楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

ブリヂストン TOUR B XW-2 ウェッジの試打&評価

   

BRIDGESTONE ツアーB XW-2 ウエッジ を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【ロフト・バウンス角】
50°・8°
58°・12°
【シャフト】
Dynamic Gold (S200)
MODUS3 TOUR 120 (S)

TOUR B XW シリーズ

ブリヂストンのツアーBの XWシリーズ のウエッジには、2種類ある。それぞれヘッドの色目はシルバー仕様とブラック仕様がある。

【XW-1】
・ティアドロップ形状
・出っ歯(ストレートネック)
・開いたり閉じたりしやすい「トレーリンググラインドソール」
・48°、50°、52°、54°、56°、58°、60° の7種類のロフト(58°はバウンスが2種類ある)

【XW-2】
・丸型形状
・グースネック
・抜けの良さを追求した「フラットソール」
・48°、50°、52°、56°、58° の5種類のロフト

グースネックが人気になってきた

日本人ゴルファーの主流のウェッジはグースネックが時代から、出っ歯の時代へと移り、また最近グースネックの人気が復活してきた。やっぱり日本の芝には適しています。以前のグースネックはフェースを開くと構えづらいという欠点もあったが、最近のモデルは開きやすい顔になっています。トーナメントでツアープロが使ってるウエッジを覗くと、かなりグースネックを使っているプロが多い。ブリヂストン契約プロも、「XW-1」よりも「XW-2」を使用してる方が多いです。実際にコースで使ってみると分かりますが、グースネックは本当に打ちやすい。フォーティーン DJ-33 や タイトリスト ボーケイデザイン・フォージド・ウェッジ などのモデルは、非常に満足度が高いモデルです。

構えてみると

構えてみると、ほどよいグースと懐の深いネック形状が球を包み込んでくれるように見える。つかまりそうな安心感があって構えやすい。どっしりとして、スィートスポットが広そうに見え、フェースのどこに当たってもいいようなやさしさを感じる。リラックスして構えられる いい顔立ちです。

打ってみると

50度でフルショットを打ってみると、打感が柔らかく打ちやすい。ボールをキャッチしてから放り投げるような食い付き感があり、軟鉄鍛造ならではの好感触。音も打感も素晴らしい。でもこれ、なぜかよく飛びます。グースネックのハンドファーストの影響なのかな、、、軽く打っても飛んでくれるので、悪くはないです。

フェースの溝と溝の間にさらに細かいミーリングが施されている。これにより、スピン量はかなり多く、硬いグリーンでもピタッと止まります。グースの度合いが丁度いいから、スクエアに構えるとボールがスタンスの中央にセットされ、自然に理想的なダウンブローになる。同じくライン出しも打ちやすいから、ピンと重なるように飛んでくれます。コントロールショットが左右にぶれないから、距離感だけに集中できるのです。グリーン周りからのピッチ&ランは、スピンの効いた低めの弾道になるので、狙ったラインに出しやすいです。フェースに乗っかるような感触なので、まさに右手でゴミ箱に投げ込むような感覚で打てるから、距離感バッチリです。

58度で50ヤードをハンドファースト気味に打ち込むと低い弾道でキュキュッと止まります。これが強烈なスピンなので、開いて打つ必要がない。フェースコントロールとか面倒くさいことしなくても簡単に打てます。アプローチショットをシンプルに打ちたいゴルファーには、これはいい! グリーン周りからのアプローチも薄くヒットしてもスピンがかかるから、どんなライでも対応できそうな感じです。打感の柔らかさは、最高レベルです。

バンカーで打ってみると、開かなくてもバウンスがよく跳ねて距離が出る。ハンドファーストをほどいて(シャフトを地面と垂直にして)ボールの手前をダフるだけで、気持ち良く砂が爆発してくれる。柔らかい砂でも良く弾くので、私のように、フェースを開いてバウンスを積極的に使う打ち方だと、ちょっと飛びすぎるけど、ザックリが多いゴルファーにはオススメです。

バイティング レール ミルド

フェースの溝と溝の間にさらに細かいミーリングが4本施されている。この「バイティング レール ミルド」により、スピン量はかなり多く、硬いグリーンでもピタッと止まります。これはすごい! ルール大丈夫なの??

ギャップウェッジ

50度ぐらいのウエッジは、足も使えるから、グリーン周りから寄りやすいロフトです。以前AWが出始めの頃はPWとSWの間をギャップウェッジと呼んでいたが、最近はAWとSWの間をギャップウェッジと呼ぶようになってきた。概ねアスリートモデルのPWのロフト角が45〜46度なので、AWが52度だと、そのギャップが6〜7度もある。その差を縮めるために最近のツアープロは、ウェッジ4本体制(PW含む)が増えてきました。いろんな組み合わせ方があるが、48度や50度をバッグに入れるパターンが多い。

シャフトは

シャフトは、Dynamic Gold(S200)、N.S.PRO MODUS3 TOUR 120(S)、N.S. PRO 950GH(S) の3種類のスチールシャフトがある。
ブリヂストン TOUR B XW-2 ウェッジ が、安く購入できる。

まとめ

「BRIDGESTONE ツアーB XW-2 ウエッジ」は、日本の芝に適した形状で、ツアープロに人気の軟鉄鍛造のウェッジです。超柔らかい打感でキュキュッと止まる。

・日本の芝に適したグースネック
・抜けがいいソール
・スピン量が多い
・柔らかい打感
・距離感やタッチが出しやすい
・シンプルに打てる

アプローチショットがシンプルに打てる。打感もいいし距離感もいい。欲しくなってしまった。。

飛距離 4.5
構えやすさ 4.5
デザイン 4.5
打ちやすさ 5
操作性   4.5
打感 5

 - BRIDGESTONE, ウエッジ