楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ヨネックス EZONE GT フェアウェイウッド の試打&評価

      2018/09/08

YONEX EZONE GT FW (ヨネックス イーゾン GT フェアウェイウッド) を試打しました。どんなクラブなのか、評価と感想をレビューします。

試打クラブ

【ロフト】
 5番 (18°)
【シャフト】
REXIS for EZONE GT(S) オリジナルカーボン

YONEXの「EZONE(イーゾーン) GTシリーズ」はヘッドスピードが40m/s前後のゴルファーがターゲットです。

フェアウェイウッドの番手バリエーションは 3番(15°)、5番(18°)、7番(21°)の3種類。

カチャカチャでライ角調整ができるし、ソールの後方部分にあるウエイトの入れ替えで重心位置が調節できる。

大きな特徴はフェースの「ナナメ溝」

「ヨネックス EZONE GT フェアウェイウッド」 の最大の特徴はフェースの「ナナメ溝」です。一般的な横溝よりもスピン軸の傾きが小さくなり、左右にブレにくく方向性が安定する。濡れた芝からのショットにも安定感がある。これは同シリーズのユーティリティにも採用されている。

フェース面いっぱいに溝が刻まれている。

構えてみると

構えてみると、引き締まった美しい小顔のクラウン部分にカーボン素材の織り目が確認できる。

このサイズ(152cc)は、かなり小さめで、アスリートモデルの中の上級者用の小さいバージョンと同じぐらいの大きさです。5番ウッドで比べると、例えば「本間ゴルフ TOUR WORLD TW737 FWc」 の150cc、「ヤマハ RMX FW FOCUS」 の151cc、などと同じぐらいの大きさになる。アベレージゴルファー向けの7番ウッドを構えてるような感じがする。

振り抜きやすさや抜けの良さが期待できる顔立ちです。ユーティリティからの流れで構えやすい。

そしてフェースの「ナナメ溝」がスクエアに構えづらくないのかな、、慣れるのにちょっと時間がかかるかも、、って思ったけど、これは全然気にならない。

試打の評価は

素振りをすると結構ずっしり感がある。ヘッドスピードのターゲット層(40m/s前後)からのイメージでは、もっと”ふわふわ”するかと思ったけど、むしろアスリートっぽさを感じる。

打ってみると、めちゃくちゃ打ちやすい!よく拾って自然に高弾道になり真っ直ぐな弾道でよく飛びます。

確かに素振りの印象と同じで、この重量感やシャフトの動きはもう少しヘッドスピードが速いゴルファーに適しているような気もする。でも、そのおかげでスイングプレーンが作りやすくてダフリや引っ掛けのミスは出にくいし、フェースに当たってくれれば高く上がるって感じで、オートマチックにボールを捕まえてくれる。

スイングスピードが速くなくても問題はなさそうで、ヘッドスピードを落として振っても、しっかりとスピンがかかって高く上がってくれる。これぐらいのスペックの方が安定感があるかも。フェアウェイウッドは長いクラブなので、”ぐにゃぐにゃ”、”ふわふわ”は大きなミスになりやすい。

YONEX EZONE GT FW (ヨネックス イーゾン GT フェアウェイウッド) の最大の特徴である「ナナメ溝」の効果なのか、左右に曲がらず安定したスピン量を確保してくれる。

ミスに強い

オフセンターでも飛距離のロスが少ないし、曲がらないから左右のブレが少ない。ロングホールの第2打地点で、狭いフェアウェイに向かって打つ時には飛距離よりも方向性が大事になってくる。まずはOBゾーンや池やバンカーに入れないように大きなミスを避けたい。そうすればパーの可能性が高くなる。

このような左右に曲がりにくいフェアウェイウッドは、実戦で効果的な役割を果たしてくれるのです。

でも、決して飛ばないわけじゃないですよ。ぶっ飛び感はないけれど、高弾道で確実にキャリーを計算できるから、池越えやバンカー越えのショットも安心して振り抜ける。

小さめのバックスイングでヘッドの重さを利用してダウンスイングするとしっかりとボールをとらえてくれるから、フラットじゃないライでも打ちやすい。これはゴルフ場でプレーをしてから評価が上がるクラブですよ。がっかりしないと思う。。。

打感はやや硬めだが不快な感触ではない。「ボールをちゃんと弾いてますよ〜」って伝わってくるから手応えがある感じ。操作性は苦手かも。高弾道の真っ直ぐが得意なクラブです。

このフェアウェイウッドは、番手間のシャフト長が0.75インチのピッチになっている。5番が標準の長さで、長めの3番は飛距離を意識しているのかな。7番はヘッドも小さいし短いからユーティリティのような使い方ができる。7番はめっちゃ便利かも。ラフからも打ちやすそう。

こちらも参考にして下さい→2018年おすすめの打ちやすいフェアウェイウッド8選

シャフトは

シャフトは、ヨネックス・オリジナルカーボンのREXIS for EZONE GT の3種類のフレックスから選ぶことに。

振り心地がいい中調子のシャフトでグニャリ感がないから合わせやすい。(S)でHS41〜44m/sぐらい。意外にしっかりしてるのでメーカーの説明よりも、もう少しヘッドスピードが速いゴルファーにも使えそうです。

ヘッドがカーボン・コンポジット構造なのに価格が安い!
ヨネックス EZONE GT フェアウェイウッド が安く購入できる。

まとめ

ヨネックス EZONE GT フェアウェイウッド は、200ヤード以上先にやさしく運べる。ボールにコンタクトしやすく、まっすぐに飛んでくれる。池ぽちゃなんて怖くない。

・振り抜きやすい
・よく拾う
・高弾道
・まっすぐに飛ぶ
・ミスに強い
・コンタクトしやすい

ロングホールの大叩きの原因の多くは2打目の大ミスです。それが無くなれば楽ですね。これはめっちゃ打ちやすい!小顔好きにもオススメ。

【総合評価 8.8】
飛距離  9
やさしさ  10
弾道の高さ  9
つかまり  8
構えやすさ  9
操作性 8
打感 7

 - YONEX, フェアウェイウッド