楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

2018年にPGAツアーで最も多く優勝したギアは?

      2019/01/03

2018年に開催されたアメリカPGAツアーで、どのギア(ドライバー,アイアン,ボール)が最も多く優勝に貢献したのか独自に集計してランキングにしました。意外な結果になりましたよ。

単年度での集計

アメリカのPGAツアーは10月からシーズンが始まって、翌年の8月ごろに終了します。今回は、2018年の1年間に開催されたフェデックス・ポイントランキング対象競技での優勝者の使用ギアを集計しました。(2シーズンにまたがります。)

↓こちらも参考にして下さい。
優勝者が使用したアイアンのシャフト・ランキング/PGAツアー2018

ギア別優勝回数ランキング
ドライバー部門

①テーラーメイド M3 460 (8)
②テーラーメイド M4 (7)
③ピン G400 LST (4)
④テーラーメイド M2(2017) (3)
④タイトリスト 917D2 (3)

※カッコ内の数字は優勝回数

テーラーメイドが圧倒的に強いですね。M3 440 も2勝しています。M2に戻して優勝したプロが多いのが印象的ですが、M1はいませんでした。タイトリストは夏頃からTSシリーズを投入したプロが多かった。

メーカー別ランキングは?

①テーラーメイド (20)
②タイトリスト (7)
③ピン (6)
④キャロウェイ (4)
④コブラ (4)

テーラーメイドがダントツですね。用具契約フリーでドライバーのみテーラーメイドを使用して優勝したプロも多い。キャロウェイが意外に少ないのが寂しいです。このほかにブリヂストンは、JGRで2勝しています。コブラの4勝は全てB.デシャンボーです。

アイアン部門

①テーラーメイド P730 (7)
②テーラーメイド P750 (4)
②タイトリスト 718AP2 (4)
②コブラ King Forged One Length (4)
⑤ピン i BLADE (3)
⑤ピン S55 (3)
⑤ミズノ JPX900Tour (3)

やはり圧倒的にテーラーメイドが強いです。タイトリストは718AP2が4勝、718MBが2勝で、718CBが0勝という結果に。この数年、AP2かMBかという2択になっています。その他に、コンボ・アイアンにして優勝したプロが2名いました。

コブラ King Forged One Length はB.デシャンボーの4勝、ピンS55 はB.ワトソンの3勝、ミズノJPX900Tour はB.ケプカの3勝です。

メーカー別ランキングは?

①テーラーメイド (11)
②タイトリスト (9)
③ピン (6)
④キャロウェイ (5)
⑤ミズノ (4)
⑤コブラ (4)

アイアン部門はテーラーメイドとタイトリストが僅差でした。ドライバーとは逆の現象で、用具契約フリーでタイトリストのアイアンを使用するプロがいます。やはりキャロウェイがもう一つ元気がありません。ミズノは大健闘です。

ボール部門

①タイトリスト Pro V1x (15)
②タイトリスト Pro V1 (8)
②テーラーメイド TP5x (8)
④ブリヂストン TOUR B X (7)
⑤ダンロップ SRIXON Z STAR XV (4)
⑤キャロウェイ CHROME SOFT X (4)

ボールはタイトリストの独壇場を他社がなかなか切り崩せない印象です。ブリヂストン、ダンロップの日本メーカーが健闘していますね。

メーカー別ランキングは?

①タイトリスト (23)
②ブリヂストン (8)
②テーラーメイド (8)
④ダンロップ (4)
④キャロウェイ (4)

タイトリストが約半分の大会で優勝しています。2019年はPro V1シリーズの新作が投入されますがどんな結果になるのか見ものです。

あとがき

2018年に開催されたアメリカPGAツアーで、どのギアが最も多く優勝したのか、ランキングにしました。

M3、M4のドライバーが結果を残しましたが、クラブは予想以上にテーラーメイドが強かった。ボールはタイトリストが相変わらず強いです。

日本のメーカーも健闘していますが、2019年は松山くんの活躍次第でこの勢力図が変わると思います。楽しみです。。。

 - 2018年, ツアープロのクラブセッティング