楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

テーラーメイド P790 アイアンの試打&評価(その2欲しくなった理由)

      2017/12/18

TaylorMade テーラーメイド P790 アイアン を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。(その1)はこちら

試打クラブ
【番手】
5番(23.5°)
7番(30.5°)
【シャフト】
Dynamic Gold (S200)
N.S.PRO 950GH (S)

ジェイソン・デイ や ジャスティン・ローズ がすぐにバッグに入れたこのアイアンはどんなパフォーマンスを見せてくれるのかな・・・

カスタム限定アイアン『P700』シリーズ

テーラーメイドの「P700 シリーズ アイアン」は「カスタムメイド限定モデル」。一足先にリリースされたキャビティの「P770 アイアン」と「P750 TOUR PROTO アイアン」は実に素晴らしい。そこに中空構造の「P790 アイアン」とマッスルバックの「P730 アイアン」の2モデルが追加になり、4種類が出揃った。

前回のレビュー(その1)で書きましたが、PXGから訴えられるほど「PXG 0311 アイアン」とそっくりな設計のこのアイアンは、軟鉄鍛造の中空構造の中に打感や音を向上させる泡状の物質が注入されている。アスリート向けの中空アイアンとしては、「タイトリスト 718 T-MB アイアン」と真っ向勝負となりそう。

構えてみると

構えてみると、ストレートネックで、ちょっと厚めのトップブレードに小顔のフェース。操作しやすそうで弾道をイメージしやすい。トゥ側が高くてヒール側が低いフェースはつかまり過ぎない安心感もある。操作性と安心感が備わったアスーリト向けの顔で、すっきりして構えやすい。バックフェースのデザインはマッスルバックそのもの。中空構造と知らされなければトップアスリート向けのマッスルバックアイアンにしか見えない。実にかっこいい!

ソールに目を向けると、貫通型スピードポケットがある。テーラーメイドの代表的な特長だが、他の「P700 シリーズ」には備わっていない。「M1 アイアン」や「M2 アイアン」や「グローレF2 アイアン」でラウンドすると、この魔法のポケットがいい仕事をしてくれる。これで2〜3打ぐらい得をするような嬉しさを感じるのです。

打ってみると

打ってみると、よくヘッドが効いて、インパクトでスパーンとジャストミートできる。スペック上のクラブ重量やバランスよりも軽く感じられ振り心地がいい。フェースも気持ち良くターンしてくれるから、分厚いインパクトでよくつまってくれる。持ち球の高弾道のドローボールが打ちやすく、強い弾道でグイグイ伸びて予想以上の飛距離になってくれる。ストロング気味のロフト角なのにノーマルロフトのような高さで飛び出すが、飛距離性能はかなりのものです。スピードポケットの効果もあって、かなりよく拾ってくれるから払い打ちでも綺麗な放物線を描いてくれる。7番から5番に持ち替えても難易度が上がらず、ロングアイアンが上達しちゃったのかと、勘違いしそうになる。。。めちゃくちゃ打ちやすい。。。

打感はかなり柔らかい。瞬時にフェースが弾く感触がワンピースのアイアンとは少し違うが、その弾きが大きな飛距離を生んでいる。でも、センターでヒットした時の打感は極上です。中空アイアン特有のの乾いた打感は見事に打ち消されている。操作性は全く問題ない。いろんな球筋を打ち分けてみたが、フェースがコントロールしやすく自由に操れる感じがする。フェードもドローも打ちやすいし、縦の距離も出しやすい。どちらかと言うと、つかまりやすいので、コスって右手前のバンカーに入るようなネガティブなイメージは湧いてこない。つかまり過ぎて左奥にオーバーするような弾道がちょいちょい出ました。想定内のミスですが、、、

P770 アイアン と打ち比べると、、ますます良さが解りました。

ミスヒットには、かなり寛容です。オフセンターでもよく飛ぶしトップ気味でも高く上がってくれる。ヘッドが返り過ぎないから引っ掛けのミスも出にくい。現代の究極の設計を施した贅沢三昧のアイアンです。その効能がそのまま発揮される。。これはすごい、、、とりあえずロングアイアンだけでも単品で買おうかな、、、でも後から全部欲しくなりそう。。。

ライバルは、「PXG 0311 アイアン」と言うよりも、アスリート向けの「PXG 0311T アイアン」の方が近い感じがする。ただ、この P790アイアン の方が打感がシビアで、オフセンター時の状況が手に伝わってくる。スイートエリアはかなり広いが、フェースのどこでどんな回転でヒットしたのか分析しやすい。PXGはどこに当たっても心地よい打感なのでアスリートにとってはこちらの方が安心して攻めることが出来そう。「タイトリスト 718 T-MB」は、鋳造っぽさが気になるしユーティリティのようなボヤけた感じがどうも好きになれない。この「テーラーメイド P790 アイアン」は世界のトッププロが使用してるが、中級者以上なら誰でも大満足できるでしょう。

ライバルアイアンは(アスリートの2018年はこれに決まり!プロも使うやさしいアイアン7選)に詳しくレビューしました。
テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ
ちなみに価格は、ちょっと高めだけど、各モデルをモーダス3の挿入時で比べると

テーラーメイド P790     ¥25,500(税抜)/1本
タイトリスト 718 T-MB  ¥33,000(税抜)/1本

PXGは 5〜6万円/1本 ぐらいなので、これでもかなりお値打ち感がある。ネットショップで主要なシャフトを揃えていたり、簡単にカスタム対応をしてくれるので、意外に手間いらずです。テーラーメイド P790 アイアン が安く購入できる。

シャフトは

ダイナミックゴールド、プロジェクトX、N.S.PRO、モーダス3、KBS、などなど、数多くのシャフトに対応してくれるし、グリップも選べる。テーラーメイドは標準のシャフト長が他メーカーよりも0.25インチ短い。長めのタイトリストと比べると0.5インチ(1番手分)短くなる。ストロングロフト&短尺という組み合わせが、このアイアンをさらに打ちやすくしている。もちろんカスタムなので長さは選べます。

まとめ

TaylorMade テーラーメイド P790 アイアン は、よく飛び、ミスに強く、やさしい、究極の軟鉄鍛造・中空マッスルアイアンです。

・振り抜きやすい
・ワイドなスイートエリア
・よく拾う
・よくつかまる
・心地よい打感
・ミスに強い
・かっこいい!

悪いとこなしの究極のアイアン。これからアイアンの設計が変わるかもしれない、、そんな予感がする。。絶対欲しい!!(後日カスタムオーダーしました)

飛距離 5
構えやすさ 5
デザイン 5
打ちやすさ 5+
操作性 4.5
打感 5

 - TaylorMade, アイアン