楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

CJカップの勝者は?松山選手は?/2018-19 PGAツアー第3戦

   

2018年10月18日〜21日に韓国 済州島のブリッジズGCで開催された ザ・CJカップ・アット・ナイン・ブリッジズ(THE CJ CUP @ NINE BRIDGES)で、ブルックス・ケプカ (Brooks Koepka)(28歳)が最終日を−8(64)のビッグスコアで回り、2位と4打差の通算−21で優勝しました。

用具使用契約フリーである B.ケプカ は、昨シーズンの全米プロゴルフ選手権以来の勝利となった。

B・ケプカの最新のクラブセッティングはこちら

2018年のメジャー2冠

B.ケプカは、昨シーズン(2018年)に全米オープンと全米プロの2冠を制覇した。PGAツアー5勝目となったが、実はこれがメジャー以外の大会では2勝目となる。

アジアシリーズ第2戦

PGAツアー2018-19シーズンの第3戦となる「CJカップ(韓国)」は、アジアンツアーとの共同での開催。アジアシリーズは計3試合あり、前週のマレーシア(CIMBクラシック)から始まって次週の中国へと続きます。

今大会はまだ第2回目という歴史が浅い大会。昨年はジャスティン・トーマスがプレーオフでマーク・リーシュマンを破り優勝しました。
昨シーズンのフェデックスカップ・ポイントランキングが60位以内の選手と、加えて主に韓国人選手に与えられる様々な出場枠がある。合計78人の招待選手のみの出場で、予選カットはありません。

主な選手の最終成績

1位  B・ケプカ
5位T  J・デイ
10位T  A・スコット
10位T  I・ポールター
36位T  J・トーマス
36位T  B・スネデカー

※クリックするとクラブセッティングがご覧になれます

日本人選手は

日本から唯一出場の松山英樹選手は18位タイ(−8) で4日間を終えた。小平選手には出場権がありませんでした。

まとめ

2018-19 PGAツアー第3戦の「ザ・CJカップ・アット・ナイン・ブリッジズ」で優勝したのはブルックス・ケプカ(28歳)。これがPGAツアー5度目の優勝。

ディフェンディング・チャンピオンのJ.トーマスは36位タイ、日本から唯一出場の松山選手は18位タイで4日間を終えた。

次週はフェデックスカップ・ポイント対象競技が同時に2大会予定され、中国で「WGC-HSBCチャンピオンズ」が、アメリカで「サンダーソンファームズ選手権」がそれぞれ開催されます。

 - PGAツアー, トーナメント結果