楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

B・デシャンボーのクラブセッティング/2018メモリアル・トーナメント優勝/PGA

      2018/08/11

2018年5月31日〜6月3日にアメリカ・オハイオ州ダブリン市のミュアフィールド・ヴィレッジ・ゴルフ・クラブで 開催された米国男子ツアーの「メモリアル・トーナメント(The Memorial Tournament presented by Nationwide)」で、ブライソン・デシャンボー (Bryson DeChambeau)(24歳)が、カイル・スタンレー(30歳)とアン・ビョンホン(26歳)の3人によるプレーオフを制して優勝しました。

昨年の6月に「ジョンディア・クラシック」で勝利して以来のPGAツアー2勝目を飾った B.デシャンボー のキャディバッグには、どんな14本が入っていたのか、クラブセッティングを詳しく見てみましょう。

メモリアルトーナメント

この大会はジャック・ニクラウス氏がホストを務め、自ら設計したミュアフィールド・ヴィレッジGCで毎年開催される。2014年には 松山英樹 が ケビン・ナ とのプレイオフを制してPGAツアー初優勝を飾っています。

日本からは4名が出場

日本からは、4選手が出場しました。初日−7(65)のトップタイでスタートを切った松山選手は2日目から3日間とも同じスコア(−1)で伸び悩び、最終的には−10(13位タイ)の成績で、PGAツアー初優勝を飾った思い出の大会を終えた。

宮里優作選手は決勝ラウンドに進んで4日間を戦ったが、+2(70位タイ)で終えた。腰痛がちょっと心配です。池田勇太選手はギリギリ予選を通過したがMDFで四日目に進めなかった。小平智選手は予選落ちでした。

過去5回優勝のタイガーウッズは

この大会に過去5回優勝のタイガーウッズは、最終日がパープレーで順位を落とし、−9(23位タイ)で終えました。

B・デシャンボー のクラブセッティング

ブライソン・デシャンボーは、コブラ契約選手で、パター以外の13本を使用している。今シーズン初優勝を支えた彼のクラブセッティングは、、

使用クラブと使用ボール

【ドライバー】
Cobra King LTD Pro ドライバー (8.5°) Project X HZRDUS T1100 75X
【フェアウェイウッド】
Cobra King LTD Black フェアウェイウッド (14.5°) Project X HZRDUS 85
Cobra King F8+ Baffler (17.5°) Project X HZRDUS 85X
【ユーティリティ・アイアン】
Cobra King One Length ユーティリティ・アイアン (U4,U5) Dynamic Gold X7
【アイアン】
Cobra King Forged One Length アイアン (6番〜PW) Dynamic Gold X7
【ウェッジ】
Cobra King One Length ウェッジ (50°, 55°, 60°) Dynamic Gold X7
【パター】
SIK tour prototype
【ボール】
Bridgestone Tour B X

ワンレングス・アイアン

デシャンボーの代名詞とも言える「ワンレングス・アイアン」は、ユーティリティアイアン、アイアン、ウエッジのシャフト長が全て6番アイアンの長さに統一されている。

SIK パター

このパターのデザインはフェース面の上と下でロフト角が4段階に少しずつ変えてあります。これはインパクトでミスヒットしてもロフトが一定に保たれるので、安定した転がりになる。デシャンボー以外のプロも使用しています。

あとがき

”ゴルフの科学者”と言われるデシャンボーのクラブセッティングは、実にユニークです。少数派ではありますが、ワンレングス・アイアンを国内外で他のプロが使用するケースがチラホラ出てきました。アマチュアにも、ハマるゴルファーが数多くいるみたいなので、アイアンが苦手なゴルファーが使ってみるときっかけになるかもしれませんよ。

そんな彼が選んだボールは、「ブリヂストン Tour B X」です。塩水にボールを浮かべて重心をテストした結果、最も個体差が少ないボールを選んだとのことです。科学的な根拠を説明されると、説得力がありますね。私も使用しているボールですが、最近他のメーカーに変えようかと迷っていたので、もう少し使い続けます。。。

 - 2018年, ツアープロのクラブセッティング