楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

K・ナ のクラブセッティング/2018グリーンブライヤー優勝/PGAツアー

      2018/08/11

2018年7月5日〜7月8日にアメリカ・ウエストバージニア州のザ・オールドホワイトTPCで開催された米国男子ツアーの「ミリタリー・トリビュート・アット・ザ・グリーンブライヤー(A Military Tribute at The Greenbrier)」で、ケビン・ナ( Kevin Na)(34歳)が、最終日を−6(64)で回り、2位と5打差の通算−19で優勝しました。

PGAツアーでは7年ぶりの2度目の優勝を飾った K.ナ のキャディバッグには、どんな14本が入っていたのか、クラブセッティングを詳しく見てみましょう。

PGAでは3番目に新しい大会

この大会は、第1回が2010年という歴史が浅い大会で、アメリカPGAツアーの中では3番目に新しい大会です。

最終ホールがPAR3という珍しいコース設定の中で、毎年最終日にドラマが待ち受けています。過去7回は、いずれも最終日に逆転優勝だったが、今年もまた逆転での優勝となりました。

日本人は出場していない

日本人の出場はありませんでした。多くのトップランカーは2週間後に迫る全英オープンに向けて調整に入っているため、出場を見送っていますが、P・ミケルソン、B・ワトソンらが出場。

今シーズン4勝目を狙う好調のB・ワトソンは、上位でプレーしたが最終日にスコアを落とし13位タイで、P・ミケルソンは65位タイで4日間を終えた。

ケビン・ナ(Kevin Na)のクラブセッティング

K・ナ  は、ドライバーがキャロウェイのエピック、スプーンがテーラーメイドのM3、その他12本はタイトリストのクラブで、ボールもタイトリストを使用している。

見事にぶっちぎりで勝利した ケビン・ナ のクラブセッティングの詳細は、、

使用クラブと使用ボール

【ドライバー】
Callaway GBB EPIC ドライバー (9.5°) Tour AD GP-6S
【フェアウェイウッド】
TaylorMade M3 フェアウェイウッド (15°) Project X EvenFlow Black 6.5 70X
Titleist 915F フェアウェイウッド (18°) Diamana BF80X
【ユーティリティ】
Titleist 818H2 ユーティリティ (21°) Tour AD DI-95S
【アイアン】
Titles  716 T-MB アイアン (4番) Dynamic Gold Tour Issue (S400)
Titleist  718 AP2 アイアン (5番〜PW) Dynamic Gold Tour Issue (S400)
【ウェッジ】
Titleist  Vokey Design SM7 (54°,60°) Dynamic Gold Tour Issue (S400)
【パター】
Scotty Cameron  Futura T5 MB
【ボール】
Titleist Pro V1x

アイアンの切れ味が印象的だった

飛距離で勝負するタイプではないので、カギとなるのは、アイアンとパターです。それにしても、力感のない美しいスイングから放たれる 718AP2 アイアン のショットは素晴らしかった。見てるだけで、欲しくなってしまいました。。。。

パッティングが武器のプレースタイル

ケビン・ナ 選手は、ショッットメーカーでもあるが、ここ一番のミドルパットをものにする強さがあります。最終日に3連続バーディーを2回達成したり、長い下りのパーパットをねじ込んだり、この大会は、今シーズンから導入したスコッティ・キャメロン・フーチュラの新しいミッドマレットタイプのパターがいい転がりを見せていました。

あとがき

ケビン・ナ選手は、7年ぶりの優勝ですが、過去にプレーオフで3度負けたり、惜しくも優勝を逃した試合が多かった。

2014年に、松山選手がメモリアルトーナメントでPGAツアー初優勝した時のプレーオフの相手が、ケビン・ナ選手でした。なかなか勝てなかったが、この大会のプレーぶりを見ると、これからさらに勝利を重ねる予感がします。

いよいよ2週間後に全英オープンです。楽しみですね。

 - 2018年, ツアープロのクラブセッティング