楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

プロギア PRGR RS フォージド アイアンの試打&評価

      2017/01/07

プロギア PRGR RS FORGED (フォージド) アイアンを試打しました。プロも使用するかっこいいアイアンは、どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

【番手】
7番(ロフト32度)
【シャフト】
スペックスチールⅢ Ver.2 M-43ST (S)
スペックスチールⅢ Ver.2 M-46ST (SX)

img_0332

この「RS フォージドアイアン」は「iD nabla RS フォージドアイアン」の後継となるモデルです。三角のブレードが特徴的だった前モデルもカッコよかったけど、デザイン一新。これもまたかっこいい。マッスルっぽいデザインにチェッカーフラッグが。横浜ゴムらしい演出ですね。やさしさとカッコよさが見事に共存した前モデルから、さらに進化したのかな。楽しみです。

構えてみると

img_0328

構えると、トップブレードが薄くなり小顔になった印象で、とても構えやすい。シャープに引き締まって上級者好みの顔です。ストレートネックなのに包み込む感じで安心感があって、狙いを定めやすい。

打ってみると

img_0331

打ってみると見た目はマッスルっぽくてハードだが、やさしくて打ちやすい。中空構造の特長がそのまま結果に結びつきます。ミスヒットしても飛距離がそこそこ飛ぶし、曲がりが少ない。球筋は中弾道で力強い。距離もアスリート系のアイアンの中では飛ぶ部類に入る。前モデルよりも、さらに打ちやすいし飛ぶ感じがする。かと思えば、つかまえ過ぎても、それほど左に行かないから安心できる。コントロールしやすいし操作性もいい。やさしさの中にアスリートの求める要素が同居してます

img_0330

打感は薄いフェースが弾く感じ。柔らかい感じはしない。薄いフェースが弾いて初速を上げ、詰め物が振動を吸収する。最近主流の打感です。これも慣れれば悪くないです。そもそも、ミズノのMPアイアンやタイトリストのMBやCBの柔らかさと比較してはいけないと思う。

カッコよさが購入のきっかけになりそう

とにかくデザインがカッコイイ。すっきりして上級者好み。カッコいいアイアンがキャディバッグの中に入っているとずっと眺めたくなります。機能だけで選ぶのは、とても賢い方法ですが、やっぱりカッコよさも大きなポイントになります。これ私の持論です。プロギア PRGR RS FORGED アイアンは、かなりポイントが高い!

img_0329

シャフト選び

ダイナミックゴールド、KBS TOUR 105、スペックスチールⅢ Ver.2 の3種類のスチールシャフトから選べます。スペックスチールⅢ Ver.2はよく考えられたシャフトで、スペックが違うと、重さが大幅に変わる。かゆいところに手が届くバリエーションです。

スペックスチールⅢ Ver.2の重量の比較(7番アイアン用のシャフト)
M-40ST (SR) 85g
M-43ST (S)     95g
M-46ST (SX) 103g

前モデルで M-46ST (SX) を使用したけど、振りやすくていいシャフトです。
PRGR RS フォージド アイアンが安く購入できる。

まとめ

プロギア PRGR RS FORGED アイアン は、アスリートゴルファーだけじゃなく、これから腕を上げたいゴルファーにオススメです。

・ハードに見えるが、やさしくて打ちやすい。
・ミスに強い中空構造
・左に行かないしコントロールしやすい。
・やさしさと本格派の共存モデル
・メッチャ格好いい

PRGRの契約プロは、かっこいいです。矢野東プロ、小平智プロ、、勝てないなぁ、、せめてカッコいいアイアンだけでも欲しくなってしまう。。

飛距離 4
構えやすさ 4.5
デザイン 5+
打ちやすさ 4
打感 3.5

 - PRGR, アイアン