楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

テーラーメイドM3 440/M3 460/M4ドライバーを比較して分かる事

      2018/09/06

テーラーメイド の M3&M4シリーズ(2018) の3種類のドライバーは、共通点が多い。でも、それぞれじっくり試打を繰り返したら、かなり個性が違います。

そこで、この3種類にはどんな違いがあるのか比べたいと思います。(2018/9/6追記)

こちらも参考にしてください。
M3 460ドライバーの評価
M3 440ドライバーの評価
M4 ドライバーの評価

スペックと装備を比較すると

モデル名 M3 440 M3 460 M4
 体積  440  460  460
ライ角  58.0  58.0  58.0
ロフト角  9.0  10.0  9.5  10.5  9.5  10.5
シャフト長
(オリジナルシャフト)
 45.5  45.5  45.75
総重量
(オリジナルシャフト(S)仕様)
309g 309g 299g
可変スリーブ  ○  ○  ○
可動ウエイト  ○  ○  ×

「M4 ドライバー」は全体重量が軽くてシャフトが長い。

M1 440 ドライバー(2017)」「M1 460 ドライバー(2017)」と「M2ドライバー(2017)」との重量差と比べると「M3」が軽量化された分だけ差が縮まった。

その他には「M3 460」と「M4」は、スペック上の大きな違いがありません。

テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ

試打の評価を比べると

試打をした印象を解りやすく表にしてみると、下記のようになります。

モデル名 M3 440 M3 460 M4
飛距離
操作性
つかまり
球の高さ
直進性
打感

こうして評価を表にすると、ターゲット層が明確になります。スペック上の数値には大きな違いがないが、打ってみるとかなり違う。

「M3 440 ドライバー」

つかまえたり、逃がしたり、自分の思い通りにヘッドが動いて欲しいアスリート向け。操作性が良くて、つかまえたい時にしっかりつかまるから、ドローヒッターは安心できます。

「M3 460 ドライバー」

左のミスを気にせず、安定した球筋で飛ばしたいアスリート向け。大事な場面で引っ掛かるミスを最小限にしたいヘッドスピードが速いゴルファーに。

「M4 ドライバー」

中級者以上なら高弾道で曲がらない球が打てる。「あっ!」と声が出てしまうぐらいのミスをしても、曲がりません。ゴルフ場で1ラウンド試打したが、凄いです。。。

価格は

「M3 ドライバー」の2モデルと「M4 ドライバー」の価格差が7,000円(税抜)あります。(M4の方が安い)

「M1(2017)ドライバー」と「M3 ドライバー」は同価格。

まとめ

打ってみるとその性質がかなり違いますが、「M1&M2」から大幅に熟成され、かなり打ちやすくなった。

オフセンターの飛距離と方向性は他メーカーのライバルよりも1ランク上の評価を付けたくなる。

アスリート・オンリーの「M3」、中級者からトッププロまでが満足出来る「M4」、、それぞれのレベルのプレイヤーがやさしくドライバーショットを打てるクラブです。

「M4 Dタイプ ドライバー」も素晴らしい!
参考にしてください→ M4 D-TYPE ドライバー の試打&評価

あとがき

一発の飛距離は「ローグ」の方が飛ぶが、フェアウェイキープは「Mシリーズ」に軍配が上がる。きっと悩むゴルファーが多いだろうなぁ、、、、

前モデルを使い続けるメリットは感じないです。。私は、2018年の1本目に「M4 ドライバー」を注文しました。。。楽しみです。。。この後ずっと使い続けているけど、最高です(購入後の評価)

 - TaylorMade, ドライバー ,