楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

キャロウェイ GREAT BIG BERTHA ドライバー はプロにも評判がいい

      2016/11/20

Callaway グレート・ビッグバーサ ドライバーが打ちやすくてよく飛ぶとの評判が気になったので試打しました。評価と感想をレビューします。
【ロフト】
9度
【シャフト】
Speeder 661EVOLUTION II (S)

IMG_3624

結論は、飛距離、打感、音、どれを取っても申し分ないドライバーです。そこまで期待してなかったのでビックリです。買いたくなってしまいました!メッチャ欲しいです。

構えたら、ほどよくバルジが効いていて構えやすく素敵な顔打感は柔らかくて、ミスヒットしても芯でとらえたような感じです。低スピンで理想的な弾道。高弾道で強い球すじ。ランも十分です。

IMG_3623

包み込むようなインパクトでカーボンコンポジットと思えない心地よい音が響きます。

打ちやすくて、よく飛ぶ。無理につかまえに行かなくても自然にヘッドがターンしてくれます。ヒール気味に打っても芯で打ったような感触で、飛距離もまずまず。最近のキャロウェイは、少々ハードな感じがしましたが、このモデルは幅広いゴルファーに安心してオススメできます。

アメリカの契約プロから支持されている

新しくなった「グレート・ビッグバーサ」ドライバーは、ジム・フューリックハリス・イングリッシュなどCallaway 契約の多くのトップランカーが昨シーズン後半から使用しています。 なんと松山くんもトーナメントで使用中で絶好調!(2016年10月から)
同時期に発売になった「BIG BERTHA ALPHA 816◆◆ドライバー」の方がアスリート向なので意外ですが最近の傾向は、比較的簡単なヘッドを使うのが主流になっています。

プロ=難しいクラブという時代は終わったのかな。

間もなく発売になるテーラーメイドの『M2ドライバー』もその流れのようで、アメリカの飛距離ナンバーワンのダスティン・ジョンソンも使用しています。

日本のツアーを見ても、「グローレF」や「ゼクシオ」などがトッププロの間で圧倒的に人気があるので、その傾向(やさしいヘッド)が顕著に表れていますね。 GLOIRE F がシニアツアーや女子ツアーで大人気の理由

キャロウェイ独自の進化したペリメーター・ウェイティング

prod__01

従来のBIG BERTHAより、スライドエリアをヒール側へ拡大。つまり、つかまりやすく、ヒール側に当たっても距離のロスが少ない設計です。さらにウェイトを約2.5g増やしたことで、弾道が調整しやすくなりました。

次世代 R・MOTOフェース

prod__04

従来と比べて、さらにフェース周辺部分を薄肉化。オフセンターヒット時の飛距離を追求した最新フェース。本当に柔らかい打感です。

低重心・高慣性モーメント設計でやさしさと飛距離を向上

prod__03

薄肉化されたフォージド・コンポジットクラウンと、ソールに配置された固定式ウェイトにより低重心化を実現。高慣性モーメント+低スピンで飛距離を最大化。

ロフトとライ角は、アジャスタブルホーゼルで、調整できます。

最適打ち出し角度(ロフト:-1、S、+1、+2)
最適打ち出し方向(D=つかまる、N=つかまりを抑える)
Callaway グレートビッグバーサ ドライバー が安く購入できる

まとめ

Callaway GREAT BIG BERTHA ドライバー」は比較的やさしいクラブで幅広い層に適合します。飛距離、打感、音、顔、全て良し。
最近の傾向はプロもやさしいヘッドをチョイスしてます。そんな傾向を象徴するドライバーです。
これは、今年のエースドライバーになるかも、、、M2を試打してからじっくり購入を考えます。

飛距離 5
構えやすさ 5
デザイン 4.5
打ちやすさ 5
打感 4.5

 - Callaway, ドライバー