楽しい GOLF LIFE

間違わないゴルフ用品選びで飛距離アップ、スコアアップ。ライバルに差をつけてゴルフをエンジョイしましょう。

テーラーメイド P790 アイアンの試打&評価(その1特徴と位置づけ)

      2017/12/18

TaylorMade テーラーメイド P790 アイアン を試打しました。どんなクラブなのか評価と感想をレビューします。

試打クラブ
【番手】
5番(23.5°)
7番(30.5°)
【シャフト】
Dynamic Gold (S200)
N.S.PRO 950GH (S)

カスタム限定アイアン「P700」シリーズ

テーラーメイドから2017年の春に「カスタムメイド限定モデル」としてリリースされた「P770 アイアン」と、「P750 TOUR PROTO アイアン」は実に素晴らしい。そこに「P790 アイアン」と「P730 アイアン」の2モデルが追加になり、カスタム限定の「P700 シリーズ アイアン」のラインナップが充実した。

テーラーメイドのアイアン

テーラーメイドは、「M1」「M2」のウッド系と、「Spider TOUR」「TP Collection」のパターは確固たる地位を築いたが、アイアンはライバルメーカーよりも評価が低い。従来のアスリート用アイアンは、性能面、デザイン面、打感、の何れかがしっくりこない感じがする。でもこの「700 シリーズ アイアン」は、タイトリスト、キャロウェイ、ピン に勝つための本気度がうかがえます。

私の解釈ですが、下記の表がライバルモデルになるのかなぁ。。。

Titleist TaylorMade Callaway
718 MB P730 APEX MB
718 CB P750 X FORGED
718 AP2 P770 APEX PRO
718 T-MB P790

ライバルアイアンは(アスリートの2018年はこれに決まり!プロも使うやさしいアイアン7選)に詳しくレビューしました。

カスタム専用モデルが増える背景

主にアスリートがターゲットになる「カスタムオーダーのみ」のアイアンが増えてきた。シャフトメーカーが続々とニューシャフトをリリースさせ、シャフトの種類が増えるのと並行してカスタムオーダーの顧客が増加してきた。以前のような ダイナミック・ゴールド(S200)と、N.S.PRO 950GH(S) の2種類のみの在庫ではカバーしきれなくなってきたので、いっその事、在庫を持たない方が効率がいい。モーダス3は4種類あるし、ダイナミックゴールドには「DG120」「DG105」「DG95」 のニューシャフトが登場した。プロジェクトXもKBSツアーも人気がある。(参考レビュー→ダイナミックゴールド 120 105 95 をモーダス3と打ち比べ
かと言って、やみくもにシャフトバリエーションを増やすと、在庫がどんどん重くのし掛かる。カスタム専用モデルが増えてきた背景には、そんなクラブメーカーの経営事情があります。シャフトにこだわる人や、必ずグリップ交換をする人はもともとカスタムで注文していたので問題ないと思うけど、、、アスリートにはすぐに欲しい人もいるし、フィッティングに出向く事が出来ない状況下の人もいる。ダイナミックゴールドや950GHが丁度いい人もいる。既製品との併売の方が望ましいと思うが、在庫を抱えるメーカー側の事情も考えると、今後も「カスタム専用モデル」が増えると思う。各ショップを探すと在庫を持っているお店もあるし、ネットで簡単にカスタム注文ができちゃうから、案外カスタムも面倒くさくないですよ。

PXG 0311 アイアン」「Mizuno Pro 118 アイアン」「Mizuno Pro 518 アイアン」などもカスタム専用モデルです。

「P790 アイアン」の特徴

このアイアンは軟鉄鍛造の中空構造です。その内部にタングステンウエイトが配備され、空間には音や打感を向上させる『SPEEDFOAM 充填剤』が注入されている。これはPXGのパクリなのかなぁ、、さらにテーラーメイドお得意の貫通型スピードポケットも採用されている。この構造を見ると、現代に考えられるアイアンの設計技術が全て盛り込まれたいるような贅沢三昧です。 広いスイートエリア、高弾道、高反発、拾いやすさ、打感、打音、操作性、ミスの寛容度、、、、全てが満たされそうに見えてしまう。。。テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ
IT長者が金にモノを言わせて作った究極のアイアン「PXG 0311 アイアン」を試打した時には、感動して欲しくなってしまったけど、1本5〜6万円はちょっと高かった、、、あの感動に、貫通型スピードポケットが追加されているとなれば、試打する前から欲しくなってしまう、、よだれが出ます。。。究極のアイアンを超えてしまったのか、、?!

トゥ側のネジから『SPEEDFOAM 充填剤』が注入されている。これは「PXG 0311 アイアン」の『熱可塑性エラストマー』という泡状の素材とよく似ている。PXGの創業者ボブ・パーソンズ氏が、テーラーメイドゴルフの P790 アイアン が特許を侵害したとして連邦裁判所に訴えたという話題も。。っていうことは、「やっぱりこのアイアンはPXGと同じぐらい素晴らしい!」って宣伝になっちゃったような感じがします。ますます試打する前から欲しくなってしまった。
テーラーメイド P790 アイアン が安く購入できる。

あとがき

「PXG 0311 アイアン」を超えちゃったのか気になる試打の評価と感想は、次回たっぷりレビューします。が、、結論は、めっちゃ最高でした。注文殺到してるみたいです。(その2)に続く、、

 - TaylorMade, アイアン