楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

2018年おすすめの打ちやすいフェアウェイウッド8選

   

ロングホールの第2打のフェアウェイウッドが大きなミスショットになった、、パーを計算していたのに、トリプルボギーになった。こんなことを何度も繰り返すと、フェアウェイウッドを構えると嫌な予感がして、、苦手意識が。。。そんなゴルファーが多いと思いますが、ゴルフクラブの進化があなたを助けてくれるかもしれません。苦手なFWを克服して得意クラブにできるかもしれない。そこで、2018年に誰もがやさしく打てるオススメのフェアウェイウッドを8商品を厳選して、勝手にランキングにしました。
※2017年末に発売中の最新モデルの中から選びました。

こちらも参考にして下さい→2018年やさしいウッド型ユーティリティ6選

飛距離よりも打ちやすさが大事

ドライバーは1ヤードでも遠くへ飛ばしたいクラブだが、フェアウェイウッドはちょっと違う。昨今、良く飛ぶフェアウェイウッドがもてはやされる傾向にあるが、私は否定的です。そりゃあ飛んだほうがいいけど、概ね良く飛ぶと言われるモデルは重心が浅くてスピンがかかり辛く、ハードヒッター向けの仕様になっています。フェアウェイウッドは信頼感が大事です。球が上がりやすくて、ミスに強く、想定外の大ミスにならない。ぶっ飛ばなくてもいいから着実に200ヤード先のフェアウェイに運んでくれる事が重要です。とにかく打ちやすくてミスに強いクラブを信頼できるパートナーに選びたいものです。

2018年にお勧めの打ちやすいフェアウェイウッド・ランキングは、、

①Titleist NEW VG3 フェアウェイ メタル(2018)

前モデルよりも大型化されたヘッドがよく拾ってくれて、かなりの高弾道で左右に曲がらない球が打ちやすい。3Wを打つと、あまりのやさしさに自信を取り戻せる。こんなに打ちやすいスプーン(3W)は滅多にありません。「自信がないから5番を使う」っていうフェアウェイウッドの使い方から”おさらば”出来るかも。打感は柔らかくて、フェースとボールの接地時間が長く感じる。飛距離はぶっ飛ぶ感じではないけどミスヒットしても安定したキャリーが稼げます。一生懸命に芯でつかまえようと頑張らなくても、いつものリズムで自分のスイングをすることに集中できる。これはシャフトも素晴らしい。ねじれの少ない中調子でクセがなくヘッドのパフォーマンスを最大限に引き出してくれる。58gのシャフトは、まあまあの重量なのに、全体重量が軽い。ヘッドが少し軽くて、グリップが軽量化されている。全てが絶妙に調和され極上な仕上がりになっている。本当に打ちやすいFWです。

飛距離 4.5
構えやすさ 4.5
デザイン 4.5
打ちやすさ 5++
操作性  4
打感 4.5

Titleist VG3 フェアウェイ メタル の試打の評価はこちら

②HONMA Be ZEEL 535 フェアウェイウッド

ソールのフェース寄りに彫られている「GROOVE POWER AREA」という溝の効果なのか、フェース面全体がが大きくたわんでスイートエリアがかなり広く感じる。オフセンターでも飛距離のロスが少ないし、確かにギア効果が大きい。ちょっとプッシュ気味に出たショットがドロー回転で戻ってくれる。ヒール気味のショットはフェード回転で戻ってくれるし、飛距離もまずまず。センターでとらえると低スピンの高弾道で空高く飛び出し、予想以上の着弾点に到達する。しかもインパクトで自然にフェースがターンするからドロー回転が打ちやすい。フェードも意外に打ちやすい。欠点が見当たらない感じです。打感は柔らかいだけじゃなくアスリートっぽい分厚さがあり実に心地いい。オフセンターでも悪い打感にならない。

