楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

ヤマハ インプレス UD+2 アイアンの試打&評価&7番で190y飛んだ!

      2017/12/24

YAMAHA inpres UD+2 アイアン を試打しました。かの有名な、ぶっ飛びアイアン「inpres RMX UD+2アイアン」の新作はどんなパフォーマンスなのか、評価と感想をレビューします。

【番手】
7番
【シャフト】
N.S.PRO ZELOS 7(R)
オリジナルカーボンMX-517i(SR)

img_0527

2014年の発売の前モデル「inpres RMX UDプラス2 アイアン」は常識を超える飛距離でしたがアイアンのみの設定でした。プラス2番手をさらに進化させ生まれ変わった、このモデルは、ドライバー・フェアウェイウッド・ユーティリティ・アイアンのすべてのクラブがラインナップされています。

構えると

かなりのストロングロフトで、7番アイアンのロフト角が26度です。アスリート系アイアンの5番アイアンと同じ。でも、構えてみると何故か立ってるように見えない。せいぜい6番アイアンぐらいにしか見えません。グースも意外に少なめ。バックフェースの出っ張りが低重心をイメージさせてくれるから安心感がある。ぶっ飛び系のアイアンなのに、スッキリデザインで、好感が持てます。

img_0522

過去にも超ストロングロフトのアイアンはたくさんありますが、ロフトが2番手ストロングでも2番手余分に飛ぶことは、なかなかありません。さて、このアイアンはどうかな??

打ってみると

大変驚いたので、飛距離の結果を先にお知らせすると、、、なんと10球の平均飛距離が約183y!190y越えもあります。自分の7番アイアン(ミズノMP-55 ロフト32°)を同時に計測したら平均161y。ん??5番アイアンはどうかな?って次に自分の5番アイアン(ミズノMP-55 ロフト25°)を計測したら平均182y。ちょうど2番手。+2アイアンって事か、、

球の高さは、自分の7番より高い。方向性は、慣れ親しんだMP-55より曲がらない(涙)。ぶっつけ本番でこの結果です。これ、どういう事なの?

img_0526

打感は、まずまず。芯でとらえると弾く感じが柔らかい。ダフリ気味でもソールがよく滑るから飛びます。打ち込まなくても払い打ちするだけで高弾道に。トップしても高弾道で180yキープしてる。でも驚きは飛距離だけじゃなく、球筋の安定性です。高弾道で全然曲がらない。ずっと同じ放物線です。

img_0525

なんで飛ぶのかな?

この7番アイアンは、ロフト角が26度、スチールシャフトの長さが37.75インチですが、ロフトも長さも一般の5番アイアンとほぼ同じです。簡単に表現すると、5番アイアンに7番の刻印がしてある。ただし、普通の7番よりも打ちやすく、球が高く、曲がらない。感覚としては、8番アイアンの 打ちやすさ&球の高さ で5番アイアンの距離が打てるって感じ。これって、すごい事です。7番でも5番でも3番でも、なんでもいいけど、こんなに簡単に180ヤードが打てるなら欲しいな。

img_0523

ライバルはこちらのランキングでチェック→これは飛ぶ!2018年に飛距離を求めるならこのアイアン7選

シャフトは

スチールシャフトは、70g台の超軽量で、手元はしっかりで先がしなって振りやすい。カーボンは、さらに軽量だが、こちらも先がしなって振りやすい。暴れないし合わせやすい。この2種類は同価格ですが、珍しいですね。
ヤマハ インプレス UD+2 アイアンが安く購入できる。

まとめ

ヤマハ インプレス UD+2 アイアン は、本当にプラス2番手の飛距離が出る。しかも打ちやすく曲がらない。

・+2は、大げさじゃなく、本当に飛ぶ
・払い打ちでも高弾道に
・打ちやすくて、曲がらない
・デザインも打感も悪くない

本当にびっくりしました。ドッキリかと思った、、これは是非一度試していただきたいです。

飛距離 5++
構えやすさ 4.5
デザイン 3.5
打ちやすさ 5+
打感 3.5

 - YAMAHA, アイアン