楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ミズノ T7 ウエッジ の試打&評価

      2018/10/09

MIZUNO ミズノ T7 ウェッジ を試打しました。ミズノは、100ヤードを、どのウエッジで打つのか選べるように、数多くのロフトバリエーションを用意してくれました。

さて、どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ

【ロフト・バウンス角】
52°・9°
54°・8°
58°・12°
【シャフト】
ダイナミックゴールド (WEDGE)
MODUS3 TOUR105 (WEDGE)

100ヤードを何で打つか

「ピンまで100ヤード」で、何を使って打ちますか?その精度でスコアが大きく変わります。

100ヤードじゃなくてもいい。80ヤードでも70ヤードでもいい。この距離には絶対的な自信があると言える距離を作ると、一気にハンディキャップが上がります。

でも、できることなら100ヤードをちゃんと打てるようにすると、とても便利です。ゴルフ場のコースには、必ずグリーンのセンターもしくはエッジまで100ヤードの表示があるからです。

また、残り70ヤードより、残り100ヤードの方が、その前のショットで、30ヤードも頑張らなくていい。ロングホールのピンまで250ヤードのセカンドショットで、レイアップする場面だと、180ヤードと150ヤード、どちらを打つのが楽ですか?どちらがフェアウェイに残りやすいですか?

ミズノの表を見ると、ドライバーのヘッドスピードによって100ヤードが打てるロフトが選ぶことができる。しかも、44°〜62°まで1度刻みで、19種ものロフトバリエーションが用意された。

【100yが打てるロフト角】

ヘッドスピード(m/s) ロフト角
39~39 46°
40~41 48°
42~43 50°
44~45 52°
46~47 54°
48~49 56°

構えてみると

構えると、ストレートネックのオーソドックスな形状で違和感ない顔。スコアライン(溝)の一本目が明らかに低い。薄めにヒットしてもスピンがかかりそうで安心して構えられる。仕上がりが美しい。

打ってみると

ミズノのウェッジは、MPアイアンに比べて打感が硬めだが、打ってみると、これはなかなかいい打感。フェースに長く乗ってるような感触。

そしてよくスピンがかかる。普段と同じ54°で100ヤードに挑戦するとよくスピンがかかって、まずまずの飛距離になった

。コントロールショットをレーザー距離計(Nikon クールショット)で計測したが、距離感がぴったり合っていた。コントロール性は、かなりいい。

52°も58°も、よくスピンがかかって、コントロール性は抜群にいい。ライン出しがしやすいし、ピッチ&ランの打感も柔らかい。

58°はフェースをそれほど開かなくても、バウンスが跳ねて強烈なスピンがかかる。バウンスを意識せずに使える感じがする。バンカーでは、フェースを極端に開かなくても、ダフリ気味に打つだけでいい。非常にやさしく感じ打ちやすい。

なぜか、ミズノのウエッジはバンカーショットが打ちやすい。よくバウンスが効いて、よく距離が出る。これもかなり打ちやすい。柔らかい砂でもよく爆発してくれる。

ウエッジはバランスに注意!

ウエッジ選びは、いろいろチェックしなければならない。バウンス形状、ソール幅、ネック形状、ライ角、ロフト、、、、さらに重要なのが、バランスです。

これが一番重要と言っても過言じゃない。

日本人向けとアメリカ人向けは、バランスが違う。

これは、ショットにかなり影響します。PWとAWのバランスが違いすぎると、ミスショットの原因になる。ウエッジは関係ないなんて理屈は理論的じゃない。

【各メーカーのSWのバランス (58°×ダイナミックゴールドS200)】

①ミズノ T7 D3
②フォーティーン RM-22 D3
③タイトリスト COLD FORGED D3
④タイトリスト SM6 D5
⑤キャロウェイ MACK DADDY FORGED D4
⑥クリーブランド 588 RTX 2.0 D4

①〜③は日本人向けの仕様です。④〜⑤はワールドモデル。

バランスを重くすることは簡単にできるが、軽くするのは容易じゃない。

D5って結構な重量感です。歴代のタイトリストSMシリーズのヘッドデザインは好きだがバランスが合わないので、使えない。ミズノやフォーティーンは、扱いやすいです。
ミズノ T7 ウエッジが安く購入できる。

ソールに刻印がないから、番手が分かりづらい。キャディー泣かせのウエッジです。そこがカッコイイから欲しくなってしまう。。

まとめ

MIZUNO ミズノ T7 ウェッジ は、「人それぞれの100ヤード」が見つかる。

・あまり開かなくてもバンカーから脱出できる
・柔らかい打感が距離感を出してくれる
・強烈なスピン
・1ヤード刻みのロフトバリエーション

100ヤードを得意にして、バーディーを狙えるゴルフにステップアップしませんか? T7は、バンカーも得意になる。最近ミズノのウエッジを使う上級者が多いが、納得の打ちやすさです。

【総合評価 9.1】
やさしさ  9
構えやすさ  9
スピン量 10
操作性  10
打感  9
プライス 8

 - MIZUNO, ウエッジ