楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

B・ワトソンのクラブセッティング/2018WGCマッチプレー 優勝/PGAツアー

      2018/08/11

2018年3月21日〜25日(5日間)にテキサス州オースティンにあるオースティンカントリークラブで開催された「WGC デルテクノロジーズ・マッチプレー (2018)」で、Bubba Watson(バッバ・ワトソン)(39歳)が 決勝でK.キスナーを7and6で下した。これでアメリカ PGAツアーでは今季2勝目、通算11度目の優勝となりました。

12番ホールで決着という圧勝のB・ワトソンのキャディバッグには、どんな14本が入っていたのか、クラブセッティングを詳しく見てみましょう。

世界ゴルフ選手権・マッチプレーの競技方法

この大会は、年間4試合ある世界ゴルフ選手権(WGC)の今シーズン第2戦で、唯一のマッチプレーです。この試合には「世界ランキング上位64名」が出場します。

最初の3日間は1組4名の総当たり戦を行い、その中から1名が勝ち抜いて、ベスト16の決勝トーナメントへ進みます。

そのトーナメントでは、2日間で4戦を勝ち抜くと優勝になります。

つまり、優勝するまでには5日間で7ラウンドを戦わなければならないのです。

過酷なスケジュールの中で毎回番狂わせが起こり、誰が勝ってもおかしくない展開になります。上位シード選手が優勝するとは限らないので、そこがマッチプレーの面白さですね。

上位シード選手が予選敗退

今年の大会も上位シード選手がバタバタと予選で姿を消す展開になりました。世界ランキング1位で前年の覇者 ダスティン・ジョンソン、同3位で前年準優勝の ジョン・ラーム、前々年の覇者 ジェイソン・デイジョーダン・スピースロリー・マキロイ などが予選で敗退しました。

日本人選手は決勝に進めず

日本人4選手(池田勇太、宮里優作、小平智、松山英樹)が出場しましたが、残念ながら全員予選で姿を消しました。松山君は心配された痛みもなく、2週間後のマスターズに向けて調整に入ります。オーガスタでの完全復活を信じましょう。

B.Watson(バッバ・ワトソン)のクラブセッティング

B・ワトソン B Watson(バッバ・ワトソン) は、PING(ピン)の用具使用契約プレイヤーなので、全14本がPINGのギア。ボールは今シーズンからタイトリストを使用している。

圧倒的な強さで優勝した彼のクラブセッティングの詳細は、、

クラブセッティング

【ドライバー】
PING G400 LS TEC ドライバー (8.5°)  Grafalloy Bi-Matrix (X)
【フェアウェイウッド】
PING G フェアウェイウッド (3W 14.5°)  Fujikura Motore Speeder 8.2 VC Tour Spec (X)
【アイアン】
PING i BLADE アイアン (2番)  Dynamic Gold Tour Issue (X100)
PING S55 アイアン (4番〜PW)  Dynamic Gold Tour Issue (X100)
【ウェッジ】
PING GLIDE 2.0 ウエッジ (52°SS,56°SS,60TS)  Dynamic Gold Tour Issue (X100)
【パター】
PING PLD Anser
【ボール】
Titleist Pro V1x

ワトソンはあまりセッティングを変えない

今シーズン(2018年)リビエラCCで復活優勝を果たしたB.ワトソン のクラブセッティングと比べると、フェアウェイウッドが「G400フェアウェイウッド」の5Wから、前モデルの「Gフェアウェイウッド」の3Wに変更されています。これはコースレイアウトが要因になっているのでしょう。その他はパター以外はシャフトもヘッドも変更はありません。パターが変わっていますが、使い慣れた古いモデルを入れ替えたようです。

B.ワトソンのクラブセッティングは、ここ数年間大きな変化はありません。アイアンは古いモデルを使い続け、ウッド系のシャフトもアイアンのシャフトもこの数年間変わっていません。フィーリングを大事にするB・ワトソンらしいクラブセッティングですね。

あとがき

事実上の決勝戦と注目された準決勝でジャスティン・トーマスを破った勢いそのままに、決勝では12ホールで決着しました。

リビエラCCで復活優勝するまでの2年間のスランプは、彼を引退ギリギリまで追い込んだとのことですが、見事なカムバックです。3度目のマスターズ優勝に向けて準備は整ったようですね。

今シーズンのB.ワトソンのプレーぶりを見ると「ピン G400 LS TEC ドライバー」が彼を復活させたのかなって思います。飛距離と正確性とミスの寛容度が、好調なプレーを支えているのは間違いありません。彼の使用クラブを見ると、またピンのドライバーが欲しくなってしまいました。。。

 - 2018年 ,