楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

本間ゴルフ Be ZEAL 535 ドライバー(2018)の試打&評価

      2017/12/18

HONMA(ホンマ) Be ZEEL(ビジール) 535 ドライバー を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【ロフト】
10.5°
【シャフト】
・VIZARD for Be ZEAL (S) 45.75インチ
・VIZARD for Be ZEAL (SR) 45.75インチ

本間ゴルフのBe ZEAL(ビジール) シリーズのターゲット層は、“1打でも縮めたい”“1ヤードでも飛ばしたい”という向上心を持ってゴルフに取り組み、平均スコアは 90 台でありながら、肝心なラウンドでは 100 を叩いてしまうような熱意系アベレージゴルファーです。セミアスリートにも使って欲しいモデルで、TOUR WORLD(ツアーワールド) の弟分に当たる。初代の登場時に「もう100なんて、打たないで!」っていう イ・ボミ ちゃんのCMが、まだ記憶に新しい。あれから2年が経ちました。

ロフトのバリエーションは、9.5°と10.5°の2種類で、ライ角、シャフト長 は前モデルと同じ。好評だった前モデルの「Be ZEAL 525 ドライバー」からどんな進化を遂げたのかな。。

構えてみると

構えると、真っ黒だった前モデルから一転、明るい紺色に塗られたヘッドがやさしさをイメージさせてくれる。投影面積が大きい丸型のヘッドはシャローバックで、どっしりと座りが良く球が上がりそうな安心感があり、ストレートに構えやすい印象。

外観がかなり変わった

①ソールの溝
クラウン部の色も変わったが、設計上の違いも大きい。ソールを見るとフェース寄りに「GROOVE POWER AREA」という溝が彫られている。この溝の特徴はセンター付近が狭く浅く、トゥ側やヒール側の外へ行くほど広く深くなる。これによりミスヒット時のギア効果があるらしい。さらにクラウン方向へ回り込むように刻まれ、反発エリアが拡大しオフセンターでの飛距離の安定性を実現している。テーラーメイド、タイトリスト、ミズノ、オノフ など多くのクラブメーカーがこの溝を採用しているが、それぞれに特徴がある。共通して言えることは、効果が大きいと実感できることです。

②低重心化
横から見るとクラウンのお尻の部分が地面すれすれになり、重心が深く低くなった。どっしり感が増して、高弾道が打ちやすくなっている。

③可変ウエイトが装備されない
前モデルはソールに2個の可変ウエイトがあり重心位置が変えられたが、今回は装備されない。取り換え不可の7gものウエイトがヒール寄りに配備され、ヘッドが返りやすくなった。

前モデルはかなり評価が高かったのに、大幅に進化した。真っ向勝負となるのがゼクシオシリーズ。10代目になる「ゼクシオ テン ドライバー」や「ゼクシオ テン ドライバー Miyazaki モデル」が外観上の大幅な変化がないのとは対照的である。

打ってみると

打ってみると、よくつかまって高弾道のドローボールでぶっ飛びます。まずはつかまりの良さに驚き! インパクトでボールを包み込みながらフェースがターンして一気にリリースする感じが気持ちいい。しかも、スイートエリアが広いからオフセンターでも同じような打感でぶっ飛びます。特にヒール気味のショットに強い。ヒールでも飛距離のロスが少ないし、右に吹けない。これは溝の効果なのか、確かにギア効果でミスを軽減してくれる、、とっても打ちやすいです!!また、よくつかまるのに引っかからないのはお見事。操作性は苦手かも。私の技量ではフェードが打てないけど、スライスやプッシュが出にくいということです。

そして、飛距離性能にも驚き! これ、マジで飛ぶ。。。バランスがいいからナイスショットしやすいが、その飛距離は強烈です。前モデルは打ちやすくてミスに寛容なドライバーだったけど、特別飛ぶような印象は無かった。でもでも、、このニューモデルは、飛びます!力強い弾道でよく飛んでくれる。打感は分厚さがあり、インパクトで1押し余分に仕事してくれる感じがアスリートっぽい。音もなかなかいい。「芯食ってる〜」っていう実感が湧いてくる。好みの感触です。シャフトがもう少しハードだったら衝動買いしそう。。。

このドライバーは非常にバランスがいいし振り抜きやすい。いつものスイングでしっかりとフェースでボールを捕まえながらビッグドライブを実現します。ヒールでも飛んでくれる。体力が衰え気味のシニアが、ハイドローで自信を取り戻せると思う。。。若いアベレージゴルファーにも使って欲しいが、若いうちからこんなに楽しちゃっていいのかなぁ、、きっと「1打でも縮めたい」「1ヤードでも飛ばしたい」そんな目的は軽くクリアできるので、ゴルフをナメてしまうのではと余計な心配をするほど素晴らしいドライバーです。

ライバルは(2018年にやさしく飛ばせるおすすめドライバー7選)に詳しくレビューしました。

シャフトは

シャフトは、本間ゴルフのオリジナルカーボンのVIZARD for Be ZEALの3種類のフレックスから選ぶことに。ソフトでもグニャリ感がないから、合わせやすいシャフトですよ。前モデルよりもよく走る感じがする。(S)シャフトで、ヘッドスピードが40〜43m/sぐらい、(SR)で、38〜41m/sぐらい。これは素晴らしい。ホンマのオリジナルシャフトは絶品です。
本間ゴルフ Be ZEAL 535 ドライバー が、安く購入できる。

まとめ

本間ゴルフ Be ZEEL(ビジール) 535 ドライバー は、よくつかまるしミスに強い。安定したビッグドライブが打てる。

・振り抜きやすい
・自然にフェースが返る
・よくつかまる
・高弾道
・優れた方向性
・ミスが出にくい
・ぶっ飛ぶ

進化というより、別物です。強烈に飛ぶし、打ちやすい。ゼクシオ テンと肩を並べた感じがする。

飛距離 5+
構えやすさ 4.5
デザイン 4.5
打ちやすさ 5+
操作性   3.5
打感 5

 - HONMA, ドライバー