楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

欧州選抜の勝利! タイガーは振るわず/ライダーカップ2018

   

2018年9月28日〜30日にフランスのパリ近郊にある ル・ゴルフ・ナショナルで開催されたライダーカップ(米国選抜vs欧州選抜)で、欧州選抜チームが勝利しました。

2大会ぶり14回目の勝利

通算成績は、米国選抜26勝、欧州選抜14勝(引き分け2回)となった。

ライダーカップ 2018

ライダーカップ (Ryder Cup)

・各チーム12名が参加

・2年に1度の開催。開催地は交互に入れ替わる。

・勝者には賞金がなく、名誉とプライドをのみを賭けた熱い戦いとなります。

競技方法

① 初日と2日目はペアマッチ

【午前】 フォアボール4試合 (ベストスコア戦)
【午後】 フォアサム4試合 (1ボール方式)

② 3日目はシングルス・マッチプレー(12試合)

今大会の流れ

各チームの勝利数

欧州選抜 米国選抜
1日目 午前 フォアボール 1 3
          午後 フォアサム 4 0
2日目 午前 フォアボール 3 1
          午後 フォアサム 2 2
3日目        シングルス 7.5 4.5
最終成績 17.5 10.5

タイガーウッズの成績

タイガーはペアマッチを 初日に1試合、2日目に2試合の計3試合戦ったが、結果は全敗。最終日のシングルマッチも、J・ラーム に2&1で敗れた。

結果として、合計4試合戦って米国選抜チームに1ポイントも貢献できなかった。

前週のPGAツアー選手権での5年ぶりの優勝の疲れがあったのか、戦績は振るわなかった。それが米国敗退の要因の1つですね。

まとめ

第42回 ライダーカップで勝利したのは欧州選抜チーム。

これで通算成績が、米国の26勝、欧州の14勝 (引き分け2) となりました。

タイガーウッズは4試合戦ったが、0勝4敗でチームに貢献できなかった。

次回は2020年に、アメリカ・ウィスコンシン州の難関コース ウィスリングストレイツ で開催されます。

 - トーナメント結果