楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ヤマハ RMX 116 TOURBLADE アイアン の試打&評価

      2018/09/10

YAMAHA RMX(リミックス) 116 TOURBLADE(ツアーブレード)アイアン を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

【番手】
7番(34°)
【シャフト】
Dynamic Gold (S200)

現行のRMX(リミックス)シリーズのアイアンには、

プロが求める操作性を実現したハーフキャビティの「RMX 116 TOURBLADE アイアン」
飛ばせる軟鉄鍛造の「RMX 116 アイアン
高反発で1番手上の飛びの「RMX 216 アイアン

の3種類ある。

このツアーブレードは「藤田、谷口プロが求めた打感と操作性」が味わえるのか楽しみ。2,000セット限定生産です。

構えてみると

構えると、ストレートネックで操作しやすそうなプロ好みの小顔です。

直線的なトップブレードが、より繊細なショットをイメージさせてくれる。何か懐かしい感じさえする、これぞアスリート顔です。

バックフェースもかっこいい。このアイアンは番手別にバックフェース上部の厚さを変えて重心高を変化させることで、狙い通りの番手ごとの弾道を実現させている。

特にショートアイアンはラインを出しやすく、高さとスピンをコントロールしやすく仕上げられているらしいが、プロのこだわりが詰め込まれた設計です。

打ってみると

打ってみると、よくフェースがターンして多めのスピン量で中弾道の球筋。ダウンブローに打つと、気持ち良くつかまるが、払い打ちでは薄めの感触になる。

打点がブレるとそのまま飛距離のロスになる。ただ、よくフェースが返るから、打ち込みやすいクラブです。

インパクトで自然にコックがほどけるので、振り遅れる感じがなく、よくヘッドが走ってくれる。今どき珍しくなってきたノーマルロフトの割には飛距離はまずまず。

私が打つと自然にドローになり、逃がしたい時だけターンを抑えればフェードになる。高低もライン出しも、操作しやすい。この硬めの「ガツン」とくる打感が、距離感を出しやすい。積極的にフェースをターンさせるゴルファーなら、ハードヒッターじゃなくても、打ちやすく、操作しやすい、やさしいアイアンです。

元来ヤマハの鍛造アイアンは打感が硬めだが、これも硬めです。ミズノやタイトリストやフォーティーンのようなソフトな感触じゃなく、ガツンと芯がしっかりした感じで、硬さと柔らかさが同居した分厚い打感です。

私はMPアイアンのトロけるような柔らかい打感が好きだが、意外に好みが分かれるようです。このような「手応えがある方がいい派」も、結構います。

硬いと言っても、軟鉄鍛造アイアンの中での比較なので、一般的には柔らかい部類に入ると思う。このアイアンは日本刀と同じ「焼きなまし製法」を採用したとのことだが、これがこの TOUR BRADE の分厚い打感のキモのようです。

削り出しアイアン??

「焼きなまし製法」の採用で「プロの削り出しのアイアンと同等の柔らかさを実現した。」って説明が記されてます。

以前は、見た目がカタログ商品と同じに見えるように作られた、特注品の削り出しアイアンを使ってるプロが多かった。

最近は、そこまでこだわらないプロが増えたって聞いたけど、今でも「軟鉄削り出し」という特注品のアイアンを使ってるプロがたくさんいるのかな、、、、

藤田プロや谷口プロが、使ってるのかな。。。

削り出しは、大量生産ができないし、コストが掛かりすぎる。タングステンを埋め込んだり、複雑な形状が出来ない。個体差もある。どうなんでしょう。。。

シャフトは

シャフトはDynamic Gold (S200) のみの設定です。

まとめ

ヤマハ RMX 116 TOURBLADE アイアン は分厚い打感でコントロール性抜群。つかまえやすく、かっこいいアイアンです。

・フェースが返りやすい
・分厚い打感
・操作性がいい
・よくつかまる
・抜けがいい

「藤田、谷口プロが求めた打感と操作性」が、しっかりと詰め込まれたアイアンです。

飛距離 4
構えやすさ 4.5
デザイン 4.5
打ちやすさ 4
操作性  5
打感 4.5

 - YAMAHA, アイアン