楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ソニーオープン・イン・ハワイの勝者は?日本人選手の結果は?/2019 PGAツアー

   

2019年1月10日〜13日にアメリカ ハワイ州オアフ島のワイアラエCCで開催された ソニーオープン・イン・ハワイ(Sony Open in Hawaii)で、マット・クーチャー (Matt Kuchar)(40歳)が最終日を−4(66)で回り、2位と4打差の通算−22で優勝しました。

ブリヂストンのギアで戦う M.クーチャーは、これでPGAツアー今シーズン2勝目、通算9勝目となった。

マット・クーチャーの最新のクラブセッティングはこちら

旧ハワイアンオープン

この大会が「ハワイアンオープン」と称された時代に、青木功が1983年の大会最終日の18番ホールでチップイン・イーグルでPGAツアー日本人初優勝を飾った。1999年から「ソニーオープン・イン・ハワイ」という名称で開催されています。

マットクーチャーは今シーズン2勝目

マット・クーチャーは2018年11月8日〜11日にメキシコ の エル・カマレオンGC で開催された マヤコバ・ゴルフ・クラシックの勝利に続いて早くも今シーズン2勝目となった。

上位の結果

1  (−22)   M・クーチャー
2  (−18)    A・パットナム
3T (−17)   M・リーシュマン
3T (−17)   H・スワフォード
3T (−17)   C・リービー
3T (−17)   C・コナーズ
7  (−16)    D・ラブⅢ
8T (−15) B・スチュアード
8T (−15)   C・ハウエルⅢ
10T (−14)    B・デシャンボー
10T (−14)   S・ムニョス
10T (−14)   カン・スン
13T (−13) T・ポッター Jr.
13T (−13)   P・リード
13T (−13)   P・キザー
16T (−12)  J・トーマス

※クリックするとクラブセッティングがご覧になれます。

日本人選手は

日本からは、プロ6名、アマチュア1名が出場。

33T (−8)  今平周吾
51T (−6)  松山英樹
64T (−4)  稲森佑貴
67T (−2)  星野陸也

【以下予選落ち】
金谷拓実(アマチュア)
池田勇太
小平智

まとめ

2018-19 PGAツアーの「ソニーオープン・イン・ハワイ」で優勝したのはマット・クーチャー(40歳)。これがPGAツアー9度目の優勝。

今平選手は33位T、松山選手は51位Tで4日間を終えた。

次週はカリフォルニア州で「デザートクラシック(旧キャリアビルダー・チャレンジ)」が開催されます。

 - 2018-19, PGAツアー, トーナメント結果