楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

CIMBクラシックの勝者は?小平選手は?/2018-19 PGAツアー第2戦

      2018/10/15

2018年10月11日〜14日にマレーシアのTPCクアラルンプールで開催されたCIMBクラシック(CIMB classic)で、マーク・リーシュマン(Marc Leishman)(34歳)が最終日を−7(65)で回り、2位と5打差の通算−26で優勝しました。

キャロウェイの契約プロであるM.リーシュマンは、これでPGAツアーで2シーズンぶり、1年1ヶ月ぶりの4勝目となった。

CIMBクラシック

今大会の4日間レコードタイの −26 での見事な優勝でした。

M.リーシュマンの最新のクラブセッティングはこちら

2017年2勝の実力者リーシュマン

昨シーズン未勝利のだったM.リーシュマンのフェデックスカップ・ポイントの最終ランクは29位とやや不本意なシーズンを送った。その前年の2017年は2勝して年間6位だっただけに、好調なスタートを切ったと言えます。

メジャーにいつ勝ってもおかしくないと言われる実力者の一人です。

アジアシリーズ第1戦

PGAツアー2018-19シーズンの第2戦となる「CIMBクラシック(マレーシア)」は、アジアンツアーとの共同開催。その後、韓国、中国と転戦してアジアシリーズが3試合開催される。

日本人選手は

日本から唯一出場の小平智選手は43位タイ(−9) で4日間を終えた。松山選手は出場していません。

この大会2度優勝のトーマスとムーア

第9回目となる、まだ歴史の浅いこの大会は、過去にJ.トーマスとR.ムーアが2連覇を達成しています。

前週の開幕戦でプレーオフで敗れたライアン・ムーアは通算−3(66位タイ)、アジアシリーズに相性がいいジャスティン・トーマスは通算−20の5位タイで4日間を終えた。

まとめ

2018-19 PGAツアー第2戦の「CIMBクラシック」で優勝したのはマーク・リーシュマン(34歳)。これがPGAツアー4度目の優勝。

過去2度優勝のJ.トーマスは5位タイ、R.ムーアは66位タイ。日本から唯一出場の小平智選手は43位タイで4日間を終えた。

次週は韓国で「CJカップ・アット・ナインブリッジズ」が開催。これが松山選手の今シーズン初戦となります。

 - PGAツアー, トーナメント結果