやさしいモデルが増えました。

最近のクラブはどこからがアスリート用なのか、線引きが難しくなっています。実際にやさしいクラブを使うツアープロも増えているので、クラブメーカーがアスリート向けと位置づけしたブランドがアスリートモデルってことになるのでしょうか。。。

例えば、ダンロップでは「スリクソン」がアスリート向けのブランドですが、「ゼクシオ テン ドライバー」にハードなシャフトを挿入して使うプロがたくさんいます。アマチュアがそれをするにはカスタムが必要になりますが、誰もがカスタムフィッティングで購入するには、まだまだハードルが高いかもしれません。

一般消費者向けのクラブは、シャフトのスペックではっきりと線引きが行われています。アスリート向けのクラブには、ハードなシャフトが挿入してありますね。

アスリート向けのドライバーには60g台のシャフトが用意されているし、アスリート向けのアイアンには、重量スチールシャフトが標準で用意されています。
アイアンのお勧めシャフト6選(重量スチールシャフト編)
アイアンのお勧めシャフト4選(軽量スチールシャフト編)

 

さて、2018年秋にリリースされるアスリート向けのニューモデルは、、、

タイトリスト

今年は何と言ってもタイトリストのドライバーがリリースされる年です。

タイトリストは、アイアンとウッド系を1年ごとに交互にリリースさせるという他のクラブメーカーとは違った戦略を仕掛けています。

昨年(2017年)の秋は「718シリーズアイアン」がデビューしましたが、今年はドライバーとフェアウェイウッドが登場する年です。2019年モデルなので「919D2,D3」かと思ったら、「TS2 ドライバー」「TS3 ドライバー」という名前でデビューです。タイトリストの用具使用契約プロが早々とPGAツアーで使用を開始して、評判がいいみたいですね。

試打しました→タイトリスト TS2,TS3 ドライバーの試打&評価

ピン

ピンはアスリート向けのアイアンが2年ぶりにリリースされます。

i BRADE アイアン」の後継ではなさそうな「i500 アイアン」と「i200 アイアン」の後継モデル「i210 アイアン」です。この秋最も注目のアイアンかもしれません。

試打しましたが、この2モデルは、めっちゃいいですよ。

ダンロップ

ダンロップから SRIXON の新作「Z85シリーズ」が登場です。

ドライバーが「Z785 ドライバー」「Z585 ドライバー」の2タイプ。

フェアウェイウッドが「Z F85 フェアウェイウッド

ユーティリティはウッド型の「Z H85 ハイブリッド」、アイアン型の「Z U85 ユーティリティ

アイアンはハーフキャビティの「Z785 アイアン」、ポケットキャビティの「Z585 アイアン

「Z65 シリーズ」をそのまま継承するフルラインナップなので、とっても解りやすいですね。楽しみです。

ブリヂストン

TOUR B の Xシリーズが 2年ぶりのフルモデルチェンジになります。詳細は8月6日に発表されますが、かなり期待できそうな仕上がりのようですよ。これも楽しみです。

TOUR B XD-3 ドライバー(2018)の試打&評価はこちら
TOUR B X-CB,X-CBP アイアン(2018)の試打&評価はこちら
TOUR B X-BL アイアン(2018)の試打&評価はこちら

ミズノ

昨年復活した「Mizuno Pro」のアイアンに2モデルが追加になります。

最高の打感を追求した本格派ハーフキャビティの「319 アイアン

ミズノの軟鉄鍛造史上、最高反発の「719 アイアン

両者とも、重心距離が長めに設定してあるので、直進性も優れているとのことですが、楽しみです。。

本間ゴルフ、オノフ、テーラーメイド、キャロウェイ

本間ゴルフのアスリートブランド「TOUR WORLD」がおそらく2年ぶりのモデルチェンジになるでしょう。今度は「TW747」になるのかな??

TW747 ドライバー の試打&評価はこちら
TW747 アイアン の試打&評価はこちら

オノフのアスリートブランド「ONOFF KURO」も年末に向けてニューモデルに発表があるかも。。

テーラーメイドは毎年出し続けているので、また「M3,M4」の後継モデルが年明けに登場するのかな。「GAPR」っていう3種類のハイブリッドが発表になりそうですね。


キャロウェイは、「EPIC」「ROGUE」の次にどんな流れになるのか、、「APEX アイアン」の新作はどうなるのか、、、

まとめ

この2018年秋は、2年に1度やって来るアスリート向けのモデルが続々とリリースされるタイミングです。いわゆる2019年モデルがデビューします。

「ブリヂストン TOUR B Xシリーズ」 と、「ダンロップ スリクソン Z85 シリーズ」がアスリートをワクワクさせてくれるシーズンがやってきます。

一足先に発売になった「PRGR RS シリーズ」も、めっちゃ売れてるみたいです。

タイトリストのドライバーに、ピンのアイアン、、

全種類じっくりと試打レビューします。楽しみです。。。

 - GOLF GEAR, ゴルフって?