楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

2019年大規模なルール改正から半年・ちょっと気になる3つの項目

   

今年(2019年)からゴルフのルールが大幅に改定されました。
早くも半年が過ぎようとしていますが、
「んん??」
と疑問に思う点がいくつかあります。

ルール変更でちょっと気になる点をまとめました。

パッティングのイラスト

ルール改正の目的は「ゴルフ人口の減少を止めること」

2019年から、世界的なゴルファーの減少に歯止めをかけるのを目的にR&A(ロイヤル・アンド・エンシェント・クラブ)とUSGA(全米ゴルフ協会)の共同で ルールが改正されました。
ポイントは下記の2本柱です。

・プレー時間を短くする【時短】
・ルールを分かりやすくする【簡略化】

↓こちらの記事も参考になります
2019年大規模なゴルフのルール改正/アマチュアが押さえておきたい8ヶ条
2019年の大幅ルール改定でゴルフ人口が増えるのか

ちょっと気になる点

改良されて良かった点が圧倒的に多いけど、中には「あれっ?」と思うことが3項目あります。

①ピンを立てたり抜いたり

「パッティングをする際にピンを抜かずに打っていい。」

今年になってから私はピンを抜くことは1度もありません。でも、中には従来通りじゃないとダメっていう人もいるんです。となると、「ピンを立てたままでいい人」と「抜いたほうがいい人」の2通りが存在してしまったのです。

ピンの抜き差しが、以前は1ホールに1度しか起こらなかった行為が、複数回になりうる。
キャディーさんに
「ちょっと抜いてくれるかな」
って言ったり、
「差してくれるかな」
って言ったり、、、
お前はツアープロか!って内心思いながら、、、イライラ、、、

これでは時短になりません。
いっその事
「ピンは抜いちゃだめ」
に統一したらどうだろうか。少なくともアマチュアレベルのローカルルールで定められないものかな。

②膝の高さからドロップしてもコロコロ

「ドロップは肩の高さからを膝の高さからに変更」

肩の高さからでは、コロコロ転がって再ドロップになりうるから時間がかかってしまう、、??、、膝の高さからドロップしても傾斜ではコロコロ転がりますよ。
いっその事地面に置いちゃえばいいのに。

でも、有利なライに置くんじゃないか?などと危惧されるけど、インチキする人はどんなルールを作ってもやりますよ。そういう理論がゴルフ人口に影響してるんじゃないのかな。

③レディゴルフはやっぱり危険

「準備ができた人から打っていい」(レディゴルフ)

これってやっぱり危険な行為。安全の確保を各自に任せていいのかな?
遠い人から順番に打つなら起こらない事故が起こりそうで怖いです。グリーンに近い人が先に打ったら、どこに隠れればいいのやら、、アマチュアはどこに飛ぶかわからないのに。。。。
いろんなことを想定しなきゃいけない。

ティーショットとパターはレディゴルフでいいけど、セカンドショット以降はやっぱりやめた方がいいんじゃないかなぁ。

時短のために、もう少しマナーを教えたらどうか

ダフった跡、バンカー、グーリーン上のボールマーク、これを修復しないゴルファーが多すぎます。そのせいでライが悪くてミスショットが増えたり、パターを打つ前ピッチマークを直したり、余分な時間がかかります。

フェアウェイのディボット跡にはちゃんと砂を入れ、バンカーはきれいに平(なら)し、グリーン上のピッチマークも修理する。これをもっと厳格に実行させたら時短になるのでは?

こちらの記事もどうぞ
エンジョイゴルファーって何?? マナーについて提言したい事

ティーイングエリア(旧称ティーインググラウンド)でのペチャクチャ

後ろの組がやってきて、ティーイングエリアでペチャクチャしたり、携帯で通話したり、なんとかならないもんだろうか、、、それが原因でアドレスで仕切り直しになったり、ミスショットで最悪打ち直しになったりします。これが無くなれば時短になるのでは?

ルールブックは持ってたほうがいい

2度打ちはノーペナ、グリーン上のスパイクマークは直してもいい、、などなど、知って得する改正ポイントも沢山あります。

ルールブックは持ってたほうがいいですよ。おすすめは日本プロゴルフ協会監修のハンドブック。
イラスト付きで実に分かりやすく解説されています。私は必ずキャディバッグに入れています。

最新ゴルフルールハンドブック2019年
日本プロゴルフ協会 永岡書店

by ヨメレバ

 

是非じっくりとルールを読んでください。おすすめです。

まとめ

今年(2019年)からゴルフのルールが大幅に改定され、約半年が過ぎました。ルール変更でちょっと気になる点が3項目あります。プレー時間を短縮するにはマナーも大事にしたいものです。

ルールをちゃんと知って、正しいゴルフで、楽しいゴルフライフを送りましょう。

 - ゴルフって?