楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

プロギア RS 2017 ドライバー の試打&評価

      2017/12/17

PRGR RS 2017 ドライバー を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

【ロフト角】
9.5°
【シャフト】
・RS オリジナルシャフト(M-43) 45.5インチ
・RS オリジナルシャフト(M-46) 45.5インチ
・FUBUKI V50 (S) 45.5インチ
・Tour AD TP5 (S) 45.5インチ
・Speeder 569 Evolution Ⅲ(S) 45.5インチ
・Diamana BF60 (S) 45.5インチ

新作

前モデル

新作にもドローで飛ばす「RS 2017」と、フェードで飛ばす「RS-F 2017」の2種類ある。両者とも、前作と比較するとソールの装飾のデザイン形状が変わったが、ウエイトの位置やボディ全体の形は同じ。ロフトバリエーションは、9.5°、10.5°、11.5° の3種類。カチャカチャでロフトとウエイトを調節できる。総重量とバランスは、前モデルと同じです。

前モデルの「RS-F」はルール不適合

前モデル(2016-17モデル)の「RS ドライバー」と「RS ドライバー F」は、発売開始からその飛びが口コミで一気に広がって、当初は品薄状態になった。噂を聞いて試打したら、そのぶっ飛びには驚きでした。当時の私のレビューを読み返すと、ルール不適合じゃないかと疑った内容を見事に書いています。その後しばらくしてから「プロギア RS ドライバーF」は、ルール不適合となり、2016年12月19日(月)より販売が中止になったのです。

開発期間などを考えると、おそらく今回のモデルはルール適合対策を施したマイナーチェンジ版で、基本設計は同じでしょう。「RS-F」の購入者にはルール適合の代替品で交換の対応をしたので、それをそのまま販売するのかと思ったら、デザインも商品名も変更して、2モデル同時にリリースした。それにしてもこの迅速な対応にはアッパレです。新作のキャッチコピーは、「こんどのギリギリは、もっとヤバイ。」そのギリギリが気になります。。。

構えてみると

構えてみると、ストレートなフェースでアップライトなライ角(59度)は前モデルそのまま。重心距離も短めでつかまりそうな形状です。クラウン部のフェース側に段差があるWクラウン設計も変わってない。構えやすいいい顔です。

打ってみると

打ってみると、よくつかまり、手首を使わなくてもインパクトで自然にフェースが返る感じ。高弾道のドローボールで、ややスピン量は多め。スライス系の球は、まったく出ない。とにかくやさしくつかまります。フェースが勝手にボールをつかまえてくれるから、余分な動きをせずに、タメを作らず振り抜くだけでいい。ほどよくスピンがかかるので、軽く振ってもハイレベルの平均飛距離に。オフセンターでヒットしても、クラウン部分とフェースが一緒にたわんで飛ばしてくれる。ヒール気味に打ってもよく飛び、センターでヒットすると強烈な球筋です。相変わらず、よく弾いて初速が早く、ぶっ飛びます。

打感は柔らかくなった。クラウン部分とフェースが一体となって全体のたわみでボールを包み込んで「つかまってる」という実感が湧く。この打感は、ずいぶん改良された。

前モデルとの違いは

一言で言うと、前作よりも更にやさしくなったと言える。同時に2本を打ち比べたが、前作は、時々つかまり過ぎてフックボールになるけど、新作はなりにくい。飛距離性能はイーブンだが、ミスに強く、打感が柔らかい。シャフトによってスピン量が変わるが、全体的にスピン量が多いのは、両者同じレベル。でも、吹け上がるほどではない。「RS ドライバー F」と同様に、設計上どこに手を加えたのか分からないが、目に見えない部分の微調整で実に上手く改良させたものです。まるで、自動車メーカーのマイナーチェンジみたいなリニューアル。さすがプロギアですね。

低スピンのドライバーが多いが、、

各メーカーのニューモデルの説明書きには、低スピンのヘッドによるメリットとデメリットが書かれていない。ちょっと疑問で、違和感がある。実際に打ちっ放しで、テーラーメイド M1 、 M2 や、キャロウェイ EPIC STAR、EPIC Sub Zero などの話題のドライバーを使ってるゴルファーが多いが、ドロップして全く飛ばない光景をよく目にする。「スピン量が多いと、吹け上がって飛距離をロスする」というのは間違いではないが、当てはまらないゴルファーも多い。メーカーが、ドライバーを買わせたいのは分かるが、少々説明に不親切な感じがする。この件は、また別の機会にしっかりレビューします。

プロギア RS2017 ドライバーは、適正なスピン量でやさしく飛ばせるドライバーと言える。

ライバルは(2018年にやさしく飛ばせるおすすめドライバー7選)に詳しくレビューしました。

シャフトは

RS オリジナルシャフト は、前モデルと、ほとんど違いがわからないが、ゆっくりしなってクセがなく振りやすい。ちょっとトルクが多めで軽め。振りやすいけど、自分のヘッドスピードより上のスペック表示を選んだ方がいいと思う。41〜42m/sならM-43でも問題無しです。とてもいいシャフトで、ゆっくり軽く振ることが大事。カスタムシャフトが豊富なので、じっくりと自分に合うスペックが選べる。私はFUBUKI V50 (S)が一番振りやすかった。軽いシャフトでゆったりスイングが、このドライバーのポテンシャルを引き出してくれる。
PRGR RS 2017 ドライバー が、安く購入できる。

まとめ

プロギア RS 2017 ドライバー は、更にやさしく、ぶっ飛びます。

・高弾道のドローボール
・よくつかまる
・ミスに強い
・スライスになりにくい
・オフセンターでも飛距離が稼げる
・打感が柔らかくなった
・やさしい

さらにギリギリを追求したRS2017は、気持ちよくつかまって、ミスに強い。ルールギリギリの飛びは健在です。

飛距離 5
構えやすさ 4
デザイン 4
打ちやすさ 4.5
操作性 3
打感 4

 - PRGR, ドライバー