楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

ヤマハ RMX 018 TOURMODEL アイアン の試打&評価

      2018/08/08

YAMAHA RMX(リミックス) 018 TOURMODEL(ツアーモデル)アイアン を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【番手】
7番(35°)
【シャフト】
Dynamic Gold 120(S200)

2018年モデルのRMX(リミックス)シリーズのアイアンには、マッスルキャビティの「RMX 018 TOURMODEL アイアン」とキャビティの「RMX 118 アイアン」、ポケットキャビティの「RMX 218 アイアン」の3種類ある。前者2モデルは軟鉄鍛造となる。

構えてみると

構えてみると、ストレートネックでトップブレードが薄いアスリートっぽい小顔は見惚れてしまうほど美しい。いかにもトップアスリートが好むコントロールしたくなる顔は、兄弟モデルの「RMX 118 アイアン」よりも2回りぐらい小さく見える。ラフから打っても芝の抵抗が気にならないようなイメージが湧いてくる。バックフェースの形状は上部にわずかのくびれがあるが、ほとんどマッスルバックに近い設計です。ピカピカの下部のブレードが分厚い打感を予感させてくれる。アイアンは機能で選ぶべきだが、これはカッコイイので試打する前から欲しくなってしまう、、悪い癖です。。。。

こちらも参考になります→2018年上級者にオススメしたい ハーフキャビティ・アイアン5選

試打の評価は

打ってみると、よく拾って、楽に打てる。見た目とは違って、ハードヒッターじゃなくても球が上がるし、スイートエリアが意外に広い。わずかなキャビティ構造がずいぶんスイートエリアを広げているような感じがする。それでもってマッスルのような粘りもある。センターよりも下部でヒットしても打感が悪くないし、距離のロスも少ない。少し芯を外しても許容範囲に収まる。ハーフキャビティと、マッスルバックのいいとこ取りかなぁ。

鋭角に打ち込むまなくても、十分につかまってくれるし、インパクトでフェースが自然にターンして、ボールを分厚く押し込んでくれる。打ち込むと、フェース寄りのバウンスがよく跳ねてその瞬間にボールをつかまえてくれるような感触になり、低い弾道でスピンがよくかかってくれる。このソール形状はかなり打ちやすい。

柔らかくて分厚い打感は、なかなかいい。ボールとフェースの接地時間が長く感じます。そのおかげで、ライン出しをすると距離感が出しやすい。インパクトの瞬間の右手の押し込み方で縦の距離を調節できる。打った感触からのイメージとと、着地点がほぼ一致するので安心してコントロールしできる。打感と操作性の評価は最高点を付けたい。また、後ろからグッと一押ししてくれるから、ラフでも芝の抵抗に負けずにコントロールできそう。

「ヤマハ RMX 018 TOURMODEL(ツアーモデル)アイアン」のロフト角が、兄弟モデルの「RMX 118 アイアン」より丁度1番手大きい。やはり飛距離性能も1番手分飛ばない感じがするが、私はむしろこの方が好きです。7番が34〜35度のノーマルロフトのアイアンは、5番〜PWのロフト角が4度刻みになっているので番手間の距離が一定になり、ビトウィーンの距離が合わせやすい。上級者は左右のブレよりも縦の距離が大事になってくるので、ノーマルロフトの方が楽にラウンドできるのです。このアイアンは飛びすぎる球が出ないから、想定外のグリーンオーバーになりにくい。上級者が安心出来るアイアンです。

こちらの記事も参考にして下さい (2017年秋発売のアイアンを試打したらレベルが高かった)

シャフトは

標準仕様のシャフトは、「Dynamic Gold 120 (S200)」のみの設定となる。このニューシャフトは「MODUS3 TOUR 120」よりもちょっと重たい。同じ「120」でも少しハードな感じがする。従来のダイナミック・ゴールドよりも軽くなったけど味付けがよく似てるし、レベルブローで振り抜きやすい感じがする。私的にはタイトリストが採用している 「AMT TOUR WHITE」(Dynamic Gold AMTの名前が変更になった)の方が好きだが、従来のダイナミック・ゴールドから買い替えるならこちらの方が違和感がないかも。(ダイナミックゴールド 120 105 95 をモーダス3と打ち比べ)カスタムの種類が豊富なので使い慣れたシャフトを選ぶこともできる。数量限定なのでお早めに。
ヤマハ RMX 018 TOURMODEL アイアン が、安く購入できる。しかも、打って合わなかったら9割保証で。

まとめ

ヤマハ RMX 018 ツアーモデル アイアン は、アスリートが距離感ぴったりでピンを狙える軟鉄鍛造アイアンです。

・距離感が合う
・抜けがいい
・よくつかまる
・よく拾う
・柔らかくて分厚い打感
・カッコイイ

ウエッジのような感覚でアイアンの距離が合わせられる。しかも意外にやさしい。メッチャ格好いい!

【総合評価 8.3】
飛距離  7
やさしさ  8
弾道の高さ  8
つかまり  9
構えやすさ  9
操作性 10
打感 9

 - YAMAHA, アイアン