楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

ヤマハ RMX 218 アイアン の試打&評価

      2017/12/18

YAMAHA RMX(リミックス) 218 アイアン を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【番手】
7番(30°)
【シャフト】
・FUBUKI AI ⅡIRON 50 (SR)
・NS PRO RMX95 (S)

2018年モデルのRMX(リミックス)シリーズのアイアンには、マッスルキャビティの「RMX 018 TOURMODEL アイアン」とキャビティの「RMX 118 アイアン」、ポケットキャビティの「RMX 218 アイアン」の3種類ある。前者2モデルは軟鉄鍛造となる。

構えてみると

構えてみると、トップブレードが厚くセミグースネックでやや面長。兄弟モデルの「RMX 118 アイアン」よりもひと回り大きくて、ガッツリ捕まりそうな顔。上からポトリと落として止まるような高い球を打てそうなイメージが湧いてくる。バックフェースのポケットが深いし、外側のトゥ側が分厚くて重心の深さが解る。見るからに慣性モーメントが高そうな印象です。

ヤマハのアイアンにはよく見られる仕様だが、角番手間のライ角が0.25°刻みになっている。バックフェースのデザインの色彩がなかなかカッコイイ。

打ってみると

打ってみると、フェースが弾く弾く! 気持ちいい! マレージン鋼の肉薄フェースが瞬時に大きくたわんでポーンと弾き返してくれる。しかもやさしい! よく拾うから、アバウトに払い打ちをするだけでいい。そしてフェースにヒットしたら低スピンの高弾道で真っ直ぐに飛んでくれる。まるで弓矢のように飛び出した方向へ一直線に飛んでくれます。スピンで止める感じじゃなく、球の高さで止める印象です。飛距離は確実に1クラブ以上の飛びが確保できる。さすがに7番のロフトが25〜26度のぶっ飛びアイアンほどではないけど、しっかりと大きなキャリーで、ぶっ飛んでくれます。

ミスヒットにも強く、フェース全体とまでは言わないが、どこまでがスイートエリアなのか分からないほど広い。フェースローテーションも控え間なのでインパクトゾーンでのフェースの動きが大人しい。芯でとらえることや、真っ直ぐに打つことなどゴチャゴチャ考えなくても、ゆっくりと自分のスイングが素振りと同じようにできる。その結果、さらにナイスショットになってくれる。やさしいクラブはいつの間にやらフォームを崩してしまうことがあるけど、これは逆です。結果を気にせず振り抜けるから、綺麗なスイングを作ることができるかも。。。やっぱり操作性はあまり良くない。これは当たり前だが、コスっても真っ直ぐに飛んでくれるし、引っかかりにくいから、ドローやフェードは打ちづらい。コントロールショットを打ってもぶっ飛んでしまう。このクラブのターゲットゾーンからすれば球を曲げたりライン出しをしたり必要ないと思うが、、、

丸いソール

フェースの正面から見ると、リーディングエッジが極端に丸くラウンドしている。これならつま先上がりやつま先下がりのライで芝に引っかかりにくい。また、バウンスは打ち込んでも刺さりにくい形状になっている。マットの上でもソールがメッチャ滑ってくれるのがよく分かる。ゴルフ場にはフラットなライなんてほとんど無いから、これはかなりの効果が期待できる。この「RMX 218 アイアン」は、芝の上からやさしく打てるアイアンに仕上がっている。

兄弟モデルの「RMX 118 アイアン」も軟鉄鍛造としてはかなりの飛距離性能だが、7番で1度しかロフト角が違わないのに飛距離の差は大きい。やさしさも比較にならない。でも、もっと飛距離が欲しければヤマハには、「inpres UD+2 アイアン」というベストセラー・アイアンがある。ストロングロフト&長尺シャフトで2番手以上のぶっ飛びなので、そこまで必要か否かが選択のポイントになりそう。この「RMX 118 アイアン」なら初級者からセミアスリートまで満足できます。

ライバルアイアンは(2018年に全ゴルファーがやさしく狙えるお勧めアイアン7選)に詳しくレビューしました。

シャフトは

シャフトは、2種類の軽量スチールと1種類のカーボン。

N.S.PRO RMX95 (S)
N.S.PRO RMX85 (R)
FUBUKI Ai Ⅱ IRON 50 (SR)(R)

N.S.PRO RMX95(S)は一般的な950GHの(SR)に似た感じだが、N.S.PRO RMX85(R)はさらに軽くて柔らかい。シャフトに描かれたロゴマークがモーダスの色違いみたいで、かっこいい! FUBUKI Ai Ⅱ IRON 50 は、軽くて、よくつかまって、よく飛ぶ。前モデルのシャフトから、つかまりが進化している。軽くてもタイミングが合わせやすい。これは、かなり打ちやすい軽量カーボンシャフトです。
ヤマハ RMX 218 アイアン が、安く購入できる。

まとめ

ヤマハ RMX 218 アイアン は、高評価だった前モデルよりも、さらにミスに強く、ぶっ飛ぶアイアンです。

・高い弾道でぶっ飛ぶ
・よくつかまる
・よく拾う
・スイートエリアが広い
・優れた直進性
・打ちやすい

ぶっ飛ぶアイアンは、他にもいろいろあるが、これほどワイドスイートエリアのアイアンは、少ない。本当にやさしいです。

飛距離 5+
構えやすさ 4.5
デザイン 4.5
打ちやすさ 5
操作性   3
打感 4.5

 - YAMAHA, アイアン