楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

「+プラス20ヤードの鉄則」この本で最大飛距離が可能になる

   

ドライバーの飛距離が、”あと20ヤード”伸びたら、どんなに楽なゴルフができるでしょう。でも、「飛距離なんて伸びない」って諦めてませんか? 飛ばない人ほど伸びる可能性があるので、諦めちゃダメですよ。この本はワンコイン(500円)なのに中身は充実しています。もっと飛ばしたいゴルファーにぜひ目を通して欲しい1冊です。

飛んで曲がらないスイングを実現する!
『+プラス20ヤードの鉄則』
プレジデント社(463円 税抜)

「あと20ヤード」でゴルフはガラリと変わります。パー4のセカンド地点で残り距離が170ヤードと150ヤードでは、どっちが乗せやすいか。20ヤード違うと景色が変わります。ツアーで活躍するトッププロたちが飛んで曲がらないショットを打つためのとっておきのヒントが惜しみなく紹介されているレッスン書です。

ちょっとだけ中身を紹介すると、、

藤田寛之の3ステップドリル

藤田寛之プロは48歳になった今でも280ヤード以上の飛距離を誇ります。効率よく最大の飛距離を生んでいる秘訣を3つのドリルで紹介しています。このヒントはアマチュアの参考になりますよ。

トッププロの「勝てるスイング」

トーナメントで活躍するトッププロの華麗なスイングを連続写真でじっくりと解説しています。どうして飛ぶのか、なんで曲がらないのか、よく解ります。

女子プロは、鈴木 愛、イ・ミニョン、テレサ・ルー、キム・ハヌル、申 ジエ、上田桃子、の流れるようなスイングの長所が書かれています。男子プロは、宮里優作、小平 智、池田勇太、のパワーの伝え方が解説されています。

今流スイング「ヒザをピーン」

PGAの飛ばし屋たちには共通点があります。インパクトからフォローにかけて両ヒザをピーンと伸ばしてヘッドスピードをあげるのです。そのポイントが7つのステップで詳しく書かれています。アマチュアのヘッドスピードが上がった実例も紹介されています。

マキロイ、ファウラー、スピース、トーマス、そして松山君、みんな膝を伸ばして飛ばしている。これからは「ヒザをピーン」の時代です。

あとがき

この本は、この他にもかなり多くのプロがヒントを教えてくれます。伊澤プロ、倉本プロのコーナーは、すぐに取り入れたくなりました。いろんなヒントがあるので、どれか一つは当てはまると思います。

また、1ページ目から最終ページまで、ず〜っと鮮明なプロのカラー写真付きで解説されているので実に解りやすいですよ。たったの1コイン(500円税込)なので、ぜひ一読ください。20ヤード飛距離アップすればゴルフがますます楽しくなりますね。

 - レッスン書