楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

EPICスター,サブゼロ,M1,M2 どのドライバーを選ぶべきか

      2018/01/06

2017年の新作ドライバーの中で話題の中心はキャロウェイ「 GBB EPIC STARドライバー」と 「GBB EPIC Sub Zeroドライバー」です。発売前から予約受注が殺到して、発売後も品薄状態のようですね。こういうドライバーは、ラウンドしたゴルファーが実際に飛ぶと口コミで広がり、さらに売れるという相乗効果が生まれる。本当によく飛ぶクラブはメーカーの宣伝よりも口コミの方が強い。エピック2種類は、両方ともすばらしくて、キャロウェイ契約プロもどっちのドライバーを使うのか迷う2種類です。

少し遅れて発売になったのテーラーメイドの「M1 460 ドライバー」「M1 440 ドライバー」「M2 ドライバー」の3本も、話題沸騰です。世界のトッププロたちが大活躍するのを観ると欲しくなりますね。ダスティン・ジョンソン、ジェイソン・デイ、セルヒオ・ガルシア、極め付けはタイガー・ウッズが選んだってことになれば、売れなきゃおかしいです。で、「M1」か「M2」どっちがいいのか、どうもモヤっとしていませんか。ゴルフ雑誌を見ると「この5本のクラブでどれがいいのか?」って盛んに取り上げていますが、この議論、何か変です。そこで、もう一度整理してみようと思います。

そもそも、どれがいいのかっていう議論はおかしい。

プロは、ヘッドとシャフトの組み合わせが自由自在なので、石川遼くんがヘッドスピードが50m/s以上なのに「EPIC STAR」を選ぶことは問題ありませんが、一般ゴルファーは、そういうわけには行きません。シャフトバリエーションを見ると「EPIC STAR」のターゲット層にはハードヒッターが含まれないと思われる。60g台以上のシャフトを望むハードヒッターが購入するとなると、カスタムシャフトが必須になる。そこまでして新規にドライバーを購入しようとしたら、かなりシビアなフィッティングが必要になります。現在使用中のドライバーのシャフトを交換するぐらいは、失敗しない可能性が高いけど、オリジナル仕様のドライバーを試打をせずに新規に作り上げるのは、なかなか難しいものです。ましてや、スリーブがないドライバーは、丁度いい試打クラブが存在しませんから難しいと思う。

最初から選択肢が決まっている

どのクラブがいいのか?ではなく、どのシャフトが自分に合っているかで、選択肢が決まります。すでにヘッドスピードで選べる範囲が決まっています。残念ながら、ほとんどのクラブメーカーを見ると、シャフトバリエーションでモデルが絞られてしまいます。この現実を直視して欲しい。タイトリストの「917D2」と「917D3」のどちらを選ぶべきか?という疑問は分かるが、テーラーメイドの「M1」と「M2」で迷うのは間違いの元です。「M1」と「EPIC Sub Zero」で迷うのは間違っていない。

選べるシャフトから判断すると、ヘッドスピードによって、2つのタイプに分かれる
①「M1」と「EPIC Sub Zero」
②「M2」と「EPIC STAR」

こちらもチェック→テーラーメイド M1&M2(2017)が大幅値下げ!これは賢い買い方です!

①「M1 460」と「M1 440」と「EPIC Sub Zero」

この3本は、ずっしりと重い。中弾道でかなりスピン量が少ない。ヘッドスピードは44m/s以上欲しい。

【M1 460 ドライバー】

方向性がいい。引っかからない。打ち出した方向にまっすぐに伸びる。弾道調整の幅が広い。操作性も悪くないが、球筋の安定感がある。M2を重くして弾道調整を付けたっていう感じです。
(試打レビューはこちら

飛距離 5
構えやすさ 4.5
デザイン 4
打ちやすさ 4
操作性 4.5
打感 4.5
M1 460 ドライバー(2017)が、安く購入できる。

【M1 440 ドライバー】

意外に打ちやすくハードな感じがしない。よくつかまりドローボールが打ちやすいが引っかからない。コントロール性は抜群にいい。球筋の調整幅がかなり広いから、ベストなセッティングが見つかる。ドローヒッターは打ちやすいと思う。
(試打レビューはこちら

飛距離 4.5
構えやすさ 4.5
デザイン 4
打ちやすさ 4
操作性 5
打感 4.5
M1 440 ドライバー(2017)が、安く購入できる。

テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ【GBB EPIC Sub Zeroドライバー】

叩いても吹け上がらない。強弾道でランが稼げる。引っかからない。フェースがたわむ感触が心地よい。操作性も悪くない。私はこの中で一番スピン量が少なかった。
(試打レビューはこちら

飛距離 5
構えやすさ 4.5
デザイン 4.5
打ちやすさ 4
操作性 4.5
打感 4.5
GBB EPIC Sub Zero ドライバーが、安く購入できる。

②「M2」と「EPIC STAR」

この2本は、軽くて振り抜きやすい。低スピンの高弾道で曲がらない。長めのシャフトで飛距離が稼げる。シャフトはヘッドスピードが45m/s以下のゴルファーにオススメ。

【M2 ドライバー】 

よくつかまって、よく飛んで、曲がらない。オフセンターでもビッグキャリーになる。飛距離の安定感がナンバーワンです。FUBUKI V 60が選べるが、少し癖があるシャフトなので好みが分かれる。シャフト次第でどんなゴルファーも満足させられるクラブです。
(試打レビューはこちら

飛距離 5
構えやすさ 4
デザイン 4
打ちやすさ 5
操作性 3.5
打感 4
M2 ドライバー(2017)が、安く購入できる。

【GBB EPIC STAR ドライバー】

空気抵抗が少なくヘッドスピードが速い。とにかく初速が速い。長くても振り抜きやすい。相性もあると思うが、私が打つと、低スピンの高弾道でぶっ飛びます。一発の飛距離性能は抜群にいい。シャフトのバリエーションが多い※全部50g台です
(試打レビューはこちら

飛距離 5++
構えやすさ 4.5
デザイン 4
打ちやすさ 5
操作性 3.5
打感 4
GBB EPIC STAR ドライバーが、安く購入できる。

あとがき

エピックも、M1&M2も、シャフトのスペック選びを間違わないようにしたいです。この5本とも、スピン量が少ないので、ドロップすると大幅な飛距離のロスになります。背伸びは禁物です。今シーズンは、ぶっ飛ばして楽しいゴルフライフを送りましょう。

 - Callaway, TaylorMade, ゴルフって?, ドライバー , ,