楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト。間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

ブリヂストン ゴルフ TOUR B XD-F の試打&評価

      2017/03/04

BRIDGESTONE GOLF ツアーB XD-F フェアウェイウッドを試打しました。新シリーズのFWはシリーズはドライバーと同じようにぶっ飛びなのかな、打った感想と評価をレビューします。

【番手】
3W(15°)
5W(18°)
【シャフト】
TOUR AD TP-6(S)
Diamana BF60(S)
Speeder661 EVOLUTIONⅢ(S)
TOUR AD TX1-6F(S)オリジナルシャフト

img_0197TOUR B XD-F

最近のFWの傾向

ここ数年のアスリート系のフェアウェイウッドを振り返ると、3Wと5Wの性能が大きく違うモデルが多い。3Wは操作性よりも飛距離重視。5Wや7Wはアイアンのように正確性重視。特に3Wはドライバーの性能によく似て、簡単に球が上がって低スピンで飛距離が稼げるモデルが多い。ティーショットで使うと、飛距離は1Wと3Wがあまり変わらないぐらい飛んじゃいます。間違いなく、どのメーカーも性能が上がってますね。

2016年の狭山カントリークラブ 7,208yd(パー70)で開催された日本オープンで片山晋呉プロのキャディバッグには1Wが入ってなかった。史上最長のコース(パー70で)をドライバー封印で戦ったのです。500ヤードに迫るパー4があるのに大胆でな決断。私は実際にプレーを見に行きましたが、3Wがかなり飛んでた。素晴らしいプレーに感動でした。他のプロもティーショットで3Wを使うホールが非常に多かったです。しかもよく飛ぶんですよ。

さて、低重心・低スピン設計を追求したこのモデル、ドライバーはぶっ飛びっだけど「パワーミーリング」がFWにも効果があるのか、楽しみです。

構えると

img_0198

ストレートに構えやすくて、シャローに見える。球が上がって引っかからないのかな、、そんな安心感がある。タイトリスト917F3のような丸くて綺麗な顔

POWER MILLING(パワーミーリング)

img_0199

フェアウェイウッドにも「POWER MILLING」という細かい溝を搭載し、スピン を適正化させることで、求める飛距離性能を追求。ドライバーを試打したら、この溝の効果でぶっ飛びでした。
ブリヂストン TOUR B XD-3ドライバーの試打&評価と欲しい理由
ブリヂストンTOUR B XD-5ドライバーの試打&評価と飛ぶ理由

打ってみると

3Wから打ってみると、予想以上にやさしくて打ちやすくてぶっ飛びです。フェースが球を捕まえてくれて低スピンの高弾道が打てる。打感が柔らかく分厚いインンパクトが手に伝わってきます。大げさに言うと、手のひらで捕まえて放り投げるようなつかまり感。ティーアップして打つと、低スピンのビッグキャリーが連発。引っかからないしプッシュアウトも出ない。吹け上がらないからアゲンストも大丈夫です。5Wを打つと、操作しやすくて7番アイアンを打つぐらいの感覚で打てます。払っても打ち込んでも打ちやすく、高弾道でよく飛びます。これならグリーンを狙える。

他社のアスリート系FWも、やさしく拾ってくれて、飛んで曲がらないし、引っかからない。どのメーカーも甲乙つけがたい。でも。この TOUR B XD-F が頭一つ抜けてるように思う。やっぱり「POWER MILLING」効果なのかな。

シャフトは

オリジナルシャフトの TOUR AD TX1-6F は、少しねじれ感が気になるが、よくヘッドが走って振りやすい。ヘッドスピードがそんな早くないゴルファーならオススメです。

xd-f_price_04

TOUR AD TP-6 は、よく飛びます。ティーアップして打つならこれ。Diamana BF60 は、よく拾います。地面から打つならこれが打ちやすい。Speeder661 EVOLUTIONⅢ は、どちらもそこそこ。
TOUR B XD-Fが安く購入できる。

まとめ

BRIDGESTONE GOLF ツアーB XD-F フェアウェイウッドは、信頼出来る相棒になります。

・3Wは低スピンで、ぶっ飛んで曲がらない
・5Wは球が上がって、よく飛ぶし操作しやすいからグリーンを狙える
・引っかからないから、安心して振れる
・打感がいい

今回のブリヂストンの新作は、全部いいですね。ドライバーもアイアンもフェアウェイウッドも文句無しです。

飛距離 5
構えやすさ 4.5
デザイン 4.5
打ちやすさ 4.5
打感 5

 - BRIDGESTONE, フェアウェイウッド