飛距離 5
構えやすさ 4.5
デザイン 4.5
打ちやすさ 5+
操作性   4
打感 5

本間ゴルフ ビジール 535 FW(2018) の試打の評価はこちら

③YAMAHA RMX FW 2018年モデル

気持ちよく拾って、よくつかまってくれる。インパクトでフェースがボールを捕まえてから高反発で弾き返して、かなり強い弾道でぶっ飛びます。スライサーがプッシュする不安要素も少ないし、ドローヒッターが、つかまりすぎてフックになる気持ち悪さもない。前モデルと同じく高反発の弾き感とソフトな感触が同居して、なんとも心地よい打感です。フェアウェイウッドの打感としては最高点を付けたくなる。少々トップ気味でもよくフェースがたわんでくれるし、ヒール気味でも悪い感触にならない。ヘッドに無駄な動きがないから、ボールにコンタクトしやすくて大きなミスにならないし操作性も悪くない。セミストロングロフトの5W(17°)はスプーンの代わりにもなり、1本で2本分の機能を果たしてくれる。アスリートっぽい味付けなので非力なアベレージゴルファーには少々手強いかも。

飛距離 5+
構えやすさ 4
デザイン 4
打ちやすさ 5+
操作性  4
打感 5+

ヤマハ RMX(リミックス)フェアウェイウッド(2018) の試打の評価はこちら

④Callaway Steelhead XR フェアウェイウッド

この短尺は予想以上に効果的で、なるほど5Wなのに7Wを打つようなやさしさがある。0.5インチ違うとこんなにも振りやすいのかと感心する。ヘッドの低重心の効果でよく拾い、中高弾道で低スピンのドロー系の球筋でよく飛びます。オリジナルカーボンとしては、適度な重量感があってスイングプレーンを作りやすく、とってもボールにコンタクトしやすい。フェースの動きは大人しくて過剰にターンしないが、上げて下ろすだけでよくつかまります。よくフェースにボールが乗っかるし、オフセンターでも距離のロスが少ない。ドローもフェードも打ちやすい。本当に楽に打てるクラブです。打感は、カップフェース独特の弾き感が心地いい。0.5インチ短いことによる飛距離性能のデメリットは感じません。フェアウェイウッドが苦手なゴルファーが、得意クラブになるかも。番手には、ロフトが7番ウッド長さが4番ウッド相当の HEAVENWOOD(ヘブンウッド)も用意されているが弾道が低いゴルファーにお勧めしたい。

飛距離 5
構えやすさ 4.5
デザイン 4.5
打ちやすさ 5
操作性  4
打感 4.5

キャロウェイ スティールヘッド XR フェアウェイウッド の試打の評価はこちら

⑤YONEX EZONE GT フェアウェイウッド

ヘッドスピードのターゲット層(40m/s前後)なのに結構ずっしり感があるが、めっちゃ打ちやすい。よく拾って自然にに高弾道になり真っ直ぐな弾道でよく飛びます。重量のおかげでスイングプレーンが作りやすくてダフリや引っ掛けのミスは出にくいし、フェースに当たってくれれば高く上がるって感じで、オートマチックにボールを捕まえてくれる。スイングスピードが速くなくても問題はなさそうで、ヘッドスピードを落として振っても、しっかりとスピンがかかって高く上がってくれる。最大の特徴はフェースの「ナナメ溝」です。一般的な横溝よりもスピン軸の傾きが小さくなり、左右にブレにくく方向性が安定する。濡れた芝からのショットにも安定感がある。番手間のシャフト長が0.75インチのピッチになっている。7番はヘッドも小さいし短いからユーティリティのような使い方ができる。

