楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

D・ジョンソンのクラブセッティング/セントジュード・クラシック優勝/PGA

   

2018年6月7日〜6月10日にアメリカ・テネシー州メンフィスのTPCサウスウインドで 開催された米国男子ツアーの「フェデックス・セントジュード・クラシック (St. Jude Classic)」で、ダスティン・ジョンソン(Dustin Johnson)(33歳)が、最終日を−4(66)で回り、2位と6打差の通算−19で優勝しました。

今年のの1月にハワイで開催された「セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」で勝利して以来の今シーズン2勝目を飾った D.ジョンソン のキャディバッグには、どんな14本が入っていたのか、クラブセッティングを詳しく見てみましょう。

全米オープンの前哨戦

この大会の翌週に開催される「全米オープン」の最終調整としてエントリーする選手もあるが、多くのビッグネームは出場していない。松山英樹、タイガー・ウッズ、ジョーダン・スピース、ジャスティン・トーマス、リッキー・ファウラーらはエントリーを見送っています。この大会に日本人は出場していません。
そんな中、フィル・ミケルソンが多くのギャラリーを沸かせるプレーを見せ、通算−6(12位タイ)で大会を終えました。

世界ランクトップに返り咲き

この優勝でダスティン・ジョンソンは今週の試合に出場しなかったジャスティン・トーマスに変わって1ヶ月ぶりに世界ランク1位に返り咲きました。

D・ジョンソン のクラブセッティング

D・ジョンソンは、テーラーメイド使用選手で、14本のクラブとボールは全部テーラーメイドのギアを使用している。PGAツアーで今シーズン2度目、通算18勝目の優勝を支えた彼のクラブセッティングは、、

 

使用クラブと使用ボール

【ドライバー】
テーラーメイド M4 ドライバー (10.5°) Fujikura Speeder 661 Evolution 2.0 Tour Spec X
【フェアウェイウッド】
テーラーメイド M4 フェアウェイウッド (16.5°) Project X HZDRUS Black 95 6.5
【アイアン】
テーラーメイド P730 アイアン DJ PROTO(3番〜PW) Dynamic Gold Tour Issue X100
【ウェッジ】
テーラーメイド Milled Grind ウエッジ (52°,60,64°HI-TOE) KBS Tour 130X
【パター】
テーラーメイド TaylorMade Spider Tour Black
【ボール】
テーラーメイド TP5x

テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ
661エボリューション 2.0 Tour Spec

ドライバーのシャフトはしばらく変えていませんね。それにしてもD.ジョンソンが放つ「M4ドライバー」の破壊力がすごい! PGAツアーの選手は、体格が大きくて、筋力も強い。日本人のトッププロとは比較にならないぐらいのパワフルな身体能力を持っています。その中でナンバーワンを維持するジョンソンは、60g台のシャフトの10,5度の「M4ドライバー」をチョイスしています。その他のトップランカーも意外にもソフトなスペックを使用する選手が多い。

「なんでこんなにハードなドライバーを使っているの?」って聞きたくなるようなアスリートゴルファーが、私の周辺にもたくさんいます。ドライバーに悩むアスリートは、一度肩の力を抜いて、世界ナンバーワン・プレイヤーのスペックを参考にしてみては如何でしょうか。

あとがき

D・ジョンソンの圧倒的な飛距離が大きな武器となった。350ヤード先の狭いフェアウェイをキープして隙のない戦いぶりでした。春先から優勝争いに絡むことが少なかったが、次週の全米オープンに最高のコンディションで臨むことになりそうです。この大会の優勝者は全米オープンに勝てないというジンクスを打ち破ってくれるかもしれませんね。

私も購入してからの評価をレビューしましたが、「M4 ドライバー」は素晴らしいクラブです。こうして世界No.1のプロがこのドライバーで活躍すると、嬉しくなっちゃいます。

アマもプロも満足出来る数少ないドライバーの一つです。最高!

 - 2018年, ツアープロのクラブセッティング