楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

ブリヂストン TOUR B XD-Hユーティリティ(2016)の試打&評価

      2018/09/13

ブリヂストン ツアーB XD-Hユーティリティ(2016)を試打しました。どんなクラブなのか、感想と評価をレビューします。

2018年モデルの TOUR B XD-H ユーティリティの評価はこちら

試打クラブ

BRIDGESTONE (ブリヂストン)
TOUR B XD-H ユーティリティ
/2016年発売モデル

【番手】
H3(21°)
H4(24°)
【シャフト】
TOUR AD TX1-6H (S)(カーボン)
N.S.PRO 950GH (S)(スチール)

構えると

構えてみると、同じシリーズのTOUR B XD-F フェアウェイウッド と同じようにシャロー気味に見えて球が上がりそうな顔。ドロー、フェードどちらも上手く打てそうな、いいイメージが作れる。ウッド型ユーティリティは顔が命なので、これは満点の顔です。

打ってみると

まずは3番(H3)から打ってみると、予想以上にやさしくて打ちやすい。度肝を抜かれた感じがする。フェースが球をしっかりと捕まえて、ショートアイアンのような高弾道に。ボールをスタンスの中央に置いてライン出しをすると、中弾道のストレートボールでピンを刺す。ヒールでヒットしても距離が落ちない。トップしてもミスにならない。フェアウェイバンカーから十分に使えます。

芯で捉えると柔らかく気持ち良いインンパクトの打感が手に残る。操作性もいい。スライスもフックも問題なく打てる。ユーティリティはいろんな場面で小細工がしやすい方が便利です。お助けクラブなので操作性が重要。その点、このクラブは素晴らしいです。

次に4番(H4)を打つと、さらに操作しやすくて8番アイアンを打つぐらいの感覚で打てます。払っても打ち込んでも打ちやすく、芯を外してもよく飛びます。軽く打っても高弾道でキャーリーがしっかり出る。これならピンを狙える。やっぱりドライバーやフェアウェイウッドと同じような「POWER MILLING」効果なのかな。

※ブリヂストンの TOUR Bシリーズにはフェース面に「POWER MILLING」という細かい溝を搭載し、スピン を適正化させることで、求める飛距離性能を追求している。

シャフトは

オリジナルシャフトの TOUR AD TX1-6H は、よくつかまって振りやすい。自然に高弾道になる。ウッド感覚で払い打ちするならオススメです。ややスペックが柔らかめ。

飛距離は劣るけどN.S.PRO 950GHの方が操作しやすい。
ブリヂストン TOUR B XD-H ユーティリティが安く購入できる。

まとめ

BRIDGESTONE GOLF ツアーB XD-H ユーティリティは、ピンを狙えるし、困った時に頼りになるクラブです。

・飛んで曲がらない
・操作しやすい
・ミスに強いから安心して振れる
・打感がいい

今回のブリヂストンの新作は、全部いいですね。ドライバーもアイアンもフェアウェイウッドも文句無しだが、ユーティリティは衝動買いしたくなるぐらい最高です!

飛距離 5
構えやすさ 5
デザイン 5
打ちやすさ 5
打感 4.5

 - BRIDGESTONE, ユーティリティ