楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ヤマハ インプレス UD+2 フェアウェイウッド の試打&評価

      2018/04/15

ヤマハ YAMAHA インプレス UD+2 フェアウェイウッド を試打しました。どんなクラブなのか、評価と感想をレビューします。

【番手】
5番(17°)
【シャフト】
オリジナルカーボンTMX-417F(S)

img_0658YAMAHA inpres UD+2 FW

2014年の発売の前モデル「inpres RMX UD+2アイアン」は常識を超える飛距離でしたが、ラインナップにウッド系は、ありませんでした。「プラス2番手の飛距離」をさらに進化させて生まれ変わった今回のモデルは、ドライバー・フェアウェイウッド・ユーティリティ・アイアンのすべてのクラブがラインナップされています。UDプラス2 アイアンを試打したらドライバーも、ユーティリティも、アイアンもプラス2番手以上のぶっ飛びに驚きました。さて、フェアウェイウッドは、どうな飛びをするのか楽しみです。
ヤマハ インプレス UD+2 アイアンの試打&評価&7番で190y飛んだ!
ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー の試打&評価
ヤマハ インプレス UD+2 ユーティリティ の試打&評価

構えると

img_0660

構えると、ちょっとグースで、見るからに捕まりそう。スライサーが安心できる顔つき。UD+2アイアン、UD+2ユーティリティ、からの流れで、違和感なくアイアン感覚で構えられる。なかなかフェアウェイウッドがつかまらず、こすり球が出やすいゴルファーが安心できる顔です。カラーは濃いめのブルーで、とても綺麗な仕上がり。

打ってみると

打ってみると、よくつかまり、よく上がる。スピン量も少なめで風に強そうな球です。グースネックの効果なのか、ボールにコンタクトしやすいので7Wかユーティリティを打ってるような感覚。本当に5Wなの?って途中何度もソールに刻まれた番手を確認しました。楽です。ショートアイアンのようによくつかまるし、フェースの面に長く接触してるような感じで、実に気持ちいい打感です。

なるほど、確かにかなり距離が出る。「プラス2番手」の飛距離に嘘が無いみたい。ややストロングロフトだが球の高さは通常の5Wより高めで、キャリーが3W並みに出る。捕まえなくても自然に高弾道のドローボールに。右足寄りにボールを置いて低い球を打とうとしても高く上がるし、振り遅れてもプッシュしない。このクラブを使えば、球がつかまらない、上がらない、そんな悩みのゴルファーが、フェアウェイウッドの苦手意識を克服するかもしれない。

img_0659

今回は、5Wの試打でした。3W、5W、7W、9W と豊富なロフトバリエーションがあります。3W だけが、チタンボディで、さらに飛ぶとのことですが、、、5Wも十分飛びますよ。。。。

フェアウェイウッドが得意になると

ラウンド中にフェアウェイウッドを使用する場面が色々あるけど、「とにかく、そこそこ真っ直ぐに飛んでくれたらいい」って思うことが多い。でも、時には池越えのグリーンを狙っていけたらゴルフのレベルが1段も2段も上がります。トップ、ダフリ、ヒールなど、ミスは付き物なので、ミスしてもちゃんとキャリーが出れば有難いです。インプレス UD+2 フェアウェイウッドは、ミスしても飛んでくれるので、ゴルフのレベルを上げてくれるクラブかもしれない。道具を変えるだけで得意クラブになることが時々あります。となると「グリーンの近くまで運びたい」から「グリーンに乗せたい」に変わるかもしれない。

img_0662

シャフトは

オリジナルカーボンシャフトの TMX-417F は、軽量で先中がしなって振り抜きやすいシャフトです。振った感じは、軽すぎず、よく戻り、クラブ全体のバランスがいいので振りやすい。Sシャフトでも少し柔らかめ。
インプレス UD+2 フェアウェイウッドが安く購入できる。

まとめ

YAMAHA インプレス UD+2 フェアウェイウッド は、高弾道でビッグキャリー。アイアンと同じく「プラス2番手」のぶっ飛び。

・よくつかまり、気持ちいい打感
・高弾道
・ミスに強い
・安定した距離

これでフェアウェイウッドを得意クラブにして、距離が長いホールをエンジョイできるかな。ゴルフがさらに楽しくなる。

飛距離 5+
構えやすさ 4
デザイン 4
打ちやすさ 5
打感 4

 - YAMAHA, フェアウェイウッド