楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ミズノ JPX900 ユーティリティ の試打&評価

      2018/08/02

MIZUNO ミズノ JPX 900 ユーティリティを試打しました。JPX850 シリーズの後継モデルは、どんなスペックなのか評価と感想をレビューします。

【番手】
4番(22°)
【シャフト】
Orochi Blue Eye U (SR)オリジナルシャフト

img_0614

ウエーブテクノロジーソール

ソール部には波型形状デザインのウエーブテクノロジーソールがある。アマチュアの打点は、フェースセンターよりも下目に集中する傾向にあり、その実際の打点においてソールをたわませることにより、初速アップを追求。JPX 850ユーティリティよりも、重心を低く、やや浅めに設計。吹き上がりを抑えた力強い弾道を生み出すとの説明だが、どんな球が出るのかな。

構えてみると

img_0611

スクエアに構えやすいヘッド。引き締まった小顔はアイアン感覚で構えられ、ピンを狙える。艶消しのロイヤルブルーが新しさを感じられて、とてもかっこいい。実に美しい。

打ってみると

img_0612

打ってみると、気持ち良くつかまって、高弾道のストレートボール。ほぼ芯に当たってくれる。飛距離が安定してるし、よく飛びます。つかまり過ぎないし、プッシュしない。打ち込んでもソールが滑るから振り抜きやすい。ラフからでも打ちやすいと思う。トップ気味に打つと、なるほどよく拾ってくれる。本当に打ちやすい。これなら、残り距離が200yのバンカーからでもグリーンを捉える確率が上がると思う。ライン出しすると、中弾道のドローボールでピンを刺す。フックもスライスフも打ちやすい。操作性がいいから、困った時に助けてくれそうなユーティリティです。

4UT(22°)なのに、自分の3UT(21°)よりもコンスタントに飛んでます。球の高さもロフト角以上に高く上がる。吹け上がる感じではないから、風に強いと思う。打感は柔らかめ。ヒール気味にヒットしても悪い感触じゃないし、まっすぐに飛ぶ。

ミズノのJPX900シリーズは、すべてレベルが高い仕上がりです。前モデルのJPX850シリーズの評価が高かったので、改良ではなく、改悪になっていないか心配でしたが、2種類のアイアン、ユーティリティ、フェアウェイウッド、ドライバー、全部がかなり進化して、すぐにでも買い換えたくなるような出来です。
ミズノ JPX900ドライバー の試打&評価
ミズノ JPX900 フェアウェイウッド の試打&評価
ミズノ JPX900 フォージドアイアンの試打&評価
ミズノ JPX900 スピードメタルアイアン の試打&評価

シャフトは

オリジナルカーボンシャフトのOrochi Blue Eye U は暴れないし、打ちやすい。SRでもまあまあのしっかり感があるし、軽くて振り抜きやすい。普段、スチールシャフトを使用してる私が、違和感なく振れる。決してハードではないです。アスリートから、アベレージゴルファーまで幅広い層が使えるでしょう。
ミズノ JPX900 フェアウェイウッド が安く購入購入できる。

まとめ

ミズノ JPX 900 ユーティリティ は、よく飛び、よく拾い、打ちやすい。

・高弾道だが吹け上がらない
・曲がらない
・トップ気味でも距離が落ちない
・操作性がいい

ショートアイアン感覚で200ヤード打てるからゴルフが簡単になる。。。

飛距離 5
構えやすさ 4.5
デザイン 4.5
打ちやすさ 5
打感 4

 - MIZUNO, ユーティリティ