楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

プロギア PRGR RED ドライバー の試打&評価

      2017/12/17

プロギア RED(レッド) ドライバー を試打しました。2年ぶりのモデルチェンジした人気モデルはシニアゴルファーの飛距離を取り戻せるのか、評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【ロフト】
10.5度
【シャフト】
新スピードインパクトシャフトM-40(SR)46インチ

「RED(レッド)」シリーズには、46インチの「REDドライバー」と、47インチの「REDドライバーS-9.5」がある。今回試打する「REDドライバー」のロフト角は 10.5°と11.5° のの2種類、シャフトは M-40(SR),M-37(R),M-35 (R2)の3種類ある。プロギア PRGR RED ドライバー S-9.5 の試打&評価

構えると

(計測用に白いテープが貼ってあります)

構えると「REDドライバーS-9.5」よりもさらに綺麗な丸顔で、どっしりと座りのいい安定した顔。高級感が漂う深みのあるブラックの塗装。クラウン部分のフェース寄りに傾斜(Wクラウン設計)があるけど違和感はない。捕まりそうで構えやすい。「REDドライバーS-9.5」と同じライ角(59.5°)で、ややアップライトです。

Wクラウン設計が飛びの秘密

プロギアが特許出願中の画期的なヘッド形状が「Wクラウン設計」です。フランジ(クラウンとフェースの境界部分)に角度をつけ、その部分をたわませることでフェースのたわみも拡大し反発係数を大幅に高める効果があります。この設計は、本当に飛びます。同じ「Wクラウン設計」を採用した同メーカーのRSシリーズのドライバーが反発ルールを超えてしまい、発売中止になりました。
PRGRドライバー「RS-F」にルール不適合の裁定

打ってみると

打ってみると、「Wクラウン設計」の効果なのか、よく弾きよく飛ぶ。ヘッド全体で弾き飛ばしてくれるような感じがして、フェースのセンターじゃなくてもよく飛ぶ。ヒールや、トップ気味でもまずまずの飛距離。でも、ちゃんと芯で捕らえて、フェースのやや上部でナイスショットすると気持ちいい打感で高弾道のドローボールでぶっ飛びます。スピン量も少なめ。「REDドライバーS-9.5」よりも1インチ短いが、ナイスショットの確率は断然こちらの方が上。長尺ドライバーには、慣れが必要なので、即戦力として購入するなら「REDドライバー」がオススメ。これでも46インチなので、長めのシャフトです。

ヘッドスピードをスペックに合わせて、40m/s程度で打ち続けるとタイミングの取り方がわかってきた。ゆっくりと体の回転で振り抜くと自然にヘッドが走って、つかまった高弾道になる。でも、、何度計測してもRSシリーズみたいに初速が早くてよく飛ぶ、よく転がる。。。ルール適合してるのかなぁ、、ルールぎりぎりなのかなぁ、、プロギアの技術はすごいですね。

シャフトは

「新スピードインパクトシャフト」はシャフトの手元から中あたりがしなり、かなり軽いが、ゆっくり振ると合わせやすい。軽量なのに、グニャグニャしないし、フィニッシュまで一気に振り抜ける。なかなかいいシャフトです。軽い方がゆっくりと触れるから、いいスイングができる。

まとめ

プロギア RED ドライバー は「あの頃の飛びが蘇る、あの頃の飛びを超える」ぶっ飛びの確率が高いドライバーです。

・よくつかまる
・ミスヒットしても飛ぶ
・軽くて振りやすい
・ジャストミートの確率が高い

やっぱり軽いとよくつかまる。軽量の方が飛ぶのわかる。軽いドライバーでもスイングが乱れないから安定したぶっ飛びになる。

飛距離 5
構えやすさ 4.5
デザイン 5
打ちやすさ 5
打感 4.5

 - PRGR, ドライバー