楽しい GOLF LIFE

ゴルフギアの口コミサイト「間違わないゴルフ用品選び」

テーラーメイド M1 フェアウェイウッド (2017) の試打&評価

      2018/09/26

TaylorMade M1 フェアウェイウッド(2017年モデル)を試打しました。どんなクラブなのか、評価と感想をレビューします。

試打クラブ

【番手】
3W(15°)
【シャフト】
TM1-117 (S) オリジナルカーボン

テーラーメイド・Mシリーズのドライバーと同時にリリースされたFWには『M1 フェアウェイウッド』と『M2 フェアウェイウッド』の2種類あります。

前モデルの「M1」のドライバーとフェアウェイウッドは、多くのツアープロが使用して勝利を重ねたが、どんな進化をしたのか楽しみ。

番手は2種(3W15°、5W19°)のみ。
テーラーメイド M2 フェアウェイウッド (2017) の試打&評価

構えてみると

前モデルよりも大きくなったヘッド(3W 150㎤ ⇨ 160㎤) を構えると、それでもコンパクトに見える操作しやすそうな顔です。

ディープフェース&シャローバックでやさしく強弾道が打てそうな顔つき。引っ掛かりそうな気持ち悪さもなく、アスリート好みのいい顔です。

クラウン部分のホワイトとカーボンブラックのコントラストが目を引くが、「M1ドライバー」同様に、白い部分の幅が狭くなり、すっきりとしてより構えやすくなった。前モデルと比べるとデザインの新しさを感じる。

「M2フェアウェイウッド」と違って、ロフト調整機能や、ウエイトをスライドさせる重心移動機能が装備され弾道の調整範囲がかなり広い。

前モデルとの大きな違い

ソールに目を向けると、フェース側に刻まれた溝「スピードポケット」と、弾道調整を可能にする「スライディング・ウエイト」が同時に搭載された。

前モデルの「M1フェアウェイウッド」も、前々モデルの「R15フェアウェイウッド」もウエイト調整のみの搭載で「スピードポケット」が未搭載だったので、これは大きい進化といえる。

また、ウエイト調整の場所が、ヘッドの後方に移ったので、重心が深くなり、球が上がりやすくなった。

「M2 フェアウェイウッド」は、「ロフト調整スリーブ」が未装備だが、「M1フェアウェイウッド」には装備される。ライ角やロフト角が調整でき、「スライディング・ウエイト」と併せて調節すると、弾道の変動幅がかなり大きい。

こちらもチェック→テーラーメイド M1&M2(2017)が大幅値下げ!これは賢い買い方です!

打ってみると

マットの上で打ってみると、低スピンのフェード気味の力強い中弾道で、吹け上がらず前へ前へ飛んでいく。ノーマルポジションのライ角がフラットなのか、フェースがオープンなのか、左に飛ぶミスはゼロです。

前モデルはドロップする感じがしたが、これはよく拾うし、よく上がり、トップ気味でもそこそこキャリーが出てくれる。無理やりつかまえに行ってもフェード回転になるので、カチャカチャでライ角を 調節すると、ややドロー回転になった。

それでも引っ掛かりのミスは出ないから安心して振り切ることが出来る。ナイスショット時の飛距離はぶっ飛びです。

オフセンターでヒットしても曲がらずよく飛ぶが、トウ寄りでヒットするとフェースがターンせず、そのままプッシュになるミスが出やすかった。もう少しカチャカチャでいろんなパターンを試せば解決するかもしれないが、引っかかりにくい半面プッシュしやすい印象です。

ティーアップして打つと、軽く振ってもかなりぶっ飛ぶ。引っかからず高さも一定です。安定したフェードボールが打ちやすくて、距離が出る。左がOBの狭いミドルのティーショットには安心してアドレス出来そう。

この3Wはティーショットでもフェアウェイからでも両方とも打ちやすい。

打感は素晴らしい。「M2 フェアウェイウッド」同様に柔らかいという表現では物足りないぐらい気持ちよい打感で、ヘッド全体で包み込んでパワーを溜め込んでから一気に放り出すような分厚い感触です。インパクト時に手に伝わる打感が実に心地よい。

シャフトは

シャフトは「オリジナルカーボンのTM1-117 」と「TourAD TP-6」と「Speeder 661 EVOLUTION III」の合計3種類です。

「TM1-117」は中がよくしなり先端が走るシャフトです。よくつかまり打ちやすくて価格が安い。他の2本との価格差(19,000円+税)を考えると、このシャフトは魅力的です。

(S)でも柔らかめで、ヘッドスピードが46m/s以上のゴルファーには物足らないかもしれない。43〜45m/sぐらいが丁度いい。

まとめ

「テーラーメイド M1 フェアウェイウッド (2017) 」は、前モデルから大幅に進化して、アスリートが安定感のある強弾道を打てる。

・低スピンで強弾道
・ミスに強い
・よく拾う
・ティーアップしても打ちやすい
・ぶっ飛ぶ

ロングのセカンドショットでも思い切って左を気にせず、強い弾道で、2オンを狙っていける。フェアウェイウッドにも飛距離が欲しいアスリートに使って欲しい。

飛距離 5
構えやすさ 4.5
デザイン 4.5
打ちやすさ 4
操作性 4
打感 5

 - TaylorMade, フェアウェイウッド