楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

プロギア 赤eggドライバーIMPACT-SPEC の試打&評価

      2017/12/17

PRGR egg ドライバー IMPACT-SPEC(プロギア・赤エッグ・ドライバー・インパクト・スペック)2017モデル を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【ロフト角】
10.5°
【シャフト】
赤egg ドライバー IMPACT-SPEC 専用 オリジナルシャフト M-43(S) 44.5インチ

ちょうど2年ぶりにモデルチェンジとなった プロギア egg シリーズ には、前作同様に赤エッグ金エッグ がある。赤エッグはSLEルール限界の飛びを追求したモデルで、金エッグはSLEルール適合外の高反発設計である。

赤エッグには2種類のドライバーがある

赤エッグ ドライバー」(レギュラーモデル)と比べて、シャフトが1インチ短くてヘッド重量が7g 重たい44.5インチ仕様の「赤eggドライバーIMPACT-SPEC」がラインナップされた。これは、ソールの後方部に赤くカラーリングされた9gのステンレス•ウエイトが装着され、ヘッド重量が202gにもなる。一方レギュラーモデルには黒く塗られた2gのアルミ•ウエイトが装着され、ヘッド重量は195gである。この7gの重量差はかなり大きい。ロフト角の設定は、両者とも2種類(10.5°、11.5°)ある。

構えてみると

基本設計は、「赤エッグ ドライバー」(レギュラーモデル)と同じなので、ヘッドの外観上の唯一の違いは、ソールの後方部に装着された赤いカラーリングのウエイトのみ。構えてみると、たった1インチ(2.54cm)シャフトが短いだけなのに、ずいぶんヘッドが近くに見え、さらに投影面積が大きく感じてどっしりと構えられる。クラウンのフェース寄りのフランジ部分が高くてクラウン部が低い大きな段差がある形状「新パワーフランジ」がフェース面を大きくしている。ディープ・フェースで、セミシャロー・バックだが、難しそうな印象は全くない。いかにもフェース全体で弾いてくれそうな安心感がある。

打ってみると

打ってみると、とてもよくつかまります。1インチ短いと、かなりボールとの距離が縮まったように感じるので、安心して振り抜ける。スイング中に軸がブレないし、振り遅れないからプッシュしない。1インチってこんなに大きいものかなぁ、、、最近PGAのトップランカーがシャフトを短くし始めた。リッキー・ファウラーは43.5インチ、ジミー・ウォーカーは42インチのドライバーを使っている。短い方が打ちやすいのは分かってるけど、1インチの差がとてつもなく大きく感じるのです。5番アイアンと7番アイアンの長さが1インチ違うが、ちょうどその差ぐらい打ちやすく感じる。

重ヘッドがインパクトでガツンと叩いてくれるので、オフセンターでも力負けしない。重さのおかげでシャフトのしなりとヘッドのターンのタイミングがバッチリ合って、気持ち良くつかまって超高弾道のドローボールで狙い通りに飛んでくれる。フェースのどの部分でヒットしても飛んで曲がらない、ミスに強いのは赤エッグ・ドライバー共通だが、ヘッドの重さがより効果的にフェースの弾きを引き出してくれるし、インパクト時に後ろからグイッと押してくれる。フェースとクラウン部が一体となって瞬時に弾き返す打感がやや分厚さを増した感じがする。スピン量は多め。スピン量が少なめのゴルファーが、ドロップせずに飛距離を稼ぐことができる。持ち球が高弾道のゴルファーはレギュラーモデルの方がいいかも。

ヘッド重量が重くてシャフトが短いと、ハードヒッター向けなのかと勘違いしそうだが、このドライバーは逆です。
・体力的な衰えから、スイング軸がブレやすくなり、ミート率が落ちて飛ばなくなった。
・ミスショットが多く、フェアウェイキープ率が落ちてラフからのセカンドショットが多い。
・低スピンのドライバーを使うとドロップして球が上がらない
・体が硬くなって手打ちになりがち。
そんなゴルファーが使うと飛距離アップになります。スイング軸をキープして、ゆったりとスイングできるゴルファーは、レギュラーモデルの方が適していると思う。

シャフトは

シャフトは「赤egg ドライバー IMPACT-SPEC 専用 オリジナルシャフト 」のみの設定です。これは軽くてシャフト全体で弾く感じなのでとっても合わせやすい。レギュラーモデルのシャフトとはカラーリングが違う。1インチ短くカットしただけなのかなと思ったが、、、性質が違うようにも感じる。短くすると振りやすくなるので、そう感じいるのかもしれないが、とにかく振り抜きやすい。 M-43(S)は、軽めのシャフトが好みのセミアスリートにピッタリかも。42〜45m/sぐらいです。フレックスは4種類(M-43(S)、M-40(SR)、M-37(R)、M-35(R2))ある。
プロギア 赤egg IMPACT-SPEC ドライバー(2017) が安く購入できる。

まとめ

PRGR egg ドライバー IMPACT-SPEC 2017年モデル は、短尺シャフトと重ヘッドでミート率アップできる。大きなフェースが大きく弾いてミスに強い。

・よくつかまる
・ミスに強い
・振りやすい
・高弾道
・分厚い打感
・安定感抜群

アベレージゴルファーが飛距離をロスする原因は、ミスヒットです。ちゃんと当たって、フェアウェイキープできれば、大幅に飛距離アップできる。今後、短尺がちょっと流行りそうな気がします。。。

飛距離 5
構えやすさ 4.5
デザイン 4
打ちやすさ 5+
操作性  3.5
打感 4

 - PRGR, ドライバー