楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

ピン PING G400 FW(スタンダードタイプ) の試打&評価

      2018/01/04

ピン G400 フェアウェイウッド(スタンダードタイプ) を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【番手】
3番(14.5°)
5番(17.5°)
【シャフト】
・ALTA J CB(S)(オリジナルカーボンシャフト)
・PING TOUR 173-65(S)(オリジナルカーボンシャフト)
・ATTAS CoooL 6(S)
・Speeder 661EVOLUTION Ⅳ(S)

番手のバリエーションは4種類で、3番(14.5°)、5番(17.5°)、7番(20.5°)、9番(23.5°)となる。最近流行りのセミストロングロフト設定のフェアウェイウッドです。

重心位置とロフト角が違う3タイプ

前作と同じように3タイプのヘッド形状が存在する。

①スタンダードタイプ
SF TEC(SFテック) 抜群のつかまりと上がりやすさで、ドローが打ちやすい。
STRETCH3(ストレッチ3) ティーショットでも使いやすく、吹き上がりを抑えた強弾道で飛ばすスプーン。

3タイプとも試打しましたが、今回は ①スタンダードタイプ を詳しくレビューします。

構えてみると

構えてみると安心感があり構えやすい顔。どっしり感と繊細さが見事に調和した顔つきはアベレージゴルファーからトップアスリートまでを満足させる。どんな球筋を打つのかイメージを創りやすい。クラウン部のつや消しブラックも凸凹も前モデルの G フェアウェイウッド とそっくりだが、凸凹の盛り上がりが大きくなった。それがボールにフォーカスしやすい。リーディングエッジがアイアンのようにピタッと地面に接地してボールの下に入り込見そうに見える。

打ってみると

打ってみると、よく拾ってよくつかまって抜群の方向性で左右に曲がらない。スピン量は少なめだがかなり高弾道になる。番手を間違えたのかなと思えるほどの高さとやさしさに驚きです。センターでヒットするとボールを捕まえながらフェースがたわみ、分厚い打感になる。マレージングフェース独特の弾きで、溜め込んだパワーを一気に弾き返してくれる。オフセンターでヒットしても「G 400 ドライバー」同様にインパクトでヘッドがブレずに真っ直ぐに飛ぶ。ヒール気味に当たってもヘッドが力負けしないような感じがする。クラウンの凸凹の効果なのか、ソールもよく滑り、かなりヘッドが走る。

このフェアウェイウッドは、ピタッと地を這うような重心の低さを感じる。高速道路を車高の低いスポーツカーで走るような安定感があり、リーディングエッジがボールと地面の間に潜り込んでくれる。これにより、よく拾い高弾道になるから、5Wが7Wか9Wを打つかのように、簡単に打ててしまいます。前モデルの Gフェアウェイウッド も打ちやすかったが、さらにやさしくなった。決してつかまり過ぎることはなく、高弾道のストレートボールが基本だが、操作するとドローもフェードも打ちやすい。しかも微妙な曲がり幅を調節できるから、安心して2オンを狙えそう。ただし低い球は打ちづらい感じがする。

フェアウェイウッドが苦手なゴルファーが使うと、劇的に改善され飛距離アップになるでしょう。ある程度フェアウェイウッドが得意で高い弾道が打てるゴルファーは、さらなる飛距離アップになりづらいかも。吹け上がる感じはしないが、高く高く飛んでいくから、大きな飛距離にはならない。ただ、やさしさは担保されるので、ミート率が上がり、安定した飛距離になる。ぶっ飛びは期待できないが、確実に池を越えられる信頼感はある。これなら5W感覚で3Wが打てるので、フェアウェイから5Wしか使わないゴルファーが3Wを多用できるようになる

こちらも参考にして下さい→2018年おすすめの打ちやすいフェアウェイウッド8選

シャフトは

オリジナルカーボンシャフトが3種類ある。50g台の「ALTA J CB」は合わせやすくよく走ります。ちょっと軽めだがハードヒットしても吹け上がらない。(S)でヘッドスピードが42〜45m/sぐらい。60g台の「PING TOUR 173-65」は、しっかりしたシャフトだがよくつかまる。その他に70g台の「PING TOUR 173-75」 がある。

その他、Speeder 661EVOLUTION Ⅳ、ATTAS CoooL 6 がチョイスできる。ATTAS CoooL 6 はスピーダー661エボ3 に似た感じで、先がよく走り、しよくつかまる。これはなかなかいいシャフトです。Speeder 661EVOLUTION Ⅳ は、エボ1、エボ2、エボ3 とは一変、中調子のシャフト。これは打ちやすい。粘りがあってつかまりが良い。エボ4はこの秋の注目の新シャフトになるに違いない。ピンのオリジナルシャフトは打ちやすいし価格が安いが、どちらも打ちやすいので、悩むところです。
ピン G400 フェアウェイウッド(スタンダードタイプ) が、安く購入できる。

まとめ

ピン G400 フェアウェイウッド(スタンダードタイプ) は、ブレないヘッドで軽々と高弾道が打てる。ミスにならない、曲がらない。

・ブレない
・よく拾う
・つかまる
・高い弾道
・操作性がいい
・やさしい

本当に打ちやすい。3Wも5Wもショートウッドみたいな弾道の高さとやさしさで狙えます。

飛距離 4.5
構えやすさ 4.5
デザイン 3.5
打ちやすさ 5+
操作性  4.5
打感 4.5

 - PING, フェアウェイウッド