楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

ホンマTOUR WORLD TW737 FW の試打&評価

      2018/04/15

HONMA ツアーワールド TW737 FW フェアウェイウッド を試打しました。男子、女子のツアーで賞金王争いを繰り広げるトッププロたちが使用するこのモデルはどんなスペックなのか評価と感想をレビューします。

【番手】
3W
5W
【シャフト】
VIZARD EX-C75(S)
VIZARD EX-C65(S)

img_0171TW737FW

本間ゴルフの新しい TOUR WORLD TW737のフェアウェイウッドは、大型ヘッドのTW737FW小型ヘッドのTW737FWcの2種類あります。3Wが20㎤、5Wが12㎤ それぞれ体積が違います。FWcが小型ヘッドと言っても、他社のアスリート系のフェアウェイウッドと比較してもそんなに小さくないので、TW737FW がかなり大きいヘッドと言えるでしょう。

構えてみると

img_0167

5Wを構えてみると、普段の3Wのような感じ。どっしりとした大きいヘッドで構えやすい。グローレF2 や ゼクシオ ナイン などの飛び系FWのヘッドサイズとほぼ同じです。引っかかりそうな嫌な感じはありません。きれいな顔です。

打ってみると

5Wから打ってみると、振りやすく球は上がりやすい。薄めにヒットしてもちゃんと飛んでくれます。ただし、つかまりやすいわけではない。フックボールが出にくいので思い切って振り抜ける。軽く振ると大型ヘッドなのにフェードボールが打ちやすい。ヒール気味の打球もそこそこ距離が出ます。フェアウェイウッドは、球筋が揃ってくれないと大ケガの元になるので球が上がりやすくて、引っかからないというのは、とてもありがたいです。

img_0169

ヘッドが大きい5Wって、安心感があっていいかも。

img_0162

シャローで球が上がりやすく、池越えでも狙っていけそう。

img_0165

次に3Wを打つと、やはり球が上がりやすくて、打ちやすい。引っかからず球筋が揃います。払い打つだけで高弾道で低スピンのフェードボールが打てる。飛び系の3Wを引っかからないように改良したような感じ。

ティーアップして打つと、かなり高弾道でよく飛びます。案外つかまらないし左右に曲がらない。狭いミドルホールで活躍しそう。ゆっくりと振るのが大事です。叩くとちょっと上がりすぎる。でも、よく飛んでます。

打感は、3W、5Wともに普通です。柔らかい感じはしない。フェースのどこに当たったのか感触が伝わってくるから、スイングの修正がしやすい。

シャフトは

シャフトは、すべて本間ゴルフのオリジナルから選ぶことに。調子、重さ、たくさんのバリエーションが用意されています。なかなかいいシャフトですよ。ただし、フレックスがかなりハードなので、普段よりもアンダースペックをチョイスした方がいいです。

赤、青、緑、のカラーリングが調子やトルクなどが違う系統に分かれ、それぞれ 75、65、55 と重さのバリエーションがあります。その中で、一番クセのない赤い VIZARD EX-C75(S) と 65(S) を試打しました。

img_0166

75(S) は、かなりハードです。薄く当たるとドロップ気味に。他社の(X)かそれ以上のスペックを振っているような感覚です。赤の65(S) は癖がなく振りやすい。こちらもややハードなので、私には(SR)が丁度いい感じがします。
ツアーワールド TW737 FW が安く購入できる。

まとめ

本間ゴルフの ツアーワールド TW737 FW は、大型で楽に球が上がるアスリート系のフェアウェイウッドです。

・大型ヘッドがよく拾ってくれる
・つかまり過ぎないから安心して振り抜ける
・球筋が、そろいやすい
・オリジナルシャフトが振りやすい

飛距離 4
構えやすさ 4
デザイン 4
打ちやすさ 4.5
打感 3.5

 - HONMA, フェアウェイウッド ,