楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

飛距離アップにはミート率アップが重要な理由とは

      2018/08/10

「ヘッドスピードを上げれば飛距離アップする」その通りです。でも、ヘッドスピードは、なかなか上がらない。。だから飛距離アップは難しい。。。

そんなことありませんよ。ミート率を上げれば激変します。私は、ミート率アップに取り組んで、見事に飛距離アップを実現しました。しかも以前とヘッドスピードは変わってません。その経緯をレビューします。

飛ばすための3つの要素

「1ヤードでも遠くへ飛ばしたい!」これはゴルファーの永遠のテーマです。その方法は3つあります。
①体力の強化
②スイングの改良
③道具選び

①も②もなかなか出来ないから③になる。

以前レビューしましたが、自分のスイングの欠点を補ってくれるドライバーを使うと、飛距離は伸びます。

吹け上がる人は低スピンのドライバーを、球が上がらない人は上がりやすいドライバーを、スライスする人はよくつかまるドライバーを使えば飛距離は伸びます。道具選びは大事です。やさしく飛ばせるドライバーの条件とは

対症療法より原因療法を

「私はハードヒッターだから、引っかかりやすいので、つかまりにくいヘッドにXシャフトを使ってる」っていう人がいますが、これは「虫歯になったから、痛み止めを飲んでる。」っていう対症療法とよく似てます。

人それぞれ癖があるから道具選びは大事です。でもスイングを改良すると、さらに飛距離アップするし、方向性も良くなります。

「私はハードヒッターだけど、スイングを改良したら引っかからなくなった」これは最強ですよね。さらに飛ぶようになるでしょう。「虫歯になったから治療した」っていう原因療法が望ましいのです。

体力強化もできる範囲でやりたいが、飛んで曲がらないスイングを身につけたい。プロゴルファーは、なんで飛ぶのか??体力もありますが、やはりスイングが素晴らしいです。

ヘッドスピードとミート率

飛距離測定器で計測すると、飛距離とヘッドスピードも表示されますが、その他にミート率なるものが表示されます。実はこれが一番大事なのです。

(ヘッドスピード)×(ミート率)=(ボール初速)

(ボール初速)× 4 = 飛距離
※「4」は目安です。球の高さ、バックスピン量、方向性などによって「4」が変わります。

ヘッドスピードが上がってもミート率が下がったら、飛距離は伸びません。要するに、ヘッドスピードがそのままでミート率を上げれば飛距離アップになるのです。重要なのは、ミート率を上げる事なのです。

その理想的な数値は 「1.50」。だいたいアマチュアの数値は 1.40 ぐらいなので、ヘッドスピードが43m/sの人がミート率を 0.10 上げると、17.2ヤード飛距離が伸びるのです。

逆にミート率はそのままで、17.2ヤードの飛距離アップをさせるには、ヘッドスピードを3.1m/s上げなくてはならないのです。これはかなり難しい。

ミート率アップに取り組んだ

私のミート率が1.40〜1.43でした。まずは、このミート率を1.50 にする事だけを考えていろいろ試しました。すると、46〜47m/sのヘッドスピードを40〜42m/sぐらいにゆっくり振るとミート率が上がったのです。

あえてヘッドスピードを40〜42m/sに合うように、軽くて柔らかいシャフトを装着した グローレF2 ドライバー×オリジナルシャフト(GL6600 SR)で練習しました。

このスペックのドライバーを本来のヘッドスピード(46〜47m/s)で振ると球筋が安定しません。これぐらい極端にスペックを落とすと女子プロみたいな腕力に頼らない、美しいスイングを造る良い練習になります。

上記のデータは、見事にミート率が 1.50 です。ヘッドスピードが40.4m/sなのに、257.6ヤードです。しかもまっすぐに飛んでます。ミート率を上げると、軽く振っても飛んで曲がらない。女子プロゴルファーが飛ばせる秘訣はここにあったのですね。

その後、少しずつヘッドスピードを上げて、本来のヘッドスピードでミート率 1.50 を持続できるように練習しています。45m/sぐらいでも「1.50」で振れるようになって、以前より随分飛距離アップしました。自分のヘッドスピードの限界点は、ミート率が下がらずに振り抜ける速さだと思うので、フォームを崩さないように慎重に練習しています。

ミート率を上げる秘訣、その1

ミート率を上げるには、安定したスイングプレーンが大事です。一番のテーマは、スイング中に常に身体の正面からクラブを外さないことです。

タメを作る、手首でフェースをターンさせる、のはNG。

ダウンスイングを腰を先に始動させるのも、やりすぎは禁物です。そして、前傾姿勢を保ったまま、軸がブレないように打つことです。

以前レビューしましたが、私は、話題の「スイングトレーナー」でこのスイングが簡単に身につきました。
(レビュー記事はこちら→「スイングトレーナー」で正しいスイングが身につく理由とは

・脇が締まった高いトップが作りやすくなった
・ダウンスイングで体から手と肘が離れない
・グリップエンドが、ずっとおヘソを向いてるような感じで振り抜ける
・体で腕とクラブを回してるような感覚
・高いフィニッシュに収まる

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

ミート率を上げる秘訣、その2

なんとミート率が1.50になった背景にはこのドライバーがあるのです。いろいろ試しましたが、この「グローレF2 ドライバー」は、ミート率が上がりやすいドライバーです。

改めてシニアプロや女子プロの使用率がダントツに高い理由がわかった。
テーラーメイド GLOIRE F2ドライバーは、初代を超えたのか

まとめ

ミート率を上げると、劇的な飛距離アップになるし、曲がらない。ヘッドスピードを上げなくても飛距離アップができるし、安定した球筋が打てる。ヘッドスピードは、なかなか上げられないが、ミート率アップは、そんなに難しくない。

 - ゴルフって?, ドライバー, 上達法