楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

フォーティーン TC-544 フォージド アイアンを購入後の評価は

      2018/09/16

半年ぐらい前に、この「フォーティーン TC-544 フォージドアイアン」を試打したら、打感と、飛距離と、打ちやすさに衝撃を受けて、このぶっ飛びアイアンが欲しくなってしまいました。

その後購入。この冬の間、しばらく使用したので、その評価と感想をレビューします。

購入クラブ

フォーティーン
TC-544 フォージドアイアン
(N.S.PRO 950GH HT S)

現在所有のアイアンは、3セット。

・タイトリスト716CB (7番34°)
・ミズノMP-55 (7番32°)
・フォーティーン TC-544 フォージド (7番30°)

7番アイアンが、2度ずつ違うロフト角です。昨今、7番が30度、31度っていうストロングロフトは、アスリート系でも珍しくない。そろそろ時流に合わせてみようかなと思ったので、実際に購入して使ってみたが、、、

結論は、飛ぶ

実際にラウンドすると、やはり飛びます。飛距離は、ロフトが立ってる分以上に飛ぶ。ストロングロフトでも飛ばないアイアンがあるけど、これは高弾道でよく飛びます。

ミスしてもよく飛ぶし、MP-55と比較して平均飛距離は1.5番手違います。

ぶっ飛び系のステンレス鋳造アイアンと変わらない飛距離性能。打感は柔らかくて、不満はない。操作性もいい。よくつかまるし、ミスに強い。高弾道でぶっ飛ぶだけじゃない。

試打レビューの時の印象より、さらに好印象です。
フォーティーン TC-544 フォージドのアイアンの試打&評価

シャフトの長さが絶妙な設定

N.S.PRO 950GH HT が標準シャフトだが、この HT が、振りやすい。ノーマルの950GHよりもよくつかまり高弾道になる。重量スチールシャフトから変えてもタイミングが合いやすい。ミズノのJPX900フォージドアイアンでも採用してます。

フォーティーンはこのシャフトを積極的に採用してますね。

そして、長さが絶妙な設定です。PWから7番は一般のアイアンと同じ0.5インチ間隔だが、7番と6番、6番と5番の長さの差が0.75インチ間隔になっている。長いアイアンの距離が出ないゴルファーが多いと思う。

7番と6番、6番と5番の飛距離の差が小さくて、困っていませんか?

そんなゴルファーによく考えられた設定。これが絶妙です。手前にバンカーがあっても、自信を持って5、6番アイアンが打てる。

本当に素晴らしいアイアンです

ミズノMP-55 と、タイトリスト716CB の2本でどちらがいいのか、デリケートな差で迷っていたのに、革命が起こってしまった。飛ぶって楽しいです。

軟鉄鍛造のカッコイイ外観だから、なんだか難しいアイアンでぶっ飛ばしてるような錯覚になる、、、スゴイ飛ばし屋になったような気分を味わえる。

ぶっ飛んで、すごい!すごい!と、おだてられていい気分になるのも楽しい。。。

慣れない間は、飛距離を信用できずに大きめの番手を選んでしまうから、飛びすぎに要注意です。

競技ゴルフは、アイアンが飛ぶ事よりも、デリケートな距離感を追い求めたいからノーマルロフトの方がやさしいと言える。アスリートの本格派アイアン8選&ノーマルロフトを勧める理由

アイアンが、飛んで曲がらないと、スイングが雑になる傾向にあります。(私の性格上の問題かもしれませんが、、)

なんとなく打ってもナイスオンするので、セットアップのルーティーンが雑になってしまったのが、反省点です。

でも、かなりのおすすめアイアンであるのは間違いない。やっぱりこれはいいアイアンです。
フォーティーン TC-544 フォージド アイアンが安く購入できる。

まとめ

「フォーティーン TC-544 フォージド アイアン」は、ぶっ飛んで、打感が良くて、ミスに強くて、カッコイイ。購入してからさらに評価が上がりました。

・PWから5番アイアンまで、番手間の距離がしっかりと確保できる
・強烈な飛距離
・よくつかまる
・鍛造ならではの柔らかい打感
・すっきりしたカッコいいデザイン

アイアンの飛距離にこだわるのは楽しい。ぶっ飛ぶのに、打感も格好良さも妥協しなくていい。メーカーの説明通り「飛び、打ちやすさ、打感、すべてを兼ね備えた軟鉄鍛造アイアン」です。

【総合評価 9.3】
飛距離  10
やさしさ  9
弾道の高さ  9
つかまり  9
構えやすさ  10
操作性 8
打感 10

 - FOURTEEN, アイアン, 購入レビュー