楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

全米オープン優勝! B・ケプカ のクラブセッティングは?

      2017/08/24

 今年(2017年)のUSオープンで、2位と4打差の16アンダーで優勝したのは、アメリカのブルックス・ケプカ(27)。日本のダンロップ・フェニックス・トーナメント でも優勝するなど日本人にも馴染みの深い若手有望選手です。圧倒的な飛距離と、安定したパッティングを武器に、見事にメジャー初優勝を果たしました。彼はナイキと用具使用契約を結んでいたが、ロリー・マキロイ、タイガー・ウッズ等と同様にナイキのゴルフギア事業撤退により、テーラーメイドのドライバーを使用しています。

松山くんは、惜しくも2位、、、

日本人男子メジャー初優勝が期待された松山英樹は、8バーディ、2ボギーの「66」と6つ伸ばし、通算12アンダーで惜しくも2位Tでホールアウト。これは、1980年、バルタスロールで開催され、ジャック・ニクラウスと4日間死闘を演じて2位となった青木功以来の快挙と言っていいが、それにしても惜しかった。。。

松山くんは、近い将来必ず勝ってくれるに違いない。世界中のファンが皆がそう確信したと思います。

ケプカのクラブセッティング

B.ケプカは、世界屈指の飛ばし屋ですが、とてもやさしいクラブセッティングをしています。これは参考にしたいものです。

【ドライバー】
テーラーメイド M2 2017 (9.5°) Diamana D+ 70 TX
【フェアウェイウッド】
テーラーメイド M2 2017 (15°) Diamana D+ 80 TX
【アイアン】
ナイキ Vapor Fly Pro (3番) Fujikura Pro 95 Tour Spec
ミズノ JPX-900 Tour (4番〜PW) Dynamic Gold X100
【ウェッジ】
タイトリスト Vokey Design SM5(52°,56°), SM4 TVD (60°) Dynamic Gold S400
【パター】
Scotty Cameron Newport 2
【ボール】
タイトリスト Pro V1x

マスターズを制した M2ドライバー

2017年のメージャーは2戦終わって、テーラーメイドのM2ドライバーの独壇場となっています。。。マスターズを制したセルヒオ・ガルシアも、飛距離と方向性が素晴らしかった。U.S.OPEN のテレビ中継を見てても、M2ドライバーが非常に多かったです。近頃、ドライバーのみテーラーメイドと使用契約を結ぶプロも増えてきたようです。M2やM1を使いたいと、プロ側からのオファーが多い。やっぱり、トッププロでも、やさしく飛ばせるドライバーに人気があるようです。M2ドライバーは、プロの間でも人気ナンバーワンのようですね。350ヤード先の狭いフェアウェイを確実にキープする光景を目にすると、欲しくなってしまいます。。。。

ミズノのJPXアイアン??

アイアンが、「MIZUNO JPX 900 TOUR アイアン」です。日本では未発売のワールドワイドモデルで、人気の高いアイアンです。アメリカでは「JPX 900 フォージド アイアン」の上級モデルの位置付けで、MP-66と同じノーマルロフト。アスリートが優しく狙えるアイアンのようですね。マッスルバックアイアンを使わないトッププロプロが多くなってきた。アイアンも、ドライバーも、タフなコースを戦略するには、やさしさが求められるようになってきた。




まとめ

USオープンを制したクラブは、M2ドライバー に、JPX アイアン。やさしいクラブで見事にトーナメントレコードタイの16アンダーを記録しました。ケプカ選手おめでとうございます。松山くんの優勝が近い!!

 - クラブセッティング, メジャー大会