飛距離 4.5
構えやすさ 4.5
デザイン 5
打ちやすさ 5+
操作性   4
打感 3.5

ヨネックス イーゾーン GT フェアウェイウッドの試打の評価はこちら

⑥DUNLOP  XXIO Ⅹ (ダンロップ ゼクシオ テン) フェアウェイウッド

振り抜きやすく、インパクトゾーンをヘッドが速く走ってボールをしっかりとつかまえてくれる。バランスの良さは超一級品でシャフトのしなりとヘッドのターンがピッタリと連動して出球の方向が安定する。インパクトで捕まえようとか払い打ちしようとかなど何も考えなくても、オートマチックにボールが捕まって高弾道の放物線を描いてくれる。ゼクシオ ナイン FWよりもシャフトが全番手0.25インチずつ長くなり、重量は少し軽くなった。飛距離性能は前モデルよりも確実に進化している。芯でとらえた時も飛ぶが少々オフセンターでヒットしてもナイスショットと変わらぬ結果になるので、リラックスして自分のスイングをするでけでいい。ミヤザキモデルとレギュラーモデルは両者ともクセがなく振り心地が似ているので、ヘッドスピードに合わせて選びやすい。

飛距離 5
構えやすさ 4.5
デザイン 4.5
打ちやすさ 5
操作性   3.5
打感 4.5

ダンロップ ゼクシオ 10(テン) フェアウェイウッド(レギュラーモデル) の試打の評価はこちら

⑦PING G400 フェアウェイウッド(スタンダードタイプ)

よく拾ってよくつかまって抜群の方向性で左右に曲がらない。番手を間違えたのかなと思えるほどの球の高さとやさしさ。センターでヒットするとボールを捕まえながらフェースがたわみ、分厚い打感になる。マレージングフェース独特の弾きで、溜め込んだパワーを一気に弾き返してくれる。オフセンターでヒットしてもインパクトでヘッドがブレずに真っ直ぐに飛ぶ。ヒール気味に当たってもヘッドが力負けしないような感じがする。ピタッと地を這うような重心の低さを感じリーディングエッジがボールと地面の間に潜り込んでくれる。高弾道のストレートボールが基本だが、操作するとドローもフェードも打ちやすい。さらにつかまって高弾道が打ちやすい「ピン G400 SF TEC フェアウェイウッド」もラインナップされているが、ロフト角がスタンダードタイプよりも1.5度ずつ大きから、この「3W、5W、7W」は、「4W、6W、8W」というロフト設定と言ってもいい。その高さには驚きです。

飛距離 4.5
構えやすさ 4.5
デザイン 3.5
打ちやすさ 5+
操作性  4.5
打感 4.5

ピン G400 フェアウェイウッド スタンダードタイプ の試打の評価はこちら

⑧PRGR egg FW(赤egg フェアウェイウッド)2017年モデル

番手のバリエーションは6種類もある。2W(13°)、3W(15°)、5W(18°)、7W(21°)、9W(24°)、11W(27°) という内訳だが、11番ウッドというのはなかなか珍しい。風に強そうな低スピンの弾道でよく飛びラフからのフライヤーみたいにグイグイ伸びる中高弾道の球筋で左右に曲がらない。フェースと「新パワーフランジ」が一体となって弾き返してくれるので、センターを外してもよく飛ぶ。こういうフェアウェイウッドは、芯でとらえる事を考えずに振り抜けるので、いい結果に繋がります。フェースの動きは大人しめで、過剰なターンはしない。ヘッドスピードを上げなくてもコンパクトに振るとよく飛んでくれる。左足下がりなどの不安定な斜面からでも扱いやすいから、ロングホールのセカンドショットでストレスなく距離を稼げるクラブになる。

飛距離 5
構えやすさ 4
デザイン 4
打ちやすさ 5
操作性  3
打感 3.5

プロギア 赤egg(エッグ) フェアウェイウッド 2017 の試打の評価はこちら

あとがき

今回チョイスしたモデルは、良く拾って、良く上がってくれる。打ちやすくて大きなミスにならない。最新のフェアウェイウッドを打つとクラブの進化を実感します。あとは自分のヘッドスピードやスイングタイプとマッチしたシャフトとの組み合わせを選んでください。ロングホールのセカンドで勿体ないミスは最小限にしたいものです。フェアウェイウッドの苦手意識を無くして楽しいゴルフライフを送ってください。

 - お勧めランキング, フェアウェイウッド