楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

R.マキロイのクラブセッティング/アーノルド・パーマー招待優勝/PGAツアー

      2018/04/18

2018年3月15日〜18日にアメリカ・フロリダ州オーランドのベイヒルクラブ&ロッジで開催された米国男子ツアーの「Arnold Palmer Invitational (アーノルド・パーマー招待)」で、Rory McIlroy(ローリー・マキロイ)(28歳)が最終日を−8(64)のビッグスコアで一気にトップに躍り出て通算−18で優勝した。

アメリカ PGAツアーでは、14度目の優勝を飾った R・マキロイ のキャディバッグには、どんな14本が入っていたのか、クラブセッティングを詳しく見てみましょう。

タイガー・ウッズは1打差の2位タイ

この大会で過去8回優勝のターガー・ウッズは、4日間トータル −10(8打差の5位タイ)で終了。最終日のバックナインでは首位と1打差まで迫ったが、イーグルが欲しい16番ロングホールのティーショットがOBになったのが痛かった。前週は惜しくも1打差の2位タイ。

今週も上位で戦ったタイガーは、そろそろ優勝してもおかしくないと誰もが期待しています。マスターズで劇的な復活優勝も見られるかもしれませんね。

松山英樹の復帰第1戦目

左手親指付け根の怪我から復帰した松山選手は心配された痛みもなく無事に4日間を完走した。久しぶりの大会で感覚がつかめなかったと思われるショットがたびたび見られたが、当たり前のように予選を通過したのは流石と言えますね。なんとかマスターズに間に合ったので、楽しみです。

その他の日本人選手は池田勇太、小平智ともに残念ながら予選落ちしました。次週はWGCマッチプレー。松山、池田、宮里、小平の4名が出場します。

R・マキロイ のクラブセッティング

Rory McIlroy(ローリー・マキロイ) は、ナイキからテーラーメイドに移籍して2シーズン目を迎えました。ドライバーからアイアン、ウエッジ、パター、ボール、キャディバッグ、すべてがテーラーメイドで統一されています。

サンデーバックナインでは4連続バーディーを含む5バーディー、ノーボギーで圧倒的な強さを見せて優勝した彼のクラブセッティングの詳細は、、

クラブセッティング

【ドライバー】
テーラーメイド M3 460 ドライバー (8.5°) Mitsubishi Tensei CK Pro Orange 70TX
【フェアウェイウッド】
テーラーメイド M3 フェアウェイウッド 2017年モデル (3W 15°) Mitsubishi Tensei CK Pro White 80TX
テーラーメイド M3 フェアウェイウッド 2017年モデル (5W 19°) Fujikura Rombax P95X
【アイアン】
テーラーメイド P750 TOUR PROTO アイアン (4番)
テーラーメイド   P730 アイアン (5番〜9番) Project X 7.0
【ウェッジ】
テーラーメイド Milled Grind ウエッジ (48°,52°,56°) Project X 6.5
テーラーメイド Milled Grind ウエッジ HI-TOE (60°) Project X 6.5
【パター】
テーラーメイド TP Black Copper Soto
【ボール】
テーラーメイド TP5x
テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ

あとがき

PGAツアーでは2シーズンぶりの優勝となったマキロイは、メジャー大会をあと1つ勝つとグランドスラム達成になります。そのあと1つがマスターズなので、この強さを見せつけられると達成しちゃうんじゃないかなぁ。。タイガーもミケルソンも好調で、マキロイも調子が上がってきました。ガルシアも好調、デイもジョンソンもいる。役者が揃ってきたマスターズから目が離せません。
J・スピース、R・マキロイ が達成間近のグランドスラムとは?

使用クラブを見ると、またまた勝者のドライバーは、テーラーメイド M3 ドライバー です。2018年シーズンの「M3&M4ドライバー」の勢いは止まりません。一方、ボールはPro V1x に対してTP5x の健闘ぶりが目立っています。

テーラーメイド強し!

 - 2018年, ツアープロのクラブセッティング